召喚僧(しょうかんそう)サモンプリースト/Summoner Monk》


効果モンスター(制限カード)
星4/闇属性/魔法使い族/攻 800/守1600
(1):このカードが召喚・反転召喚に成功した場合に発動する。
このカードを守備表示にする。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードはリリースできない。
(3):1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。
デッキからレベル4モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

 エターナルRパックで登場した闇属性・魔法使い族の下級モンスター。
 召喚・反転召喚に成功した場合に守備表示になる誘発効果、リリースできない永続効果、魔法カードを手札コストにレベル4のモンスターをリクルートする起動効果を持つ。

 (1)の効果は召喚・反転召喚に成功した場合に守備表示になる誘発効果。
 低い攻撃力を晒さずに済むが、このカードはそのターンで各種素材にして処理してしまうことも多いため、おまけ程度の効果である。

 (2)はリリースできない永続効果であり、表側表示であれば《クロス・ソウル》や《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》等によるリリースに耐性を持つ数少ない存在となる。
 永続効果故に、裏側守備表示の場合はリリースできる。

 (3)は魔法カードを手札コストにレベル4のモンスターをリクルートする効果。
 レベル4モンスターがキーカードとなるデッキでは、それらを特殊召喚できる優秀なリクルーターと化す。
 《聖鳥クレイン》や《終末の騎士》等で更なるデッキ圧縮に、《ライトロード・マジシャン ライラ》等で伏せカードの露払いに貢献できる。
 《D−HERO ダイヤモンドガイ》にも対応しており、必然的にデッキの魔法カードの比重が大きくなりやすい点をフォローできる。

 特殊召喚したモンスターはそのターンに攻撃ができないデメリットも、このカードと共にシンクロ素材やエクシーズ素材に利用する事で無視できる。
 リクルートした時点で即座にランク4のエクシーズ召喚の準備が整い、闇属性モンスターならば《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》も視野に入る。
 《E・HERO プリズマー》や上述の《終末の騎士》に対応する通常モンスターを墓地へ送り、そのまま《ダイガスタ・エメラル》での蘇生に繋げるのも有効。
 更にチューナーをリクルートする事でレベル8のシンクロ召喚とも使い分けられ、自身も《ダークエンド・ドラゴン》のシンクロ素材に利用できる。

 エクシーズ召喚等を考慮しない場合は、《ならず者傭兵部隊》や《王虎ワンフー》等をリクルートするのも選択肢の1つだろう。
 変わった所では通常召喚の方法に制限がある《ジェノサイドキングデーモン》等もそのまま特殊召喚できる。
 加えてリクルートしたモンスターが光属性ならば、墓地へ送った後もこのカードと共にカオスモンスターの布石となる。

 コストは魔法カードに限定されるため再利用は難しい。
 《おジャマジック》などの墓地へ送られた時の効果をもつカードや《神剣−フェニックスブレード》などのサルベージできるカードはコストに適している。
 魔法使い族なので《魔術師の再演》を捨てて魔術師永続魔法をサーチすればそのまま効果の適用条件を満たせる。
 《サイレント・バーニング》で《沈黙の魔術師−サイレント・マジシャン》をサーチできるが、このカードはリリースができないので、そのままでは特殊召喚できないことには注意が必要である。
 効果が十分強力なので、特に意識せずとも手札で腐っているカードをコストにしても良いだろう。
 《ブレイズ・キャノン》なら《ヴォルカニック・ロケット》によって繰り返しサルベージできる上に、《ヴォルカニック・ロケット》自身がレベル4であるため相性抜群である。

 この様に運用方法は多岐に渡る一方で、《エフェクト・ヴェーラー》や《神の警告》等で無効にされてしまうとコストの払い損となる面も存在する。
 更に前者は手札誘発のため、現環境では伏せカードがなくとも気軽に使えない点は否めないだろう。
 攻撃力は元より守備力も過信できる程の数値ではなく、妨害手段がなければ下級アタッカーにそのまま戦闘破壊されてしまう。
 理由がない限りはフィールドに留めたりせず、効果使用後は速やかにエクシーズ素材等にしてしまいたい。

  • 登場当初はリクルートしても攻撃できないデメリットが大きかった事や、魔法カード・レベル4モンスターの層の薄さもあり、専用デッキ以外ではあまり採用されなかった。
    その後、一時期【ガジェット】のメタとして【サモンプリースト】が注目されていた時期もあったが、環境に本格的に影響するレベルでは無かった。
    しかし、マスタールールでシンクロ召喚が導入されたことで容易にシンクロ召喚を行えることで使用者が激増した。
    そして、【レスキューシンクロ】抑制のためか08/09/01の制限改訂で準制限カードに指定される。
    その後も、同名カードを複数展開して《ダーク・ダイブ・ボンバー》を呼び出したり《アーカナイト・マジシャン》のシンクロ素材にされたりなど、重要な1パーツとして活躍したため、09/09/01に制限カードに指定される。
    その後《レスキューキャット》が禁止カードになったためか、1年の様子見を経て11/09/01に準制限カードへ緩和された。
    後にマスタールール2が適用され、チューナーすら必要ないエクシーズ召喚が登場したことでデメリットと呼べるものはほぼなくなると共に、序盤から終盤にかけて使える場面は大幅に広まった。
    リクルートするレベル4モンスターにも優秀なものが増え、ランク4のエクシーズモンスターも優秀なカードが多く、汎用性が増した為か14/10/01にて、再び制限カードに指定されることになった。
  • 日本では絶版になって以降価値が上がり入手困難になっていたが、ストラクチャーデッキに3度再録され、入手が容易になった。
  • 長い間海外版が存在しなかったが、Structure Deck:Spellcaster's Commandにてようやくカード化された。
    同じような立場に《魔法効果の矢》やマシンナーズ等がある。
  • 融合との関係は薄いが、ブースターSP−フュージョン・エンフォーサーズ−で「召喚師」や「召喚獣」が登場した為か、同じく「召喚」と名の付くこのモンスターも再録された。
    キーカードである《召喚師アレイスター》をリクルートでき、《召喚獣カリギュラ》の融合素材になれたりと相性は悪くない。
  • 「召喚僧」のあとに、その英訳である「サモンプリースト」という、重複したネーミングである。
    このようなカード名は《王虎ワンフー》等の前例がある。
  • 原作・アニメにおいて―
    遊戯王Rにおける「遊戯vs天馬月行」戦にて天馬月行が使用。
    その効果によって《セラフィムセイバー》《セラフィムガードナー》を特殊召喚し、《邪神ドレッド・ルート》を召喚するための生け贄を高速で揃えた。
    最終的に《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》に戦闘破壊された。
    月行(夜行)曰く「最新最速の高速召喚のモンスター」。
  • 原作ではコストが不要であり、実物より強力だった。
  • アニメZEXAL第6話の徳之助の回想シーンにおいて、徳之助に負けた少年が持っていた。
    また、第31話ではチャーリーによって吹き飛ばされていた。
  • コナミのゲーム作品において―
    遊戯王ONLINE DUEL EVOLUTIONではTCGでの登場以前から実装されていたが、当時の英語名は《Summon Priest》であった。
    DUEL TERMINALではプレイヤーのみランク4エクシーズデッキ「オーバーレイ・プロトコル」で使用できる。

关联卡片

―召喚・反転召喚に成功した時に守備表示になるモンスターは《絶対防御将軍》を参照。

―手札の魔法カードを捨てる事で効果を発動するモンスターは《賢者ケイローン》を参照。

―《召喚僧サモンプリースト》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【サモンプリースト】
  • 【ダイヤモンドガイ】
  • 【宝玉獣】
  • 【シンクロ召喚】
  • 【インフェルニティ】

收录情况

  • エターナルRパック LE8-JP002 Ultra
  • ストラクチャーデッキ−ロード・オブ・マジシャン− SD16-JP007
  • ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン− SD22-JP017
  • デュエリストセット Ver.ダークリターナー DS13-JPD21
  • ストラクチャーデッキ−HERO's STRIKE− SD27-JP017
  • THE RARITY COLLECTION TRC1-JP013 Super,Secret,Collectors
  • ブースターSP−フュージョン・エンフォーサーズ− SPFE-JP039

FAQ

Q:効果で特殊召喚するモンスターは、裏側守備表示で特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。
  効果で特殊召喚するモンスターは、表側攻撃表示または表側守備表示で特殊召喚します。

Q:《召喚僧サモンプリースト》をシンクロ素材に使えますか?
A:はい、リリースではないため可能です。(08/03/22)


Tag: 《召喚僧サモンプリースト》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 魔法使い族 攻800 守1600