《アックス・ドラゴニュート/Axe Dragonute》


効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻2000/守1200
(1):このカードは攻撃した場合、ダメージステップ終了時に守備表示になる。

 PREMIUM PACK 9で登場した闇属性・ドラゴン族の下級モンスター。
 攻撃後に守備表示になる永続効果を持つ。

 デメリットアタッカーの1体であり、攻撃後に守備表示になるモンスターの中では攻撃力はやや低い。
 基本的にはドラゴン族のアタッカーとしては、同じ攻撃力を持つ通常モンスターの《アレキサンドライドラゴン》の方が場持ちが良く、単体でも使いやすい。
 《魔のデッキ破壊ウイルス》のコストとなるデメリットアタッカーにも、より攻撃力の高い《ジャイアント・オーク》が存在する。

 そのため、闇属性・ドラゴン族である点を活かせる【カオスドラゴン】等のデッキに採用する事になる。
 こちらならば《魔のデッキ破壊ウイルス》に対応しつつ、《ライオウ》や《死霊騎士デスカリバー・ナイト》等の攻撃力1900のモンスターを戦闘破壊できる点が魅力となる。
 闇属性のレベル4モンスターであり、《ダーク・ホルス・ドラゴン》の蘇生対象となるメリットもある。
 また、《アレキサンドライドラゴン》等と共に《ライトパルサー・ドラゴン》の召喚コストになることもできる。

 守備表示になるタイミングは《ゴブリン突撃部隊》などとは異なり「ダメージステップ終了時」。
 こちらの方が連続攻撃効果との相性は悪い。

  • ランサー・ドラゴニュート》と同じく、名前と武器を持っている点では”竜人タイプのモンスター”だといえる。
    だが、ほとんど人型の体型をしていないので”武器を持ったドラゴン”といったイメージのほうが強く、あまり竜人スタイルには見えない。
  • Vジャンプのカリスマデュエリスト最強決定戦の「流星vs千丈目」で千丈目が使用。
    このカードの攻撃を《くず鉄のかかし》に無効にされたのだが、なぜかその際にこのカードの表示形式を守備表示に変更した。
    (攻撃を無効にされた場合、守備表示にはならない)
    さらに解説者には、このカードの守備力が0だと誤認されていた。
  • PREMIUM PACK 9で登場後、ストラクチャーデッキ−暗闇の呪縛−、トーナメントパック2008 Vol.3に再録され、絶版となっていたが、ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン−にて再録された。
    魔のデッキ破壊ウイルス》に対応するドラゴン族がノーマルで収録されているので、非常に使いやすくなっている。
    英語版はExtreme Victoryでようやく登場。
  • 「ドラゴニュート(Dragonewt/Dragonuet)」とは、「ドラゴン」と「人」の中間的怪物である。
    「竜頭人」と訳され、人間と同じく二足歩行が可能な亜人種であるが、知能は総じて高くはないとされる。
  • 原作では特に効果を持たないモンスターだった。

关联卡片

  • 攻撃後に守備表示となるカード

收录情况

  • PREMIUM PACK 9 PP9-JP009 Secret
  • ストラクチャーデッキ−暗闇の呪縛− SD12-JP007
  • トーナメントパック2008 Vol.3 TP07-JP002 N-Parallel
  • ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン− SD22-JP008
  • デュエリストエントリーデッキVS VS15-JPD06

FAQ

Q:守備表示になる効果はチェーンブロックを作りますか?
A:作りません。この効果は永続効果です。

Q:このカードの攻撃宣言時、《くず鉄のかかし》で攻撃を無効にされた場合、守備表示になりますか?
A:いいえ、なりません。(13/03/28)


Tag: 《アックス・ドラゴニュート》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 ドラゴン族 攻2000 守1200