《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン/Red-Eyes Darkness Metal Dragon》


効果モンスター(制限カード)
星10/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2400
(1):このカードは自分フィールドの表側表示のドラゴン族モンスター1体を除外し、
手札から特殊召喚できる。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地から「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」以外の
ドラゴン族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 LIMITED EDITION 11で登場した闇属性・ドラゴン族の最上級モンスター。
 レッドアイズの名を持ち、自身を特殊召喚する召喚ルール効果、同名カードを除くドラゴン族モンスターを特殊召喚する起動効果を持つ。

 (1)の効果により、自分フィールドのドラゴン族モンスター1体を除外するという簡単な条件で特殊召喚できる。
 通常召喚した下級モンスターはもちろん、《バイス・ドラゴン》や《聖刻龍−トフェニドラゴン》等の半上級モンスターや《簡易融合》等を用いる事で召喚権を残して展開できる。
 相手依存となるが、コントロール奪取したドラゴン族モンスターを特殊召喚のコストとして除外するのも有効である。
 リリースではないため、《精神操作》も問題なく使う事ができ、《死者蘇生》ならば墓地利用の妨害に繋がる。
 除外する事を利用して、《D・D・R》等の帰還系のカードと併用するのも良く、このカード自身も《エクリプス・ワイバーン》等による除外から帰還を狙えるので相性が良い。
 また、特殊召喚モンスターではないので、リクルートや蘇生、アドバンス召喚も問題なく行える。

 (2)の効果は、ドラゴン族を手札・墓地から展開する効果。
 融合モンスターやシンクロモンスターも、蘇生制限を満たせば蘇生できるので汎用性は高い。
 互いに蘇生し合う関係である《ライトパルサー・ドラゴン》を特殊召喚しておけば、全体除去を受けても被害を抑えられる。
 特殊召喚したドラゴン族をウイルスカード・《巨竜の羽ばたき》・《神秘の中華なべ》・《バーストブレス》等のコストとするのもいい。
 対象をとらない効果であり(後述)、《魔族召喚師》の様に共倒れするデメリットも存在しない。
 コストを要求しない事もあって、フィールドに留まり続ける事で大きなアドバンテージを獲得できる。

 ドラゴン族の下級モンスターと上級モンスターの両方を活かす事ができ、【ドラゴン族】関連のデッキでは中心となる存在である。
 《竜の渓谷》や《ダークフレア・ドラゴン》で様々な種類のドラゴン族モンスターを墓地へ送り、戦況に応じたモンスターを蘇生するのが理想。
 上述の《エクリプス・ワイバーン》や《ライトパルサー・ドラゴン》の他、《真紅眼の飛竜》等、相性の良いドラゴン族モンスターは多い。
 一方で《コアキメイル・ドラゴ》や《ヴェルズ・ザッハーク》とはややアンチシナジーな面があり、前者は召喚コストとして除外する事もできない。
 他にもドラゴン族と鳥獣族が混合した【ドラグニティ】、機械族が混合した【サイバー・ダーク】でも力を発揮するだろう。

  • (2)の効果は対象をとらない効果である。
    死者蘇生》や《リビングデッドの呼び声》に代表されるように、蘇生効果は基本的に墓地のモンスターを対象にとる効果である。
    しかし、この効果は手札からも特殊召喚でき、手札は非公開情報のため対象にとる事ができない。
    よって、墓地からの特殊召喚共々対象をとらない効果になっているのである。
    これにより、墓地からの特殊召喚の際も《ヒーローズルール2》等で妨害されないという利点を持つ。
    さらに《D.D.クロウ》等をチェーンされても、相手はこちらが何を蘇生するか宣言する前に除外するため、処理終了後に墓地と手札に残ったモンスターから自由に選ぶ事ができる。
  • このカードの特殊召喚のためにトークンを除外する事も可能。
    現在のところ、元々の種族がドラゴン族であるトークンは巨竜トークンのみとなる。
  • カードパワー自体は登場時から非常に高く評価されていたが、当時はこのカードと共に環境で戦える程のドラゴン族がほぼ存在せず、十分な実力を持ちつつも環境で使われる事はほぼないという状況が続いていた。
    そして、登場から約4年後に【聖刻】や【カオスドラゴン】といった環境クラスのドラゴン族デッキが登場し、それらのデッキの切り札として活躍した。
    特に《聖刻龍王−アトゥムス》とのシナジーは強く、互いの効果でこのカード2体を含むドラゴン族を展開し、《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》らのエクシーズ召喚に繋げて1ターンキルを行うパターンが構築された。
    そうしたデッキでの活躍を評価され、12/09/01にて制限カードに指定された。
    メジャーマイナー問わず、ほとんどの【ドラゴン族】はこのカードに大きく依存していたため、このカードが制限カードに指定された事で【ドラゴン族】は大幅に弱体化した。
  • かつては、収録されているLIMITED EDITION 11とDUEL TERMINAL −トリシューラの鼓動!!−が共に絶版状態(後者はノーマルレア扱い)であったので、入手難易度は高めだった。
    その後、ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン−にて再録された事で、容易に入手できる様になった。
  • 再録時には、表側表示のドラゴン族しか除外できない事がエラッタで明文化された。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおける「十代vsダークネス吹雪」(2戦目)においてダークネス吹雪が使用。
    墓地のドラゴン族モンスターによって攻撃力を4400にまでアップさせ、十代を後一歩の所まで追い詰めた。
    だが、手札を使い果たして魔法カードを無効化する効果が使用できなくなり、罠カード《ヒーローズルール1 ファイブ・フリーダムス》によって墓地のドラゴン族を全て除外されて弱体化した。
    その後、《ネオスペース》と《H−ヒートハート》によって攻撃力を増した《E・HERO ネオス》に戦闘破壊され吹雪は敗北した。
    攻撃名は「ダークネスメタルフレア」、効果名は「マジック・リフレクション」。
  • アニメではOCGとは効果が全く違っており、罠カード《魔法反射装甲・メタルプラス》を必要とするモンスターだった。
    このカードは通常召喚できない。
    「魔法反射装甲・メタルプラス」を装備した
    「真紅眼の闇竜」を生け贄に捧げた場合のみ特殊召喚する事ができる。
    このカードの攻撃力は、自分の墓地のドラゴン族モンスター1体につき400アップする。
    このカードを対象にする魔法の発動と効果を無効にして破壊する事ができる。
    手札を1枚捨てる事で魔法の発動と効果を無効にして破壊する事ができる。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは、EXステージの天上院吹雪が使用する。
    台詞はアニメと異なり、OCG仕様に変更されている。
    カードプールの少ないこの環境で、この打点と特殊召喚効果は脅威であり、デスティニースキャンではもう1体使用する事も相まって1ターンキルの要因となりやすい。
    攻撃する際のCGには力が入っており、カメラが上に移動する。
    また、このカードをスキャンすると、アニメの攻撃名と同じ名称の隠しデッキ「ダークネス・メタルフレア」が使用できる。
    ちなみに、ノーマルレアのカードを必須スキャン条件とするデッキは、これが初である。
    第9弾では、ドラゴン族が中心の【フルモンスター】デッキ「竜技王7D's」に収録されている。
    このカードをスキャンすれば、デッキにこのカードが2体入る事になり爆発力が高まるが、手札事故の可能性が上がってしまう。
  • WCS2011では、フリーデュエルの対戦相手として登場した。
    使用デッキは【ドラゴン族】で、デッキ名は「レダメカンタービレ」。
    このカードの略称である「レダメ」と、漫画「のだめカンタービレ」をかけたものと思われる。

关联卡片

  • レッドアイズ
  • 半上級モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【ドラゴン族】
    • 【巨神竜】
    • 【聖刻】
  • 【真紅眼の黒竜】

收录情况

  • LIMITED EDITION 11 LE11-JP001 Ultra
  • DUEL TERMINAL −トリシューラの鼓動!!− DT08-JP010 N-Rare
  • ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン− SD22-JP013
  • THE RARITY COLLECTION TRC1-JP010 Ultra,Secret,Collectors
  • ストラクチャーデッキR−巨神竜復活− SR02-JP008 N-Parallel
  • 20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE 20AP-JP047 N-Parallel

FAQ

(1)の効果について

Q:ドラゴン族のトークンを除外して、特殊召喚する事はできますか?
A:はい、できます。(09/11/02)

Q:装備カードとなっているドラゴン族モンスターを除外して、このカードを特殊召喚する事はできますか?
A:装備カードとなっているモンスターは装備魔法扱いなので、モンスターとして扱われず、除外できません。(12/01/27)

(2)の効果について

Q:このカードの効果によって特殊召喚するモンスターを選ぶタイミングは、いつですか?
A:この効果の処理時になります。

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在する場合、墓地のモンスターを蘇生させる事は可能ですか?
A:いいえ、墓地に効果が及ぶので不可能です。

Q:《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》の墓地、または手札のドラゴン族を蘇生する効果は対象をとりますか。
A:《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》の手札や墓地からドラゴン族を特殊召喚する効果は、対象を取らない効果となります。(10/07/19)


Tag: 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》 効果モンスター モンスター 星10 闇属性 ドラゴン族 攻2800 守2400 レッドアイズ