《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者(しはいしゃ)−/Lord of D.》


効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1200/守1100
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いのプレイヤーはフィールドのドラゴン族モンスターを効果の対象にできない。

 EXで登場した闇属性・魔法使い族の下級モンスター。
 ドラゴン族を効果の対象にできなくする永続効果を持つ。
 《竜魔人 キングドラグーン》の融合素材である。

 ドラゴン族に効果の対象への耐性を付与するが、自身のステータスがあまりに低い。
 また、自身がドラゴン族でないためサポートカードをドラゴン族と共有できず、単体での使い勝手は悪い。
 基本的には、《竜魔人 キングドラグーン》の融合召喚か《ドラゴンを呼ぶ笛》の発動に繋げるために採用することになる。
 魔装戦士との相性は良く、他のドラゴン族と共にペンデュラム召喚してサポートに徹する事ができる。
 《召魔装着》で自身とドラゴン族の強化も狙える。

 《竜魔人 キングドラグーン》の融合召喚には、《融合呪印生物−闇》や《沼地の魔神王》等の融合素材代用モンスターを使用することが可能。
 よって、正規の融合素材の内、《神竜 ラグナロク》とこのカードのいずれかを採用すればよい。
 モンスターにドラゴン族や通常モンスターを増やしたい場合は前者となり、闇属性で統一したい場合は後者となる。
 《ダーク・グレファー》等で《融合呪印生物−闇》と共に墓地へ送ることで、《龍の鏡》での融合召喚につなげることも可能である。

 専用サポートカードとして《ドラゴンを呼ぶ笛》が存在するが、これについては《ドラゴンを呼ぶ笛》のページを参照。

  • このカードの永続効果について―
    • このカードが存在するとき、プレイヤー・コントローラー問わずドラゴン族を対象にする効果は発動できない。
  • 既に発動した効果を無効にはできない。
    例えば《人喰い虫》の反転召喚時に発動した誘発効果で、ドラゴン族が選ばれたとする。
    これにチェーンして《リビングデッドの呼び声》でこのカードを蘇生しても、「選択」は既に終わっているため、破壊効果を不発にすることはできない。
  • フィールド上のモンスターにのみ影響を及ぼす。
  • トーナメントパック2008 Vol.3以前に収録されたものはエラッタされておらず、「フィールド上」と明記されていないので注意したい。
  • トーナメントパック2008 Vol.3を最後に絶版になっていたが、ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン−にて《ドラゴンを呼ぶ笛》とともに再録された。
  • 第1期から存在するカードだが、当時【ドラゴン族】を構築する場合、優秀なモンスターは非常に少なく、下級モンスターはどれも《レインボー・フィッシュ》に負けるほどステータスが貧弱だった。
    そのため、このカードと《ドラゴンを呼ぶ笛》で《青眼の白龍》等の高レベルモンスターを展開し攻撃力の高さで攻めるデッキ以外に選択肢はなかった。
    だが、その手札事故の発生率は当時から厳しく、展開しても《サンダー・ボルト》で簡単に破壊されるため、苦汁を飲まされ続けていた。
    青眼の白龍》ではなく上級モンスターの《密林の黒竜王》を採用し、少しでも手札事故を減らそうと努めることもあった。
  • 「対象」という用語が使用された最初のカードだが、「対象にならない」という、あたかもこの言葉が周知の事実であるかのような用法だったので大混乱を呼んだ。
    当時の書籍を振り返ると、《サンダー・ボルト》はすべてのモンスターを対象にとっているのか否かについて解釈が割れている。
    中には「ドラゴン族はいったん守られるが、ロード・オブ・ドラゴンが破壊された後に時間差で結局破壊される」という奇抜な回答を載せた本もある。
  • 英語名は何故か「ドラゴン」が略されている。
  • 「支配者」という名だが、効果はドラゴン族を守っている。
    そんな人物だからこそドラゴン族も従属しているのだろう。
    真DM2では彼の口から「ドラゴンを守る者」という言葉が聞ける。
  • 原作での効果は「ドラゴン族は魔法・罠カードの影響を受けない」というもののようだ。
  • アニメDMでは出番が大幅に増加している。
    • デュエルロボのデュエルに先駆けて、「DMクエスト編」において初登場。
      この時は足元にこのモンスターの姿が映され、「ドラゴン族モンスター以外は戦闘に参加できない」という制約をフィールド魔法のように全域に与える能力を発揮した。
      これにより、《F・G・D》をラスボスに据えた「ドラゴンの聖域」たる最終決戦の舞台の演出に一役買っている。
  • アニメオリジナル「乃亜編」の「海馬vsビッグ5(大門)」戦では海馬のデッキマスターとして使用される。
    「500ライフポイントを支払うことで自分の手札のドラゴン族モンスター1体を通常召喚と同じ条件で特殊召喚することができる」という《血の代償》のような効果だった。
    因みに、次のデュエルでは《カイザー・シーホース》をデッキマスターにしていた。
  • アニメオリジナル「海馬vs闇バクラ」でも使用されたが、この時は《青眼の白龍》を対象にしたバクラの永続罠《死霊の盾》を何故か防ぐことができなかった。
    返しのターンに装備魔法《嘆きの石版(ウェジュ)》の効果で石版に封印され、直後に海馬の罠カード《攻撃誘導アーマー》によって《青眼の白龍》の身代わりに破壊されている。
    なお《嘆きの石版(ウェジュ)》のイラストにおいても、同様にこのカードが石板に封印されかけている。
    また、デュエル前に海馬が出したアタッシュケースの中にもこのカードが確認できる。
  • 劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』の「藍神vs海馬」戦では海馬の手札に存在が確認できる。
  • 遊戯王Rでは「海馬vs天馬夜行」戦において登場。
    魔法カード《クロス・シフト》の効果で《マテリアル・ライオン》を手札に戻し特殊召喚した。
    ドラゴン・目覚めの旋律》と《ドラゴンを呼ぶ笛》のコンボにより、《青眼の白龍》3体の特殊召喚に成功している。
  • アニメGXでは「十代vsカイバーマン」戦において、カイバーマンのデッキに確認できる。
    また、「万丈目準vs長作」戦においては長作が使用。
    手札から《竜魔人 キングドラグーン》の融合素材となった。
  • アニメZEXALII(セカンド)の「カイトvsジンロン」戦では、ジンロンの手札に《ドラゴンを呼ぶ笛》が確認できるため、恐らくジンロンのデッキにこのカードも投入されていると思われる。
  • コナミのゲーム作品において―
    DM3・4・7・8では効果を持たず、「数多くのドラゴン族を支配する力を持っている魔術師」というテキストを持っていた。
    また、攻撃力1200未満のドラゴン族と魔法使い族の融合で生み出す事もできた。
  • 真DM2では、《究極竜の儀式》をスロットで揃えるとこのカードが入手できた。
  • DUEL TERMINALでは専用ボイス付きでモクバが使用する。
  • フォルスバウンドキングダムでの攻撃名は「竜魂招来」。

关联卡片

―融合関連

―《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》の姿が見られるカード

收录情况

  • EX Secret
  • EX-R EX-84 Ultra
  • STRUCTURE DECK−海馬編− KA-45
  • STRUCTURE DECK−海馬編− Volume.2 SK2-014
  • トーナメントパック2008 Vol.3 TP07-JP006
  • ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン− SD22-JP016
  • デュエリストパック−決闘都市編− DP16-JP016
  • ストラクチャーデッキ−海馬瀬人− SDKS-JP011

FAQ

Q:ドラゴン族モンスターに装備されている《強奪》を、このカードを召喚して無効にすることはできますか?
A:このカードの効果が適用される前から存在する装備カードには、影響を与えません。
  なお、《早すぎた埋葬》で墓地からドラゴン族を特殊召喚した場合、《早すぎた埋葬》は特殊召喚したドラゴン族に装備されます。
  《早すぎた埋葬》が破壊された時に装備モンスターを破壊する効果も、このドラゴン族に適用されます。

Q:場にこのカードが存在する場合、《幻想召喚師》のリバース効果で特殊召喚したドラゴン族の融合モンスターは、効果を発動したターン終了時に破壊されませんか?
A:《幻想召喚師》のリバース効果は対象をとる(指定する)効果ではないため、特殊召喚したターンに破壊されます。(07/10/23)


Tag: 《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 魔法使い族 攻1200 守1100