青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)/Blue-Eyes White Dragon》


通常モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
高い攻撃力を誇る伝説のドラゴン。
どんな相手でも粉砕する、その破壊力は計り知れない。

 STARTER BOXで登場した光属性・ドラゴン族の最上級モンスター。
 多数の専用サポートカードが存在し、同名カードを2体融合することで《青眼の双爆裂龍》に、3体融合する事で《青眼の究極竜》・《真青眼の究極竜》となる。
 《ブラック・マジシャン》と共に、遊戯王OCGを代表するモンスターである。

 基本的には重さが目立つアドバンス召喚は避け、各種のサポートカードを活用して特殊召喚を狙っていく事になる。
 専用の召喚サポートとしては、《青き眼の乙女》・《正義の味方 カイバーマン》・《白竜の聖騎士》が存在する。
 ブルーアイズのサポートカードも充実しており、デッキからは《青き眼の賢士》・《太古の白石》、手札からは《青き眼の護人》、墓地からは《青き眼の祭司》の効果によって特殊召喚できる。

 光属性・ドラゴン族・通常モンスターのサポートカードも使用できる。
 聖刻・《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》・《竜魔人 キングドラグーン》等により、手札・デッキ・墓地からの特殊召喚が可能。
 《竜の霊廟》や《竜の渓谷》等で墓地へ送ることができ、また《蒼眼の銀龍》・《銀龍の轟咆》・《復活の福音》等で容易に蘇生できる。
 更には《王者の看破》や《無力の証明》による妨害、《オネスト》による強化も可能である。

 《E・HERO プリズマー》も相性がよく、《滅びの爆裂疾風弾》の発動や、《青眼の究極竜》の融合召喚の補助として使用できる。
 更に、《召喚僧サモンプリースト》等を用いて《ダイガスタ・エメラル》をエクシーズ召喚すれば蘇生に繋げられる。

 レベル8であるため、《トレード・イン》の手札コストとして墓地へ送り、手札を調整しつつ蘇生の準備を整える事もできる。
 このカード自身が《伝説の白石》や《ドラゴン・目覚めの旋律》等でサーチ可能なため、手札事故を軽減できる。
 また《伝説の白石》を《調和の宝札》等で墓地へ送ることで、このカードのサーチと手札交換、墓地肥やしを同時に行える。
 これらを用い、デッキ回転に特化した構築も可能である。

  • 原作において「あまりの強さ故に生産中止となった」という設定を持っており、初期のフレイバー・テキストにも以下のように記されていた。
    攻撃・守備が最高の、なかなか手に入らない超レアカード。
    そのためか、このカードが持つ攻撃力3000という値は、遊戯王における最強モンスターの代名詞として考えられている節がある。
    原作・アニメに登場したエース級モンスター達は勿論、OCGでも3000を基準として様々なカードがデザインされてきた。
    インフレが進むにつれ攻撃力3000を超えるモンスターも登場するようになったが、その多くは特殊召喚モンスターかデメリットアタッカーである。
  • 特に通常モンスターはこのカードのステータスを基準としてデザインされ続けており、登場から15年以上経った現在でも攻撃力やレベルがこのカードを上回る通常モンスターは存在しない。
  • プロモカードの《カオス・ソルジャー》のテキストに「B・W・D」とあるが、これは《Blue-eyes White Dragon》の事である。
    この記述からも、このカードがステータスの基準とされていたことが伺える。
  • 遊戯王OCG黎明期の公式ルールでは生け贄召喚の概念がなく、魔法・罠カードが使い辛い上に、効果モンスターも貧弱だった。
    そのため攻撃力で圧倒する事が勝利への近道であり、原作における海馬さながら、最高の攻撃力を持つこのカードを3枚フル投入する事が基本だったと言っても良い。
    つまり、当時のOCGはこのカードを筆頭とした高い攻撃力のモンスターを出せば勝ちという環境に等しかったのである。
    この様にゲームが単調化する傾向があったためか、原作やアニメが高い人気を得る一方で、当時の遊戯王OCGというカードゲーム自体の評価は著しく低かった。
    だが、OCG開始から3か月後にはエキスパートルールが制定され、生け贄召喚が登場した事で、このカードは大幅な弱体化を余儀なくされ、その隆盛は比較的早期に鳴りを潜めることになる。
    このカードも、エクゾディアパーツと並ぶ「ルール変更及び改訂のきっかけを生んだカード」であると言える。
  • 時代が進み、ルールが整備されるにつれて環境の中心から退いた後も尚、あらゆるモンスターの中でも一際強い存在感を放っていたと言える。
    恵まれた種族・属性・ステータスに加えて多彩なサポートカードの存在がそれを支え、通常モンスターに関連するカードが現れる度、真っ先に名の挙がるカードだった。
    更に、【ドラゴン族】系デッキ全体の躍進や《青き眼の乙女》などの登場によって実用性を取り戻すことになる。
    中でも【魔導青眼】や【征竜青眼】は環境の一角に挙げられる実戦派デッキとなった。
    そして第9期に入り、自身の名を冠するブルーアイズのカテゴリ成立に伴い再び強力なサポートカードが多数登場。
    幾度もの大幅な強化を経て、遂にはこのカードを主力とする【青眼の白龍】も環境トップに食い込む程の成長を遂げている。
  • アニメにおいて、ドーマ編以降で使用されている「第1・2期仕様のイラストで第3期以降の世界統一フォーマット」の日本語表記のカードは、長らくこちらの世界には存在しなかった。
    しかし、THE RARITY COLLECTIONにて、第9期仕様のフォーマットで登場することとなった。
    小・中学生限定配布だが、「遊戯王デュエルモンスターズ 最強カードバトル!」のクリア特典のカードは「第1・2期仕様のイラストで第3期以降の世界統一フォーマットのウルトラレア」になっている。
    英語版では、登場当初からレアリティはウルトラレアが存在していた。
  • ANNIVERSARY PACK収録時のイラストでは、前肢の付け根に《青眼の究極竜》と似た様な突起が備わっている。
    後に販売されたポリストーンスタチューや《Sin 青眼の白龍》のイラストでも、同様のデザインが用いられている。
    Vジャンプ(2013年7月号) 付属カードのイラストでもディティールが変更されており、更に鋭角的なデザインになっている。
  • その人気と存在感から、高レアリティでの収録も多いカード。
    • 『週刊少年ジャンプ』誌の抽選プレゼントでは英語版と中国語版のウルトラレア仕様カードが配布された。
      後にこれらの言語仕様のカードはNormalでSTRUCTURE DECK−海馬編−に収録された。
      「Vジャンプフェスタ1999」では入場者に配布されたシークレットレア版が存在する。
      これは事前に通知がなく、存在そのものの把握が難しかったために、非常に希少価値が高く、現在でもオークション等で高額で取引されている。
  • THE RARITY COLLECTIONに収録されているこのカードのレアリティはホログラフィックレアになっている。
    レギュラーパックでないとはいえ、通常モンスターでは初のホログラフィックレアである。
    その後、20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVEにもホログラフィックレアで収録され、ホログラフィックレアで複数回収録された初のカードにもなった。
    海外で発売されたGold Series:Haunted Mineを含めると、なんと3度もホログラフィックレアとなっている。
  • 収録された回数も多いが、エキスパンションの番号が1番目だった回数はダントツである。
    DUEL TERMINALやANNIVERSARY PACK等、カード再録を含む販売形態ではよく先頭に収まっている。
    THE RARITY COLLECTIONに至ってはNo.000である。
    これらの事からも、このカードの人気の高さが窺える。
  • Vジャンプによるレジェンドモンスター総選挙の投票結果では、全20体中2位を獲得した。
  • COSMO BLAZER発売日の読売新聞朝刊に掲載された、遊戯王OCGの広告に用いられているカードの1枚である。
    この広告では、最初期から現在に至るまでの、それぞれの世代を代表するカードが世界各国の言語別に掲載されており、このカードは日本語版だった。
    黎明期から存在し、非常に高い知名度と人気を誇るこのカードは、遊戯王OCGの代名詞的存在と言っても過言ではないだろう。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作初期から登場する、海馬瀬人が最も信頼するしもべ。
    「あまりの強さのためにすぐ生産中止となった」ため、世界に4枚しか出回っていないという超レアカードである。
    最初は、このカード4枚に対して所持者が4人いたのだが、その内の1枚を海馬が双六の店で見つけた所から、海馬を取り巻くデュエルの物語は始まる。
    キャラクターガイド「真理の福音」において、世界に3枚のみ存在すると説明されているが、これは1枚が海馬の手で破損したためである。
    攻撃名は、「滅びの爆裂疾風弾」。
    ホーリー・エルフ》のモンスター効果によりパワーアップした時の攻撃名は、「ホーリー・バーストストリーム」。
  • アニメ版「バトルシティ編」大会前日において遊戯らが立ち寄った店のショーケースにもよく見ると飾られていたが、後の話の展開や原作設定からするとコピーカードと思われる。
  • 「乃亜編」の冒頭には、デモデュエルのデッキマスターとして登場した。
    その際の能力は「このカードを融合素材とした《青眼の究極竜》は、融合召喚したターンに攻撃できる」というもの。
    「デッキマスターはいつでも特殊召喚できる」というルールにより、手札の《青眼の白龍》2枚と融合し、《青眼の究極竜》を融合召喚したが、《絶対防御将軍》のデッキマスター能力で破壊された。
    デモシーン中の海馬が敗北した事に腹を立てたのか、海馬は乃亜編で1度もこのカードをデッキマスターにしていない。
  • 「KCグランプリ編」では「海馬vsジーク」戦でこのカードが、場面によって第1期のデザインだったり、第3期のデザインで表示されている。
  • 原作において、海馬がこのカードを召喚するために2体の生け贄を捧げたのは「海馬vsイシズ」戦のみである。
    生け贄召喚の機会を《オベリスクの巨神兵》に奪われていた事も理由の1つだろうが、大概は《コストダウン》・《ドラゴンを呼ぶ笛》等でサポートしている。
    遊戯王Rでは「海馬vs天馬夜行」戦にて、《マテリアルバット》と《マテリアルスコーピオン》の2体の生け贄を捧げて召喚している。
  • 原作「DEATH−T編」の「遊戯vs海馬」において、最初にドローしたこのカードの星がずれていた。
  • 「バトルシティ編」では、グールズに捕らわれたモクバを救うため、「決闘の女神よ!!今だけはカードの引きに幸運をもたらすな!」と願い、デッキトップのカードを引きグールズの手の甲に突き刺したが、運悪くそれがこのカードだった。その後、「貴様のお陰でオレのカードに汚らわしい血がついたわ!」と激昂していたが、直前のコマのこのカードは血どころか傷ひとつないキレイな状態であった。
  • 「記憶編」では、3000年前の古代エジプトにおける、白い肌に青い瞳を持つ女性キサラがその身に宿す精霊「白き龍」として描かれた。
    詳細は、《青き眼の乙女》参照。
  • 東映版遊戯王の初期では、「ブルーアイズ・ドラゴン」という名前で通されていた。
    バンダイ版の遊戯王では、カード名の表記が《青眼の白》だった。
    この《青眼の白》名義は原作初出のJC2巻でも同様であり、現在の《青眼の白龍》が定着するのは4巻以降である。
    また、東映製作の劇場版『遊☆戯☆王』では、3体の《青眼の白竜》が《邪悪なる鎖》によって繋がれた《青眼の白竜3体連結》が登場した。
  • 海馬の趣味なのか、作中では《青眼の白龍》や《青眼の究極竜》を模した物が大量に登場する。
    自家用ジェット機や海馬コーポレーション入口の像に始まり、ぬいぐるみ、帽子、電車、ドーム、ジェットコースター、その他海馬ランドのアトラクション等にも用いられている。
    文庫版で描かれた「世界海馬ランド計画」に至っては、最早「海馬ランド」というより「ブルーアイズランド」と呼ぶべき代物である。
  • 遊戯王Rでは、ドラゴン族使いのカード・プロフェッサー、ウィラー・メットに「実戦では使えない単なる観賞用のカード」と言われてしまっている。
    「海馬vsウィラー」戦では、それぞれのドラゴンのプライドを賭けたデュエルが行われ、ウィラーの《ホワイト・ホーンズ・ドラゴン》が勝利するかに見えた。
    ところが《シンクロニック・アビリティ》で《ホワイト・ホーンズ・ドラゴン》の原作効果をコピーし、見事逆転勝利した。
    この時、《ホワイト・ホーンズ・ドラゴン》の効果を得てパワーアップしたことで攻撃名が「滅びのバーストエクストリーム」となっている。
    このデュエルで、《青眼の白龍》の攻撃は魔法攻撃でもある事が判明する。
    その後、「海馬vs天馬夜行」戦でも召喚され、《ドラゴンを呼ぶ笛》で3体をフィールドに揃え、更に夜行を追い詰めた。
    しかしオーバーキルを狙って《青眼の究極竜》を融合召喚したために、夜行の罠カード《ジャンク・ディーラー》により奪い取られ、《邪神アバター》の生け贄とされてしまった。
  • 米国で制作された『遊戯王カプセルモンスターズ』(Yu-Gi-Oh! Capsule Monsters)にも登場。
    ここでは海馬のモンスターではなく、とある村で伝説の勇者が現れるまで村を守ると誓った「神の白龍」として崇められており、その力を維持するためには1年に1人を生け贄に捧げなければならないという伝承があった。
    普段は石板に封印されているが、村を襲う《F・G・D》が現れた時に生け贄になるはずだった少女の祈りによって降臨、遊戯本人と融合して《F・G・D》を倒した。
  • 劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』でも、海馬の使用カードとして登場している。
    デュエルでの使用は元より派生カードも多数登場し、工事現場の注意書きイラストなどにもその姿を見る事ができる。
  • アニメ5D'sの「遊星vsジャック」(1戦目・2戦目)において、遊星が使用した罠カード《メテオ・ストリーム》のイラストでは、《正義の味方 カイバーマン》と共に描かれている。
    また、ジャックが「ブルーアイズ・マウンテン」という一杯3000円のコーヒーを好んで飲んでおり、周りのキャラの反応からジャックの浪費癖の象徴となっている。
    コーヒーの価格は、このカードの攻撃力と掛けているのだろう。
    また、第5期OPの冒頭部分で、このカードが登場している。
  • 劇場版『遊戯王〜超融合!時空を越えた絆〜』においては、パラドックスがこのカードをデッキから墓地へ送り、《Sin 青眼の白龍》を特殊召喚した。
  • アニメZEXALの「遊馬vs六十郎」(1戦目)では、このカードをモチーフにした《青眼の木龍(ブルーアイズ・スタチュー・ドラゴン)》を六十郎が使用した。
    融合》によって手札の《青眼の木龍》2枚と共に《青眼の究極木竜(ブルーアイズ・アルティメット・スタチュー・ドラゴン)》の融合素材となり、《融合解除》で特殊召喚され、フィニッシャーとなった。
    また、六十郎が管理する決闘庵の中にもこのカードを模した木像があり、《ブラック・マジシャン》の木像と共にその木像を見て大興奮していた鉄男曰く「伝説のデュエリストが持つ、伝説のカード」との事。
    • この《青眼の木龍》は、地属性・天使族となっていた。
  • 週刊少年ジャンプにて連載していた漫画「いぬまるだしっ」において、怪盗ドッグアイが落としていった。
  • 月刊少年チャンピオンに連載していた漫画「WORST」において、子供達がこのカードを持っていた。
  • コナミのゲーム作品において―
    遊戯王の最初のゲーム化作品であるモンスターカプセルブリード&バトルから登場している。
    この作品では、名前が「B・E・Wドラゴン」及び「BEWドラゴン」と表記されている。
    原作通りやはり海馬が使用しており、ゲーム上では所謂ラスボス的ポジションということもあってステータスは全体的に高く、特技「バーンアウト」も強力である。
    モンスターZOOの解説文では「そのパワーは、さわらないで敵を倒せるほど強力だ!でも、心やさしいモンスターだ。」と記されている。
    モンスターカプセルGBでも同様に、名前が「BEWドラゴン」と表記されている。
    やはりステータスは全体的に高めで、レベル40以降の時に進化カプセルを使うとBEAドラゴン(《青眼の究極竜》)に進化する。
    しかし《青眼の白龍》・《青眼の究極竜》共々、攻撃方向が一方向のみという点が災いしてか、対策されやすいという欠点がある。
  • 詰めデュエルでは、相手フィールドに攻撃表示で壁モンスターとして配置されている場合が多い。
    このモンスターの攻撃力が高い、という事を示しているのだろうか。
  • 3以降のTAG FORCEでは、このカードを召喚&攻撃宣言すると、専用のムービーを見る事ができる。
    TAG FORCEシリーズでは、主にその作品のキャラのエースカードがムービー化されるが、作中には海馬もカイバーマンも登場していない。
    このカードが遊戯王を代表するカードとして特別扱いされている事が伺える。
  • DUEL TERMINALでは、《ジャンク・シンクロン》と同様、全カード中最多の4種類の隠しデッキのキーカードになっている。
    モンスターフィギュアコレクション Volume 3のこのカードをスキャンすると、隠しデッキ「ブルーアイズ・バースト」が出現する。
    また、このカードと《滅びの爆裂疾風弾》・《クロス・ソウル》・《攻撃の無力化》・《エネミーコントローラー》・《ブラッド・ヴォルス》・《ブレイドナイト》から3枚をスキャンすると、隠しデッキ「ブレス・オブ・ブルーアイズ」が出現する。
    どのカードをスキャンしても全く同じ構成になり、このカードや下級モンスターのパワーで押していく、単純な動きだが海馬の様な戦い方ができる強力なデッキである。
    更に、このカードと《ブラッド・ヴォルス》・《闇の呪縛》をスキャンすると、隠しデッキ「フォース・オブ・ブルーアイズ」が出現する。
    こちらは、《青眼の究極竜》を主力としたデッキである。
  • GCソフト「フォルスバウンドキングダム」では、3体の《青眼の白龍》にそれぞれアズラエル、イブリース、ジブリールという名前が付いている。
    名の由来はイスラムの天使と思われる。
    アズラエルのみ他の2体よりライフが100高い事を除いて初期ステータスは同じだが、成長率は若干違っている。
    このゲームでの《青眼の白龍》は、低成長型の上にライフ中心であり、加えてドラゴン族には攻撃力を上げる装備がない事もあって、単体での戦闘力は低めである。
    融合》をうまく使う事で、活躍が期待できる。
  • また、WCS2011では、ステファニーが「ブルーアイズ・マウンテン」を販売している喫茶店で働いているためか、なんと【青眼の白龍】を使用してくる。
  • デュエルリンクスにおいて、2017年4月1日のエイプリルフール企画として工事現場のヘルメットをかぶる演出があった。
    前年に公開された劇場版での「海馬建設」にちなんだネタだが、あちらは非常にデフォルメされており、通常モデルでのヘルメットはいわば逆輸入である。
  • コナミ以外のゲーム作品においては、カプコンのゲーム「モンスターハンタークロス」の遊戯王とのコラボクエスト、「遊戯王・美しき龍との決闘」はシャガルマガラというモンスターを討伐するクエストとなっている。
    シャガルマガラも同じく白い巨大な龍の姿をしており、クエストの依頼人である「ゲームが得意な少年」が《ブラック・マジシャン》の使い手であることを考えるとこのカードを意識したのだろう。

关联卡片

  • ブルーアイズ

―サポートカード

―派生モンスター

―その他

―イラスト関連

  • 《海馬》(ジャンプ流 vol.08 付属カード)

―《青眼の白龍》の姿が見られるカード

  • 《遊☆戯☆王》
  • 《トークン》(海馬瀬人)

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【青眼の白龍】
  • 【高等儀式術】

收录情况

  • STARTER BOX Ultra
  • Vジャンプフェスタ1999 プロモカード Secret
  • EX Ultra
  • Vジャンプ(2000年1月号) 誌面プレゼント Ultra
  • 青眼の白龍伝説−LEGEND OF BLUE EYES WHITE DRAGON− LB-01 Ultra
  • EX-R EX-49 Ultra
  • 週刊少年ジャンプ(2001年27号) 誌面プレゼント(英語版) Ultra
  • Spell of Mask −仮面の呪縛− SM-51 Ultimate
  • STRUCTURE DECK−海馬編− KA-03 KA-04(中国語版) KA-05(英語版)
  • DUELIST LEGACY Volume.2 DL2-001 Ultra,Parallel
  • 週刊少年ジャンプ(2003年3・4合併号) 付属カード(英語版) JMP-001 Ultra
  • STRUCTURE DECK−海馬編− Volume.2 SK2-001
  • BEGINNER'S EDITION 1 BE1-JP098 Ultra
  • DUEL TERMINAL −シンクロ覚醒!!− DT01-JP001 Super
  • ANNIVERSARY PACK YAP1-JP001 Ultra
  • モンスターフィギュアコレクション Volume 3 付属カード MFC3-JP001
  • BEGINNER'S EDITION 1(第7期) BE01-JP089 Ultra
  • ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン− SD22-JP004
  • Vジャンプ(2013年7月号) 付属カード VJMP-JP080 Ultra
  • ストラクチャーデッキ−青眼龍轟臨− SD25-JP001 Ultra
  • THE RARITY COLLECTION TRC1-JP000 Holographic
  • 決闘者の栄光−記憶の断片− side:闇遊戯 15AX-JPY07 Millennium,Secret
  • デュエリストパック−決闘都市編− DP16-JP015 Ultra
  • 劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS CoCo壱番屋特典カード MVPI-JP002 KC
  • ジャンプ流 vol.08 付属カード JMPR-JP001 KC-Ultra
  • ストラクチャーデッキ−海馬瀬人− SDKS-JP009 N-Parallel
  • 「遊戯王デュエルモンスターズ 最強カードバトル!」クリア特典 SCB1-JPP01 Ultra
  • 20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE 20AP-JP000 Holographic-Parallel

FAQ

Q:日本国内で正式に販売された「KA-04」「KA-05」「JMP-001」などの外国語表記のカードはスタンダードデュエルやコンセプトデュエルで使用可能ですか?
A:それらは日本語版以外の言語のカードとして扱われるため、使用できません。(13/09/09)


Tag: 《青眼の白龍》 通常モンスター モンスター 星8 光属性 ドラゴン族 攻3000 守2500 ブルーアイズ