未来融合(みらいゆうごう)−フューチャー・フュージョン/Future Fusion》


永続魔法(制限カード)
(1):このカードの発動後1回目の自分スタンバイフェイズに発動する。
自分のエクストラデッキの融合モンスター1体をお互いに確認し、
そのモンスターによって決められた融合素材モンスターを自分のデッキから墓地へ送る。
(2):このカードの発動後2回目の自分スタンバイフェイズに発動する。
このカードの(1)の効果で確認したモンスターと
同名の融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。

 POWER OF THE DUELISTで登場した永続魔法。
 カードの発動後1回目の自分スタンバイフェイズにデッキの融合素材モンスターを墓地へ送る効果、2回目の自分スタンバイフェイズに融合モンスター融合召喚する効果を持つ。

 デッキのモンスターカードを利用するため、消費する手札はこのカード1枚で済み、消費が少ない点で他の融合召喚に勝る。
 次の自分のスタンバイフェイズまで維持できれば融合素材を使って墓地を肥やすことができる。
 《キメラテック・オーバー・ドラゴン》や《F・G・D》等の条件が緩く複数の融合素材が要る融合モンスターを指定することで、《おろかな埋葬》複数枚分の効力が得られる。

 弱点として、永続魔法であるがゆえ除去に弱い点があげられる。
 現在の環境では魔法・罠カードを除去できるカードはありふれており、このカードを守ることは容易ではない。
 たとえ2回目のスタンバイフェイズまで維持して融合召喚できても、このカードを破壊されれば融合モンスターも破壊されてしまう。
 また、融合素材代用モンスターを使用することもできない(下記参照)。
 もちろん、デッキに融合素材が残っていなければ発動できず、終盤では発動できないこともある。

 相手にこのカードを発動された場合、(1)の効果を発動されると大量の墓地肥やしが行われ大きな墓地アドバンテージを稼がれてしまう。
 マストカウンターであり、(1)の効果の発動前に最優先で除去したい。

  • HERO融合モンスターやシャドール融合モンスター、召喚獣などの存在により、それらとE・HEROやシャドール、《召喚師アレイスター》がデッキに少数あれば、その相方の融合素材として神属性以外のほぼ全モンスターをデッキから墓地へ送れるカードである。
    とはいえエラッタにより弱点も増え、制限カードのこのカード自体を手札に加える効率も良くはなく、少枚数の墓地肥やし用には採用し難いのが実状だろう。
  • FAQにもあるとおり、融合召喚ではない手順で特殊召喚する必要がある融合モンスターは特殊召喚できない。
    また、《ダーク・フュージョン》や《マスク・チェンジ》のように、専用のカードでしか特殊召喚できない融合モンスターも同様である。
    このカードで特殊召喚できない主な融合モンスターはこちらを参照。
  • (1)の効果について
    • 効果発動時の処理はない。
    • 効果解決時に融合召喚する融合モンスターをお互いに確認し、融合素材をデッキから墓地へ送る(除外される場合は除外する)。
      永続魔法故に、チェーン処理により効果解決時にこのカードがフィールドに存在しなくなった場合、効果は不発となり墓地送りも行わない。
      チェーン処理により融合素材がデッキからなくなるなどこの効果が不発になった場合、意味のないカードとしてフィールドに残り続ける。
    • このカードの効果で融合素材代用モンスターを融合素材として使うことは不可能である。
      (ただし、属性などが正規の融合素材として合致するなら、融合素材に使える。)
    • 虚無魔人》・《異星の最終戦士》・《融合禁止エリア》などが存在しても、(1)の効果では特殊召喚は行わないので、発動する事は可能。
      同様の理由で、エクストラモンスターゾーンが埋まっていたりリンク先が1つも無かったりと、融合モンスターを新たに特殊召喚可能なゾーンが無いフィールド状況でも、発動する事は可能。
    • スケープ・ゴート》などを発動し、特殊召喚できない状況でも(1)の効果を発動する事は可能。
  • (2)の効果について
    • チェーンブロックを作る特殊召喚である。
      • ソロモンの律法書》などで2回目のスタンバイフェイズをスキップしてしまった場合、(2)の効果は発動できず、意味もなくフィールドに残り続ける。
      • 虚無魔人》・《融合禁止エリア》などが存在すれば融合召喚はされず、このカードは意味もなくフィールドに残り続ける。
    • 融合召喚に成功しても、このカードがフィールドを離れると融合モンスターは破壊される。
      このときの破壊はチェーンブロックを作らない。
      また、《月の書》や《亜空間物質転送装置》で関係は断絶できる。
    • 効果発動時には融合モンスターをを対象にとらない一方で、「フィールドでは融合モンスターを対象にとり続ける効果」である。
      故に、《ナイトメアを駆る死霊》は融合召喚された直後に自壊する(蘇生制限は満たしている)。
    • 融合モンスターが破壊以外の方法(バウンス等)でフィールドから離れた場合、このカードは無意味にフィールドに残り続ける。
  • 上記の通り、このカードの効果では(正規素材として以外に)融合素材代用モンスターを使えない。
    正規の融合素材をデッキに組み込むしかないが、デッキ内にいれば良い以上難しくはない。
  • 大幅なエラッタが行われたカードのひとつ。
    自分のエクストラデッキの融合モンスター1体をお互いに確認し、
    決められた融合素材モンスターを自分のデッキから墓地へ送る。
    発動後2回目の自分のスタンバイフェイズ時に、確認した融合モンスター1体を
    融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
    このカードがフィールド上から離れた時、そのモンスターを破壊する。
    そのモンスターが破壊された時このカードを破壊する。
    旧テキスト時代は、カードの発動の効果解決時に即座に融合素材を墓地に送っていた。
    そのため、融合目当てでなく凶悪な墓地肥やしカードとして利用されることになり、結果禁止カードに指定されていた。
    • また、現在の(2)に相当する効果はチェーンブロックを作らない裁定であった。
  • 墓地を肥やす効果を利用した1ターンキルコンボに利用されたことで、登場後最初の制限改訂である06/09/01で制限カードになった。
    その後、融合素材の縛りが緩い融合モンスターが多数登場したが、それらは環境に大きな影響を与えなかったので、制限カードの位置に留まり続けていた。
    しかし、【カオスドラゴン】や【E・HEROビート】での墓地肥やしに利用された事が決め手となったか、12/09/01で禁止カードに指定された。
    その後エラッタを踏まえ17/01/01に制限カードへと緩和されている。
    • 融合召喚する効果を持つカードでは初の禁止カードとなった。
  • 第2回カリスマデュエリスト最強決定戦「流星vsカイザー海馬」において流星が使用。
    特に意味もなく《キメラテック・オーバー・ドラゴン》を特殊召喚して自分の場を壊滅させるという「TAG FORCE」シリーズのヘルカイザーと同じミスを犯し、カイザー海馬に3回も突っ込まれている。
    また、第5回カリスマデュエリスト最強決定戦「流星vsコイン・トス之助」において、【ワーム】を選んだトス之助が使用。
    ワーム・ゼロ》を指定し、大量のワームモンスターを墓地へ送ることで《ワーム・ヴィクトリー》を高攻撃力で召喚するコンボにつなげたが、《ワーム・ゼロ》の特殊召喚成功時に流星に《激流葬》を発動され破壊された。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおける「十代vsカイザー亮」(2戦目)にて丸藤亮が使用。
    サイバー・エンド・ドラゴン》を特殊召喚し、十代を圧倒した。
    後に十代は魔法カード《潜入!スパイ・ヒーロー》によってこのカードを使用し、《E・HERO ランパートガンナー》を特殊召喚した。
    その後もヘルカイザーとなった亮が何度か使用。
    「ヘルカイザー亮vsマッドドッグ犬飼」戦ではカウンター罠《ジャマー・スライム》によって発動を無効にされ破壊された。
    「ヘルカイザー亮vsマスター鮫島」戦では《未来融合−フューチャー・フュージョン》→《サイバー・エンド・ドラゴン》→《融合解除》という即死級のコンボを魅せつけている。
    「十代vsミスターT」(3戦目)ではミスターTが使用し、《龍の鏡》とのコンボで《F・G・D》をフィールドに2体並べた。
    また、カイザーのデッキを受け継いだ翔のデッキの中にも投入されている。
  • アニメ登場時は効果が異なっていた。
    装備魔法
    デッキから融合素材モンスターを墓地に送って
    融合デッキから融合モンスター1体を特殊召喚し、
    このカードを装備する(この特殊召喚は融合召喚扱いとする)。
    この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できず、
    デュエル中に生け贄に捧げることもできない。
    このカードが破壊されたとき、装備モンスターを破壊する。
    装備魔法であり、タイムラグがなくそのターンに融合召喚が可能であり、《非常食》等で墓地へ送ることでデメリットがなくなる点がOCG版と異なる。
    その代わりに特殊召喚したターンは攻撃できない、生け贄にできないというデメリットがついている。
    また、イラストはビルに明かりが灯っておらず、上は光の拡散具合やOCGにない黒い線が存在するなど細かい点が異なっている。
  • 「ヨハンvsヘルカイザー亮」戦からはOCG効果に修正されアイコンも永続魔法になったが、亮は「装備魔法」と発言していた。
    ちなみにミスターTが使用時は「永続魔法」と発言していた。
  • コナミのゲーム作品において―
    遊戯王ONLINE DUEL EVOLUTIONのCPUキャラとして登場する「ヘルカイザー」(LV3)が使用してくる。
    登場したのが2008年2月であるにもかかわらず、彼はこれと《オーバーロード・フュージョン》をデッキに3枚採用している。
    TAG FORCEシリーズでもカイザーが使用するが、思考ロジックが低いせいか、使い方が煩雑になっている。
    1では、融合素材が既にデッキに存在しないにも関わらず空撃ちして魔法&罠カードゾーンを圧迫する。
    2以降は、《オーバーロード・フュージョン》がないのに《キメラテック・オーバー・ドラゴン》を指定して自分フィールドを一掃する等の自分の首を締める行為をすることがある。
  • DUEL TERMINALでは融合モンスターを最初にスキャンした際に登場するデッキ「スペア・フュージョン」に収録されており、このカードをスキャンすると2枚使用できる。
    デッキが10枚でモンスターの数も決められているこの環境では、事故が起こりやすい上にデッキ切れしやすく、OCGとはうって変わってとても使いにくい。

关联卡片

  • フュージョン
  • 融合

―カード名関連

―このカードで融合召喚できないモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【E・HERO】
  • 【未来オーバー】
  • 【未来融合】
  • 【デュアル】
  • 【ドラゴン族】
  • 【サイバー・ドラゴン】
  • 【サイバー・ダーク】
  • 【フロフレホルス】
  • 【ワーム】

收录情况

  • POWER OF THE DUELIST POTD-JP044 Rare
  • デュエリストパック−ヘルカイザー編− DP04-JP023
  • DUEL TERMINAL −オメガの裁き!!− DT11-JP041
  • DUELIST EDITION Volume 1 DE01-JP033 Ultra
  • 20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE 20AP-JP037 Ultra-Parallel

FAQ

Q:融合素材モンスターを墓地へ送るのは「カードの効果」ですか?「コスト」ですか?
A:「カードの効果」になります。
  処理時にこのカードがフィールドに存在しない場合はモンスターを墓地へ送ることはできません。

Q:このカードで墓地へ送るモンスターは融合素材代用モンスターでもできますか?
A:いいえ、デッキ内の融合素材代用モンスターを墓地へ送ることはできません。

Q:《剣闘獣ガイザレス》や《XYZ−ドラゴン・キャノン》等の融合モンスターを指定して融合素材を墓地へ送る事はできますか?
A:それらの融合モンスターは融合召喚以外ではエクストラデッキから特殊召喚できないため指定する事はできず、融合素材を墓地へ送る事もできません。(08/11/02)

Q:このカードの効果で融合素材モンスターを墓地へ送った後、このカードが破壊されても選んだ融合モンスターの特殊召喚は可能ですか?
A:いいえ、永続魔法なので、フィールドを離れた所で効果がなくなります。
  なお、この場合融合モンスターはエクストラデッキに残ったままであり、墓地へ送られたりはしません。

Q:選択した融合モンスターが2回目のスタンバイフェイズにエクストラデッキに存在しない場合、どうなりますか?
A:同名の融合モンスターが存在すればそれを融合召喚します。
  同名の融合モンスターが存在しない場合は意味のないカードとして場に残り続けます。

Q:墓地へ送られるモンスターカードが除外される状況(《マクロコスモス》適用中など)で発動した場合、融合召喚効果は適用されますか?
A:融合素材は除外されますが、融合召喚効果は適用されます。

Q:2回目のスタンバイフェイズを迎えるターンのドローフェイズ、《スケープ・ゴート》を発動できますか?
A:はい、発動できます。
  発動した場合、このカードの効果での特殊召喚はされません。(13/03/13)

Q:モンスターカードゾーンに空きがない場合、発動できますか?
A:はい、発動できます。(11/06/08)

Q:自分フィールド上に《群雄割拠》と水族モンスターが表側表示で存在し、エクストラデッキに水族モンスターが存在しない場合、このカードを発動することはできますか?
A:このカードを発動することはできます。
  この場合、このカードを発動した時点でエクストラデッキに入っている融合モンスターを確認し、その融合モンスターにて決められた融合素材を墓地へ送ります。
  ただし、発動後2回目の自分のスタンバイフェイズ時に、フィールド上に《群雄割拠》が存在し、水族モンスターが存在する場合は、フィールド上のモンスターと種族が異なる融合モンスターを特殊召喚する事ができません。(14/11/27)

Q:自分フィールド上に《群雄割拠》と水族モンスターが表側表示で存在する場合、《F・G・D》を選択して発動済みのこのカードの特殊召喚時の処理はどのように行いますか?
A:《F・G・D》を特殊召喚する事ができませんので、エクストラデッキに残ったままとなり、このカードはフィールド上に残り続けます。(14/11/27)

Q:2回目のスタンバイフェイズに《虚無魔人》や《マジック・キャンセラー》がフィールドに存在する場合、融合モンスターは特殊召喚されますか?
A:《マジック・キャンセラー》などで魔法カードの効果が無効化されている場合は特殊召喚できません。(10/01/28)
  《虚無魔人》が存在する場合も特殊召喚できず、このカードは効果のなさない永続魔法カードとしてフィールド上に残ります。 (10/07/16)

Q:2回目のスタンバイフェイズにモンスターカードゾーンに空きがない場合はどうなりますか?
A:お互いに確認したエクストラデッキの融合モンスターはそのままエクストラデッキに残り、《未来融合−フューチャー・フュージョン》のカード自体もフィールドに残り続けます。(16/12/17)

Q:《レアメタル化・魔法反射装甲》によって《未来融合−フューチャー・フュージョン》によるモンスター破壊効果を無効化させることができますか?
A:はい、できます。
  同時に破壊される場合であっても無効にできます。(14/11/27)

Q:《禁じられた聖槍》によって《未来融合−フューチャー・フュージョン》によるモンスター破壊効果を無効化させることができますか?
A:はい、できます。(10/11/19)

Q:このカードで《ドラゴン・ウォリアー》を特殊召喚した場合、どのような処理になりますか?
A:その場合このカードは破壊されません。
  このカードが破壊された場合、《ドラゴン・ウォリアー》は破壊されます。

Q:(1)の効果にチェーンされ、効果解決時にデッキに融合素材モンスターがなくなった場合、証明のために相手にデッキを公開する必要がありますか?
A:ゲームのルールとして公開が必須であるとは定めておりません。
 まずはプレイヤー同士でどのように対戦を進行するか話し合い、解決できない場合はジャッジの判断を仰いでください。(16/06/20)

Q:(1)の効果により墓地へ送られたモンスターはどの時点で「融合素材に使用した」扱いとなりますか?
A:融合モンスターが、フィールド上に特殊召喚に成功したタイミングにて、融合素材として使用したモンスターとして扱われます。(10/07/16)


Tag: 《未来融合−フューチャー・フュージョン》 魔法 永続魔法 融合 フュージョン