《ドラゴンを()(ふえ)/The Flute of Summoning Dragon》


通常魔法
(1):手札からドラゴン族モンスターを2体まで特殊召喚する。
この効果はフィールドに「ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−」が存在する場合に発動と処理ができる。

 EXで登場した通常魔法。
 《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》専用のサポートカードである。

 ドラゴン族モンスター2体を手札から特殊召喚でき、その後は《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》のモンスター効果で守れる。
 《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》は《キラー・トマト》、《召喚僧サモンプリースト》でリクルートできるので、フィールドには出しやすい。

 ドラゴン族を守ることはできないが、サーチ手段の多い《E・HERO プリズマー》でカード名をコピーすれば発動条件を緩和できる。
 また、《E・HERO プリズマー》は《龍の鏡》や《融合呪印生物−闇》の起動効果による《竜魔人 キングドラグーン》の特殊召喚を補助することもできる。
 ドラゴン族は通常モンスターならば《召喚師のスキル》等でサーチできる。
 発動条件を満たせない時は《封印の黄金櫃》で補助したり、《召喚僧サモンプリースト》や《賢者ケイローン》等の手札コストにしても良い。

 しかし、貧弱な特定のモンスターをフィールドに、複数のドラゴン族を手札に揃える必要があり、このカード自体もサーチ手段に乏しいためコンボとしては狙い難い。
 下級ドラゴン族に使う意味も薄く、できるだけ上級ドラゴン族の特殊召喚を狙いたいが、上級モンスターを増やしすぎると今度は手札事故が怖い。
 同様に手札からドラゴン族モンスターを特殊召喚できる《竜魔人 キングドラグーン》が存在することも、このカードの評価を下げる。
 こちらも《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》がフィールドに存在すれば、《融合呪印生物−闇》の起動効果で特殊召喚できる。

  • 初期の【ドラゴン族】は重いモンスターが多い割に特殊召喚するカードは少なく、このカードの効果が有効だった。
    その分、手札事故率も高かったのだが。
  • ザ・ヴァリュアブル・ブック2では、《青眼の白龍》を1ターンに2体特殊召喚することができるこのカードが非常に高く評価されている。
    「はっきり言ってめちゃ反則なカードです。」とまで書かれていたが、特殊召喚手段が少ない初期ではそう思われても仕方ない面もあったのだろう。
    なお、当時の【ドラゴン族】全体のカードプールの乏しさと手札事故率の高さにより、実際の環境で活躍したわけではない。
  • 原作・アニメにおいて―
    海馬が所持するカードであり、登場するデュエルではいずれも手札から《青眼の白龍》を特殊召喚している。
    初登場は「海馬vsデュエルロボ」戦だが、この時は《オベリスクの巨神兵》の性能を試すために《青眼の白龍》共々デュエルロボに貸し与えて使用させている。
    バトルシティ準決勝の「闇遊戯vs海馬」戦で海馬本人が使用し、既に召喚済みであった1体と合わせて《青眼の白龍》3体を並べて闇遊戯を追い詰めた。
    だが、原作の効果ではお互いのプレイヤーが手札のドラゴン族をすべて特殊召喚できたため、闇遊戯にも《真紅眼の黒竜》を特殊召喚させてしまったことで計算がずれることになる。
  • 原作「バトルシティ編」の「闇遊戯vs海馬」では、海馬が「ドラゴンを呼ぶ笛が墓地に置かれたのでカードをドローさせてもらうぞ」と発言しドローしたシーンはよくネタにされる。
    テキストに書いていない効果の使用自体については、原作で他にも幾度か見られたため然程おかしな点では無い。
    しかしこのシーンの特殊な点は、使用されたのがメインフェイズ1にも関わらず、台詞とドローが次の週に掲載されたメインフェイズ2に行われた点である。
    このドローがなければ、その後のデュエル展開も行うことはできなかったため、急遽辻褄合わせのために手札を補充させたものであろう。
    因みに、これより前に行われたデュエルロボ戦ではこのドローは見られず、手札の枚数に問題のなかったアニメ版でもドローは行われていない。
  • 原作では上記のようにお互いのプレイヤーが全て特殊召喚する効果だった。
    アニメではOCG効果となったが、イラストは背景が暗い色になっている。
  • アニメDMでバクラの挑戦を受けた海馬が出したアタッシュケースに入っていたカードの内の1枚。
  • アニメZEXALII(セカンド)の「カイトvsジンロン」戦でジンロンの手札に確認できる。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではモクバが使用し、専用ボイスもある。
    デッキが10枚であるこの環境では事故率が低く、ライフポイントが4000であることもあって強力なカードとなる。

关联卡片

收录情况

  • EX Secret
  • EX-R EX-85 Ultra
  • STRUCTURE DECK−海馬編− KA-47
  • STRUCTURE DECK−海馬編− Volume.2 SK2-029
  • トーナメントパック2008 Vol.3 TP07-JP010
  • ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン− SD22-JP026
  • デュエリストパック−決闘都市編− DP16-JP017
  • ストラクチャーデッキ−海馬瀬人− SDKS-JP023

FAQ

Q:「フィールド上に《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》が表側表示で存在する場合」は発動条件ですか?
A:発動条件でもあり、適用条件でもあります。
  効果解決時に《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》が表側表示で存在しない場合は不発となります。(09/01/20)

Q:《D−HERO ダイヤモンドガイ》の効果で発動できますか?
A:フィールド上に《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》が表側表示で存在する時のみ発動できます。
  また、効果解決時に《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》がフィールド上に表側表示で存在しない場合は不発となります。(12/04/13)


Tag: 《ドラゴンを呼ぶ笛》 魔法 通常魔法