《ダーク・アームド・ドラゴン/Dark Armed Dragon》


特殊召喚・効果モンスター(制限カード)
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守1000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の闇属性モンスターが3体の場合のみ特殊召喚できる。
(1):自分の墓地の闇属性モンスター1体を除外し、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 PHANTOM DARKNESSで登場した闇属性・ドラゴン族の特殊召喚モンスター。
 自分の墓地の闇属性が3体のみという召喚条件、墓地の闇属性をコストにフィールドのカードを破壊する起動効果を持つ。

 自身を特殊召喚するには墓地の闇属性モンスターを3体のみにするという限定的な召喚条件を持っている。
 闇属性モンスターは蘇生・自己再生・サルベージ等の手段が豊富であり、墓地の枚数の調整は難しくないため、特殊召喚は案外容易である。

 しかし、墓地が肥えてからこのカードをドローしてしまうと腐る可能性がある。
 手札以外からの特殊召喚は不可能なので、できるだけ素早く手札に加えたいが、制限カードなので無作為にドローを狙うのはあまり有効ではない。
 《矮星竜 プラネター》や《エクリプス・ワイバーン》でサーチできる他、《死者転生》などでサルベージしても損失は容易に取り戻せるので、これらを活用していきたい。

 墓地の闇属性モンスターを除外する事で、カードの種類を問わずにフィールドのカードを破壊する効果を持つ。
 除去効果には回数制限がない上にコストは墓地からの除外だけであり、相手の妨害がない限りは特殊召喚した時点で3回効果を使用できる。
 また、効果を使用した後に墓地を肥やす事で更なる除去を行う事ができる。
 闇属性モンスターを除外ゾーンに溜めておくのも有効で、《異次元からの埋葬》は実質「フィールドのカードを3枚まで破壊する」除去カードになる。
 自身の効果で《終焉の精霊》を破壊すれば、除外されている闇属性モンスターは全て墓地に戻るため、更なる破壊効果の発動が可能になる。

 ただ、相手も闇属性を多用するデッキだった場合、コントロール奪取には注意したい。
 効果を使用されて攻撃された挙句、最後に自身を対象に効果を発動させられると、一時的なコントロール奪取でも大きなディスアドバンテージになる。
 同様に相手モンスターの効果をコピーする《N・ブラック・パンサー》にも注意が必要である。
 攻撃力は高いものの守備力は低いので、《月の書》をはじめとする守備表示にするカードにも気をつけたい。
 また、《スターダスト・ドラゴン》等の除去効果を妨げるモンスターに対しては、先に戦闘破壊する事で対処したい。

  • 墓地のモンスターが特定の枚数である事を召喚条件とする、初のモンスターである。
  • 当初は召喚条件が難しいという判断から評価は高くなかったが、闇属性が中心のデッキで採用されると猛威を振るった。
    シンクロ召喚が登場すると、その過程で墓地に落ちたシンクロ素材でこのカードの召喚条件を満たす、【変異カオス】における《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》の様な働きを見せた。
    特に【レスキューシンクロ】のギミックを取り入れた【シンクロダムド】は非常に流行し、08/09/01の制限改訂で準制限カードに指定された。
    その後も【シンクロアンデット】・【シンクロダーク】等の闇属性モンスターの調整が容易なデッキにて使用され続け、09/03/01には制限カードに制限強化された。
    制限強化後も闇属性やカオス主体のデッキにおいて採用されていたが、大量展開抑止の目的か、14/04/01に準制限カードへ制限緩和された。
    しかし、緩和後には【シャドール】等の闇属性を中心としたデッキでその力を見せつけ環境で活躍したため、14/10/01に制限カードに戻った。
  • このカードの影響を受けてか、後に登場した同じような特殊召喚条件のモンスターは、いずれも墓地に要するモンスターの枚数がこのカードより多くなっている。
  • 「ダーク化した」という設定で、属性以外のステータスは、《アームド・ドラゴン LV7》と同じになっている。
    アームド・ドラゴンは《アームド・ドラゴン LV10》が存在しているが、このカードとの関連性は不明である。
    当初はダークモンスター全般自体、堕ちた存在として見られていたが、むしろ人間を身を挺して庇うといった事を行っており、果てには《幻界突破》では崇高なる存在に進化までしている。
  • アームド・ドラゴンとのシナジーは特に無いカードであり、【アームド・ドラゴン】に採用するメリットは薄い。
    ただし、闇属性を複数採用している場合は両者を並べる事もできる。
    特に《BF−疾風のゲイル》は、このカードとアームド・ドラゴンの破壊効果を使いやすくする事もできるので、中々シナジーがあると言える。
  • このカードが初登場したPHANTOM DARKNESSでのレアリティはレアだったが、TCG版ではシークレットレアで収録されている。
    日本でも、DUELIST EDITION Volume 2に再録される際にウルトラレアに昇格している。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-V第3話で流れていたストロング石島のCMの背景にこのカードが確認できる。
  • コナミのゲーム作品において―
    遊戯王ONLINE DUEL EVOLUTIONシーズン7において、このカードは実装されていなかったにも関わらず制限カードに指定されている。
    実装後は闇属性デッキの切り札として猛威を振るい、シーズン14で禁止カードに指定されたが、シーズン16で制限カードに復帰している。
  • WCS2009では、【シンクロダムド】を使用する対戦相手として登場。
  • DUEL TERMINALでは、EXステージのユベルが使用する。
    また、アニメで使用していないにもかかわらず、専用ボイスが用意されている。

关联卡片

  • アームド・ドラゴン
  • ダークモンスター

―《ダーク・アームド・ドラゴン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【ダムドビート】
  • 【シンクロダーク】
  • 【ダークモンスター】
  • 【シャドール】

收录情况

  • PHANTOM DARKNESS PTDN-JP019 Rare
  • GOLD SERIES 2010 GS02-JP008 (Gold)
  • ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン− SD22-JP012
  • DUELIST EDITION Volume 2 DE02-JP077 Ultra
  • THE GOLD BOX GDB1-JP028 Gold
  • デュエリストセット Ver.ダークリターナー DS13-JPD20
  • ストラクチャーデッキ−ペンデュラム・ドミネーション− SD30-JP016
  • 20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE 20AP-JP044 Super-Parallel

FAQ

Q:蘇生制限を満たしたこのモンスターを、墓地や除外ゾーンから特殊召喚できますか?
  それとも、このモンスターは「条件を満たした時のみ手札から特殊召喚可能な特殊召喚モンスター」ですか?
A:「条件を満たした時のみ手札から特殊召喚する事ができる、特殊召喚モンスター」です。
  他のカードの効果によって、墓地や除外ゾーンから特殊召喚する事はできません。(07/11/25)

Q:墓地にある闇属性モンスターが4枚以上では、特殊召喚不可能ですか?
A:3枚の時だけなので、4枚以上では不可能です。(07/12/25)


Tag: 《ダーク・アームド・ドラゴン》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星7 闇属性 ドラゴン族 攻2800 守1000 正規の方法以外での特殊召喚不可