王宮(おうきゅう)勅命(ちょくめい)/Imperial Order》


永続罠(制限カード)
このカードのコントローラーはお互いのスタンバイフェイズ毎に700LPを払う。
700LP払えない場合このカードを破壊する。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
フィールドの全ての魔法カードの効果は無効化される。

 Curse of Anubis −アヌビスの呪い−で登場した永続罠。
 維持コストを要求する効果外テキスト、フィールドに存在する限り魔法カードの効果を無効にする効果を持つ。
 罠カードの効果を無効にする《王宮のお触れ》と対をなす。

 ゲームを成り立たせている要素の一つである魔法カードを無効化できる。
 スペルスピード2である事も重要で、相手が魔法カードの効果を発動した際にチェーン発動すれば、その効果を無効化できる。

 《霞の谷のファルコン》などでバウンスしたり、《DDD呪血王サイフリート》などで効果を一時的に無効にすれば、相手にのみロックをかけることができる。

 一方で墓地で発動する効果は発動を許してしまい、《ギャラクシー・サイクロン》は無効にしても次のターンで破壊されてしまう。
 魔法カード以外の除去手段も多く、維持コストもターンをかけると無視できない数値になるため無理にこのカードを維持することを考えず、1:1交換と割り切ってもよい。
 邪魔になったら《スクラップ・ドラゴン》や自分の《ギャラクシー・サイクロン》で破壊するのも手だろう。

  • 魔法カードの効果が無効化されるのは、このカードの効果解決時以降である。
    つまり、このカードの発動にチェーンして発動した速攻魔法を無効化する事はできない。
    例えば、《サイクロン》をチェーン発動すれば、このカードを破壊できる。
  • 効果の適用下において。
    • チェーンを組んで無効化する効果ではない。
    • 魔法カードを発動することは可能。
      カードの発動を無効にしているわけではないので、永続魔法やフィールド魔法はフィールドに残る。
      ペンデュラムスケールを設置したり、無効になるのを承知の上で手札コストを支払い墓地を肥やす手もある。
    • 魔法カードの効果解決時にその効果を無効にし、その効果処理を行わない。
      永続魔法などが持つ永続効果も無効になり、効果が無いかのように扱う。
    • 墓地で発動する魔法カードは無効にできない。
    • フィールドで発動しているならば、効果解決時にその魔法カードが墓地に存在していても無効になる。
  • 大幅なエラッタが行われたカードのひとつ。
    旧テキストは以下の通り。
    このカードがフィールド上に存在する限り、
    フィールド上の魔法カードの効果を無効にする。
    このカードのコントローラーは自分のスタンバイフェイズ毎に700ライフポイントを払う。
    または、700ライフポイント払わずにこのカードを破壊する。
    エラッタ前はライフコストを払わない選択をすることでこのカードをわざと自壊させることができた。
    この場合自壊するのは自分のスタンバイフェイズであるため、まず自分から魔法カードが使用可能になる。
    また、エラッタ前はライフコストが実質半分であった。
  • どんなデッキにも入る汎用性と強力さを評価され、00/11/01に準制限カード、01/01/15で制限カードへと上り詰めていった。
    そして、04/03/01に初代禁止カードの一員に指定されて以降、一度も制限復帰しないまま弱体化のエラッタを受けることとなった。
    その後エラッタを踏まえ17/01/01に制限カードへと緩和されている。
    • 禁止カードに制定されてから解除されたカードとしては、実に12年10ヶ月という最長の期間となる。
  • ちなみに、対となる《王宮のお触れ》は準制限カードを経験しているが、それ以上規制された事はない。
    それだけ、上記のような汎用性が評価されているという事だろう。
  • 王宮のお触れ》に比べて規制が格段に厳しいのは、一般に魔法カードの方が汎用性に優れ採用率が高いのに加え、(維持コストを支払わない事によって)このカードを破壊し、魔法カードのロック状態を解除できるという点が大きいからだろう。
    一度発動してしまえばどちらかが除去しない限り永続的にフィールドに残り続ける《王宮のお触れ》と違い、相手の魔法カードの発動にチェーンしてこのカードを発動・無効にした後、自分のスタンバイフェイズに即座にこのカードを破壊する事で、「相手の魔法カードと最悪でも1:1交換ができる」というのは、《王宮のお触れ》にはできない芸当だった。
  • (エラッタ前の)このカードが現役の頃は《いたずら好きな双子悪魔》・《強引な番兵》・《押収》・《強欲な壺》等といったパワーカードが制限カード、《天使の施し》が準制限カードという凄まじい環境だった。
    先攻1ターン目に《強欲な壺》や手札破壊カードを連打され、返しのターンでの自分の《強欲な壺》等はこのカードによって無効にされるという、開始直後からほぼ勝負が決する展開が散見された。
  • 「勅命」とは皇帝や天皇等の権力者が出す命令の事。
    ちなみに「お触れ」は、勅命よりも下位の、役所からの布令(官署からの命令)や示達(官庁から国民への文書での通知)の事を指す。
    「お触れ」に封じられる「勅命」というのもおかしな話である。
  • このイラストに見られる王と思われる人物は他の王宮シリーズの殆どに登場している。
    また、《裸の王様》を初めとする暴君とは時代設定が同じ事も含めある程度の外見の共通性がみられるが、関係は不明。(詳細は暴君を参照)
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメオリジナル「乃亜編」の「海馬vsビッグ5(大門)」戦において、大門が使用。
    海馬の《大嵐》を防いだ後もフィールド上に残り、《人造人間−サイコ・ショッカー》のデッキマスター能力と併せて罠と魔法両方を封殺し、《神の恵み》の効果やこのカードと《お注射天使リリー》の効果で支払ったライフコストを《生命吸収装置》で回復させることで維持し続けた。
    最終的に《お注射天使リリー》が破壊された次のターンのスタンバイフェイズで残りのライフポイントを危惧して自壊させた。
    この時、大門からはカウンター罠と呼ばれていた。
    「KCグランプリ編」においては、「レベッカvsヴィヴィアン」戦にてレベッカが使用。
    ヴィヴィアンの《サイクロン》にチェーンして発動し、更に《スケープ・ゴート》をチェーンして発動する事で、《スケープ・ゴート》を通しつつ《サイクロン》を無効にする戦術を披露した。
    更に次の自分のターンでは即座に自壊させることで自分の魔法カードの邪魔はさせないという当時横行していた凶悪な使い方を、完全にマスターしていた。
  • コナミのゲーム作品において―
    インターナショナル2では「魔法カードにチェーン発動してもその魔法だけ無効にできない」というバグがある。
    NIGHTMARE TROUBADOURでは、制作上のミスで通常プレイでは入手できない。
    →コナミのお詫びのページ

关联卡片

  • 王宮

―イラスト関連

―《王宮の勅命》が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【セルフ・バウンス】
  • 【メタビート】

收录情况

  • Curse of Anubis −アヌビスの呪い− CA-33 Super
  • DUELIST LEGACY Volume.1 DL1-121 Super
  • BEGINNER'S EDITION 1 BE1-JP086 Ultra
  • BEGINNER'S EDITION 1(第7期) BE01-JP078 Super
  • 20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE 20AP-JP021 Ultra-Parallel

FAQ

Q:《王宮の勅命》の効果によって《タイムカプセル》の効果が無効化されている時、《タイムカプセル》のターンはカウントされますか?
A:《タイムカプセル》の効果は無効化されますが、スタンバイフェイズのカウントは通常通り行います。

Q:《王宮の勅命》が表側表示で存在する時、魔法カードを発動しました。
  その魔法カードにチェーンして発動した魔法カードを墓地へ送った場合、魔法カードの効果は有効ですか?
  (例:チェーン1《サイクロン》→チェーン2《非常食》で《サイクロン》を墓地送り)
A:効果解決時に墓地に存在する場合でも、効果は無効化されます。(10/05/20)

Q:《王宮の勅命》が表側表示で存在する場合、ペンデュラムモンスターをペンデュラムゾーンに発動できますか?
A:はい、可能です。無効化された状態でペンデュラムゾーンに残り続けます。(14/05/08)

Q:《王宮の勅命》が表側表示で存在する場合、ペンデュラム召喚を行うことはできますか?
A:はい、可能です。(14/05/08)


Tag: 《王宮の勅命》 罠 永続罠