洗脳(せんのう)−ブレインコントロール/Brain Control》


通常魔法(準制限カード)
(1):800LPを払い、相手フィールドの通常召喚可能な表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。

 THE LOST MILLENNIUMで登場した通常魔法。
 ライフコストで相手の表側表示の通常召喚モンスターをコントロール奪取する効果を持つ。

 一時的なコントロール奪取であるが、そのモンスターの利用自体に制限はないため、エンドフェイズまでに使い切ってしまえばよい。
 各種リリースやシンクロ素材・エクシーズ素材・融合素材の調達等と幅広く使える。

 ただし、通常召喚モンスターしか奪えないという制約がある。
 現在の環境では特殊召喚モンスターがエースモンスターであるデッキが多く、奪い取ったモンスターをそのままフィニッシャーにするような運用は難しい。
 各種素材利用を目論むなら《精神操作》、アドバンス召喚等のリリース利用にはこのカードが勝るので、上手く使い分けたい。
 相手が下級モンスターを展開し、エクシーズモンスターなどを出す直前に《虚無空間》などを発動して妨害、次のターンにこのカードでそのモンスターを奪うという使い方になるか。

 通常召喚モンスターを中心に構成されている【真竜】相手であれば使用できる機会も多いだろう。
 《真竜皇V.F.D.》と《真竜剣士マスターP》以外の真竜モンスターは効果の適用範囲である。
 特に【真竜】のミラーマッチであればアドバンス召喚のリリースや、《真竜皇V.F.D.》の素材に使用できる可能性が高いのでより効率的に利用できるだろう。
 但し、永続魔法をリリースしてアドバンス召喚された《真竜剣皇マスターP》・《真竜機兵ダースメタトロン》には効かないので要注意である。

  • 表側表示の通常召喚モンスターであれば、そのモンスターが特殊召喚されている場合でも選択する事ができる。
  • 奪ったモンスターを《亜空間物質転送装置》等で除外した場合、自分のフィールドに戻り、その後相手のフィールドに移る。
    除外されていても、コントロール奪取する期間はリセットできない。
  • 大幅なエラッタが行われたカードのひとつ。
    旧テキストは以下の通り。
    800ライフポイントを払って発動できる。
    相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、
    エンドフェイズ時までコントロールを得る。
    エラッタ前は特殊召喚モンスターも奪うことが可能であり、奪った大型モンスターでそのまま直接攻撃を決める光景もよく見られた。
    エラッタ後は実用性が激減しており、往時のような活躍は非常に難しいだろう。
  • ライフコストを要求している点や裏側表示のモンスターをコントロール奪取できない点で《心変わり》の下位互換であるが、それでも効果が強力であることには変わらず、《心変わり》が禁止カードに指定されてからは貴重なコントロール奪取手段として使われた。
    07/09/01に制限カードに指定されてからも、多くのデッキにおいて必須カードとして使用され、10/09/01に禁止カードに指定された。
    その後上記のエラッタを踏まえて17/01/01に制限カード、17/04/01に準制限カードへと緩和された。
  • 心変わり》・《強奪》に続く、コントロール奪取系3枚目の禁止カード。
    心変わり》の下位互換としてデザインされ、ライフコスト付きで裏側表示に対応しない欠点があるものの、消費1枚で制約のないコントロール奪取が強力であることに変わりはなかった。
    精神操作》とは、コントロール奪取したモンスターへの制約の有無が分かれ目となったのだろう。
  • 第4期に登場したカードが禁止カードとなったのは、《レスキューキャット》と共に初である。
    またDUEL TERMINALに収録されているカードで禁止カードとなるのも、このカードが初である。
  • 下記の通り、原作やゲームでは古参のカードだが、OCG化は非常に遅かった。
    イラストは、真DM2のものを流用している。
    これは、同じく第4期にOCG化された《ゴーゴンの眼》も同様である。
  • 摩天楼 −スカイスクレイパー−》などと似た形式のカード名に見えるが、「洗脳」を「ブレインコントロール」と英訳することはなく、これは造語である。
    「洗脳」は「ブレインウォッシング(Brainwashing)」と直訳するのが普通であり、このカード名は恐らく《精神操作》の英語名でもある「マインド・コントロール(Mind Control)」や、カードゲームとしてのコントロールという用語の影響があるのだろう。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作の「決闘者の王国編」から、闇遊戯が頻繁に使用している。
    作中での効果は《心変わり》とほぼ同じであり、ノーコストであった。
    「決闘者の王国編」でのルールには生け贄召喚の制度がなかったものの、コントロール奪取を様々な方法で活用している。
    「闇遊戯vs孔雀舞」戦では、《ハーピィズペット竜》のコントロールを奪い、《カタパルト・タートル》で射出した。
    「闇遊戯vsペガサス」(2戦目)では《サクリファイス》を奪い、吸収されていた《タイム・ボマー》を《マジシャン・オブ・ブラックカオス》の儀式召喚の生け贄に使用することで、自爆コンボを防いだ。
    「バトルシティ編」の「闇遊戯vs人形(マリク)」戦では、《リバイバルスライム》をコントロール奪取し、《オシリスの天空竜》を攻略している。
    この時の人形(マリク)の発言によると、魔法カードは神のカードに対して1ターンだけなら通用するが、このカードは通用しないとの事。
    他に「城之内vsエスパー絽場」戦では絽場が使用し、《人造人間−サイコ・ショッカー》の生け贄を揃えている。
    ただしアニメ版では《人造人間−サイコ・ショッカー》のレベルがOCG同様の6になっており、必要な生け贄の関係上か、使われていない。
  • アニメでの描写はイラストで洗脳している手が伸び相手のモンスターを奪い取るというとても洗脳とはいい難いものであった。
  • 原作でのカード名は《洗脳−ブレイン・コントロール》と、中間点が付いていた。
  • アニメ5D'sにおけるワンポイントレッスンでは、禁止カードになった後に2回も登場している。
    しかも《ブラック・ホール》と違い、禁止カードという点には何も触れられていない。
  • アニメARC-Vの第67話の回想で零羅への教育の際に研究員が使用していた。
  • コナミのゲーム作品において―
    OCG化と同時期に発売されたNIGHTMARE TROUBADOURでは、原作の《洗脳−ブレイン・コントロール》というカード名で収録されている。
    EX2006以降は、「コントロールを操作」という効果のアイコンとして、このカードのイラストが使われている。
    WORLD CHAMPIONSHIP 2010のストーリーモードでは、ディヴァインがこのカードを使って実際にマインドコントロールを行った。
  • DMシリーズでも登場しており、効果はOCGの《心変わり》と同じものであった。
    これらのゲームでは意味もなく生け贄に捧げる(または墓地へ捨てる)事も可能だったので、手札に上級モンスターがいなくとも、単体除去として使用できた。
    原作で使用した縁からか、DM4では遊戯デッキでしか使用できない。
    DM8では制限カードとなり、このカードでコントロール奪取したモンスターを墓地へ捨てる事ができなくなっている。
  • DUEL TERMINALのアクションデュエルXにおいては特殊コマンドとして登場。
    こちらはノーコストで相手モンスターを1体をコントロール奪取する。
    主に相手モンスターをコントロール奪取、または吸収する効果を持つモンスターに内蔵されている。
    ただし、チャンピオン戦やタッグバトルでは相手は1体しか使用しないため、意味がない。

关联卡片

  • コントロール奪取

收录情况

  • THE LOST MILLENNIUM TLM-JP038 Super,Ultimate
  • EXPERT EDITION Volume.3 EE3-JP218 Super
  • ストラクチャーデッキ−守護神の砦− SD7-JP024
  • STARTER DECK(2006) YSD-JP031
  • STARTER DECK(2007) YSD2-JP028
  • ストラクチャーデッキ−帝王の降臨− SD14-JP027
  • DUEL TERMINAL −疾風のドラグニティ!!− DT06-JP044
  • GOLD SERIES 2010 GS02-JP012 (Gold)
  • THE GOLD BOX GDB1-JP032 Gold
  • 決闘王の記憶−決闘者の王国編− 15AY-JPA26
  • 20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE 20AP-JP017 Super-Parallel

FAQ

Q:効果解決時に対象に選択したモンスターが裏側表示になった場合、コントロールを得る効果は適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(14/03/09)

Q:このカードでコントロールを奪った相手モンスターを、《月読命》等の効果で裏側表示にしました。
  この場合、完全にコントロールを奪うことはできますか?
A:いいえ、できません。
  このカードの効果は「発動ターンのエンドフェイズ」までであり、ターン終了時にはセットしたモンスターが相手フィールドに戻ります。
  《強奪》は装備魔法であり、このカードは通常魔法である為、処理に差が生じます。

Q:このカードでコントロール奪取した《ワイト》に《強制転移》を発動し、奪った《ワイト》を選択し相手のフィールドに送り返しました。
  この場合、《ワイト》はエンドフェイズに自分のフィールドに移りますか?
A:いいえ、移りません。
  このカードのエンドフェイズの処理は、「無条件で相手の場に行く」ではありません。
  《ワイト》は相手の場に戻っているので、エンドフェイズにこのカードの処理は行われません。

Q:相手が自分の《エヴォルド・プレウロス》を対象に《洗脳−ブレインコントロール》を発動しました。
  それにチェーンして《おジャマトリオ》を発動し、相手フィールドが全て埋まった場合、《エヴォルド・プレウロス》は「自分フィールド上」で破壊された扱いになりますか?
A:ご質問の場合、《エヴォルド・プレウロス》の効果は発動しません。(13/10/14)


Tag: 《洗脳−ブレインコントロール》 魔法 通常魔法