《ライトロード・マジシャン ライラ/Lyla, Lightsworn Sorceress》


効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1700/守 200
(1):自分メインフェイズに相手フィールドの
魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
自分フィールドの表側攻撃表示のこのカードを守備表示にし、
対象の相手のカードを破壊する。
この効果の発動後、次の自分ターンの終了時までこのカードは表示形式を変更できない。
(2):自分エンドフェイズに発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した光属性・魔法使い族の下級モンスター。
 自分のエンドフェイズ毎に墓地を肥やす誘発効果を持つライトロードの1体。
 更に、自身を守備表示にして相手の魔法・罠カード1枚を対象に取り破壊する起動効果を持つ。

 擬似《サイクロン》を内蔵したライトロード。
 魔法・罠カードを1枚破壊しながら自身はフィールドに残るので、発動するだけで1枚のアドバンテージが得られる。
 効果を使用すると低い守備力を晒してしまうので、効果の使用後はさっさとエクシーズ素材やシンクロ素材にすると良い。
 手軽に除去を撃てるので、このカードで相手のカウンター罠や除去罠を消費させ、本命の《裁きの龍》を通す、といった囮としての役割も担いやすい。
 《ライトロード・サモナー ルミナス》から魔法・罠除去が撃てるのは大きいので、【ライトロード】では少なくともピン挿しはされている事が多い。

 ライトロード特有のエンドフェイズ時に墓地を肥やす効果を持つため、【ライトロード】以外でも墓地肥やしを重視するデッキに採用することもできる。
 ただし単なる墓地肥やし要員としては、メインフェイズから墓地を肥やす事ができ1ターン当たりの墓地肥やし枚数も多い《ライトロード・アサシン ライデン》に仕事を奪われがちである。
 墓地肥やし型デッキの天敵である《マクロコスモス》等の対策を取りたい場合などには検討できるか。

 モンスター効果の性質上、表示形式を変更するカードと相性が良い。
 《悪夢の迷宮》や《重力解除》と併用する事で、次のターンもモンスター効果が使用できる。
 中でも、《最終突撃命令》・《軍神ガープ》との相性は特に良い。
 1ターンに1度の制約がないため、表示形式が元に戻り、相手の魔法・罠カードを全て破壊するという、脅威のコンボが可能である。

  • 除去効果について。
    • 効果発動時、自身が攻撃表示の時に発動できる対象に取る起動効果。
    • 効果解決時、自身を攻撃表示から守備表示にし、対象を破壊する一連の効果。
      表示形式変更ができないと破壊もしない。
      つまり、「効果解決時にフィールドに表側攻撃表示で存在しなければならない」ので、《サンダー・ブレイク》など除去カードはもとより《月の書》や《エネミーコントローラー》などをチェーンされこのカードが表側攻撃表示でなくなると不発となる。
    • 「1ターンに○回」などの回数制限がない。
      何らかの効果で攻撃表示になれば再び効果を発動できる。
      これは《光と闇の竜》の無効化効果をこれ1枚で封じることも出来るということでもある。
  • 類似する効果を持つ《魔導戦士 ブレイカー》との比較。
    魔導戦士 ブレイカー》の長所は守備表示にならず、除去効果発動後もアタッカーとして使用できる点と、自分の魔法・罠カードも破壊できる点。
    自分のデッキを破壊しないためにサルベージが難しいカードを投入しやすいのもデッキによってはメリットになる。
    一方このカードの長所は、《光の援軍》による容易なサーチ、維持できれば何度も効果を使用できる、特殊召喚時も除去効果が使用できる事である。
    やや遅いが墓地肥やしもできる所もデッキによってはメリットになる。
  • 前述の通り、1回使いきりの擬似《サイクロン》として運用するのも良いだろう。
    ライトロード・サモナー ルミナス》や《召喚僧サモンプリースト》を利用すれば、手札1枚が《サイクロン》に変換されたものとして使える。
    普通に使っても、通常召喚の権利は使用するものの《サイクロン》に壁と墓地肥やしの役割が付随したと見ることができる。
    効果使用後もフィールドに残るので、直接攻撃を防ぐなりシンクロ素材やエクシーズ素材にするなり無駄なく使用できる。
  • 除去能力を持つためにロックへの耐性は高い。
    しかし、守備表示になったところを《拷問車輪》で狙われたりした場合、悲惨な事になりかねない。
    また、効果使用後には低い守備力を晒してしまうため、ロックデッキで採用されるような低攻撃力モンスターにも簡単に戦闘破壊されてしまう。
    特に《レベル制限B地区》は自身の効果で破壊する事ができない上に、デッキを削る効果のみが適用されてしまう。
    シンクロ素材やエクシーズ素材とすることである程度回避はできるものの、ロックデッキと対峙した際には、召喚するタイミングに注意したい。
  • ライトロード・ハンター ライコウ》や《カードガンナー》、《魔導雑貨商人》と並び、墓地肥やしを重視するデッキではほぼ必ず採用候補として挙がるモンスターである。
    当初から汎用性の高さが評価されていたものの、初版がスーパーレアであったゆえに永らく高値を維持し、高額カードの代名詞のように使われていた時期もあった。
    しかし、ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン−に再録され、DUELIST EDITION Volume 2においてレアリティがノーマルに引き下げられたため、現在では入手が容易になっている。
  • このカードの発売前にVジャンプに掲載された特集記事においては、このカードで《レベル制限B地区》を破壊できるようなニュアンスでの紹介がされたが、これは上記のとおり不可能である。
    Vジャンプの記事には時折こういった憶測による間違いが多々存在する。→《D−HERO ダブルガイ》・《ネオス・ワイズマン》等
  • 英語名の「Sorceress(ソーサレス)」は「魔法使い」を意味する「Sorcerer」の女性形。
    ゲーム等では「攻撃呪文に特化した魔法使い」や「邪悪な魔法使い」といった使われ方をする事もある単語だが、本来は特に「Magician」等と比べそうしたニュアンスがある訳ではない。
  • コナミのゲーム作品において―
    遊戯王ONLINE DUEL EVOLUTIONではシーズン9(09/01/16)の制限改訂において、他のライトロードと共に制限カードに指定されている。

关联卡片

  • ライトロード

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【ライトロード】

收录情况

  • LIGHT OF DESTRUCTION LODT-JP019 Super
  • ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン− SD22-JP020
  • DUELIST EDITION Volume 2 DE02-JP120
  • デュエリストセット Ver.ライトロード・ジャッジメント DS14-JPL05 Ultra
  • ストラクチャーデッキ−マスター・オブ・ペンデュラム− SD29-JP015

FAQ

(1)の効果について

Q:表示形式変更は、自身の効果によるものですか?また、どのタイミングで変更しますか?
A:自身の効果により、効果解決時に変更します。(08/02/23)

Q:「表側守備表示に変更し〜」は、変更できる状況では必ず変更しなければならないのですか?それとも任意効果ですか?
A:任意発動の起動効果です。効果を使わないままターン終了してもかまいません。(08/02/23)

Q:表示形式変更と破壊は同時ですか?
A:はい、同時です。(08/04/22)

Q:《最終突撃命令》適用中に破壊効果を発動できますか?
A:はい、可能です。この場合、使った直後にまた表側攻撃表示となるので同一ターン中でも再び効果が使えます。(08/02/23)

Q:《ライトロード・マジシャン ライラ》の効果解決時にその《ライトロード・マジシャン ライラ》が存在しない場合、相手の魔法・罠1枚を破壊することはできますか?
A:「表側守備表示に変更し、魔法・罠カードを破壊する」効果は一連の効果処理なので、効果解決時このカードを表側守備表示にできない状況で魔法・罠カード1枚を破壊する効果を適用できません。(08/02/28)

Q:《ライトロード・マジシャン ライラ》の「魔法・罠カードを破壊する」効果」に《エネミーコントローラー》がチェーンされ、効果で表側守備表示になった場合、相手の魔法・罠1枚を破壊することはできますか?
A:「表側守備表示に変更し、魔法・罠カードを破壊する」効果は一連の効果処理なので、効果解決時このカードを表側守備表示にできない状況で魔法・罠カード1枚を破壊する効果を適用できません。また、適用されなかった場合でも、次の自分のターン終了時まで表示形式が変更できなくなります。(12/02/16)

Q:このカードの効果解決時に対象に選択した相手の魔法・罠が存在しなくなって破壊できなかった場合でも守備表示になる効果は適用されますか?
A:はい、その場合でも守備表示になり、次の自分のターン終了時まで表示形式が変更できなくなります。(09/09/30)

Q:破壊効果処理後、何らかの効果で攻撃表示に変更した場合、そのターンに攻撃は可能ですか?
  また、攻撃した後のメインフェイズ2で効果を使用できますか?
A:どちらも可能です。このカードの効果に攻撃に関する制約は一切ありません。(08/12/09)

Q:破壊効果の発動にチェーンして《月の書》を発動し、このカードを裏側守備表示にした場合、このターンにこのカードは反転召喚できますか?
A:その場合でも「表示形式を変更できない」効果が適用されるため反転召喚できません。(12/07/20)

Q:「表示形式を変更できない」効果が適用された後で《月の書》等で裏側守備表示になった場合はどうでしょうか?
A:そのターン中に召喚・反転召喚・特殊召喚されておらず、攻撃宣言もしていないなら表示形式を変更可能です。(13/11/11)

Q:相手のフィールドに魔法・罠カードがない場合でも、守備表示にする効果は使用できますか?
A:いいえ、守備表示にする効果のみを使用することはできません。(12/02/25)


Tag: 《ライトロード・マジシャン ライラ》 モンスター 星4 光属性 魔法使い族 効果モンスター 攻1700 守200 ライトロード