《バイス・ドラゴン/Vice Dragon》


効果モンスター
星5/闇属性/ドラゴン族/攻2000/守2400
(1):相手フィールドにモンスターが存在し、
自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚したこのカードの元々の攻撃力・守備力は半分になる。

 ジャンプ・スーパーアニメツアー プロモーションカードで登場した闇属性・ドラゴン族の上級モンスター。
 半上級モンスターの一体であり、元々の攻撃力・守備力を半減し、自身を特殊召喚する召喚ルール効果を持つ。

 同じレベル5上級モンスターには、同じ特殊召喚能力を持つ《サイバー・ドラゴン》や《太陽の神官》、より特殊召喚条件の緩い《太陽風帆船》も存在している。
 このカードはステータスが半減するデメリットを持ち、他の効果もないため、単なるリリース要員やシンクロ素材・エクシーズ素材として使用するなら上記のカードに劣る。
 このカードを使うならば、以下のように属性や種族などを活かせるデッキで採用する形となる。

  1. ドラゴン族のリリースを要求する《タイガードラゴン》や《ストロング・ウィンド・ドラゴン》のアドバンス召喚を補助する。
  2. 通常召喚の権利を使用せずに《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》を展開する。
  3. 巨竜の羽ばたき》を実質的にノーコストで使用できる。
  4. シンクロ素材を闇属性やドラゴン族と指定する《ダークエンド・ドラゴン》や《エクスプロード・ウィング・ドラゴン》のシンクロ召喚を補助する。
  5. ライトパルサー・ドラゴン》・《竜魔人 クィーンドラグーン》・《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》の効果で蘇生する。
  6. ステータス半減効果により、《地獄の暴走召喚》で大量展開する。
  7. 獣族と共に並べる事で、《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》を特殊召喚する。
  8. 死のデッキ破壊ウイルス》のコストにする。

 同じく特殊召喚の容易なレベル5・闇属性・ドラゴン族には《異界の棘紫竜》や《ダークフレア・ドラゴン》が存在する。
 これらと比べ戦闘要員としての活躍は難しいものの、特殊召喚のしやすさでは勝るためシンクロ召喚やエクシーズ召喚に利用するならこちらを優先しても良いだろう。

 《ダークゾーン》や、ウイルスとは相性が良い。
 《ダークゾーン》適用下においてアドバンス召喚を行えば、《魔のデッキ破壊ウイルス》・《闇のデッキ破壊ウイルス》の媒体要員となり、自身の効果で特殊召喚すれば《死のデッキ破壊ウイルス》の媒体とすることができる。

  • 度々再録されていたが、入手方法や機会が限られていたため入手困難な状態が続いていた。
    その後、ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン−にて再録され、入手も容易になった。
  • 雑誌やWebサイトでこのカードの情報が公開された際は、「アニメツアー限定カードではありません」と表記されていた。
  • 英語版のRaging Battle Special Editionの特典カードは本来《The Dark Creator》か《Allure of Darkness》なのだが、間違ってこのカードが混入されるというミスが発生した。
    誤ったイラストやテキストが印刷されるエラーカードは少なくないが、収録カードのミスは異例中の異例である。
  • 「バイス(Vice)」は「(人格上の)邪悪、悪」という意味。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sでジャックが愛用するモンスターの1体。
    このカードとリゾネーターで《レッド・デーモンズ・ドラゴン》等の大型シンクロモンスターに繋ぐのが彼の基本戦術の1つである。
    初登場は本編ではなく、デュエリストボックス同梱DVDでの「遊星vsジャック」戦。
    手札から表側守備表示で特殊召喚され、通常召喚された《ダーク・リゾネーター》と共に《レッド・デーモンズ・ドラゴン》のシンクロ素材となった。
    初登場ゆえに効果が異なっていたのか、この時は守備力が半分になっていない。
    本編では「ジャックvs牛尾」戦が初登場。
    特殊召喚された直後に《ストロング・ウィンド・ドラゴン》をアドバンス召喚するためリリースされた。
    他のデュエルでも主にシンクロ素材として頻繁に使用されている。
    「ジャックvsシド」戦では攻撃力が0となった《アサルト・ホイール》を攻撃し、戦闘破壊する活躍を見せた。
    ラストデュエルである「遊星vsジャック」(4戦目)でもドローされたが、最後まで使用される事は無くデュエルが終了した。
  • 「ジャックvs偽ジャック」(2戦目)においては両者が使用。
    どちらも《レッド・デーモンズ・ドラゴン》のシンクロ素材になっている。
    ジャックのデッキを真似たマックスのデッキにも入っていた。
  • 公式サイトのワンポイントレッスンにおいてこのカードについて触れられたとき、ジャックは「アタッカーとして見るなら攻撃力ダウンは致命的だが、オレは《バイス・ドラゴン》をシンクロ召喚の素材と考えている」と言っている。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALのジャックは、このカードの攻撃時に「焼き尽くせ、《バイス・ドラゴン》!」と叫ぶが、その割にはポリゴンを見ても炎を吹くことは無い(アニメではちゃんと吹くのだが)。
    また、このカードと《プライドの咆哮》を同時にスキャンすると隠しデッキ「ジャック⇒アトラス」が使用できる。

关联卡片

  • 半上級モンスター

―《バイス・ドラゴン》の姿が見られるカード

收录情况

  • ジャンプ・スーパーアニメツアー プロモーションカード AT08-JP001 Ultra
  • ジャンプフェスタ 2009 プロモーションパック JF09-JP002
  • デュエルディスク 遊星ver. 付属カード DDY1-JP001 Ultra
  • ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン− SD22-JP009
  • デッキカスタムパック01 DC01-JP012 (N-Parallel)
  • ブースターSP−ハイスピード・ライダーズ− SPHR-JP021 (N-Parallel)

FAQ

Q:一度裏側守備表示にした後でリバースした場合、半減はキャンセルされますか?
A:元に戻ります。(08/09/28)

Q:自身の効果で特殊召喚したこのカードの効果が《スキルドレイン》によって無効化されたあと《スキルドレイン》が破壊された場合、元々の攻撃力・守備力はどうなりますか?
A:カードに記載された数値に戻ります。(12/10/06)


Tag: 《バイス・ドラゴン》 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 ドラゴン族 攻2000 守2400