《ライトパルサー・ドラゴン/Lightpulsar Dragon》


効果モンスター
星6/光属性/ドラゴン族/攻2500/守1500
このカードは自分の墓地の光属性と闇属性のモンスターを
1体ずつゲームから除外し、手札から特殊召喚できる。
また、手札の光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ墓地へ送り、
このカードを自分の墓地から特殊召喚できる。
このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、
自分の墓地のドラゴン族・闇属性・レベル5以上の
モンスター1体を選択して特殊召喚できる。

 ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン−で登場した光属性・ドラゴン族の上級モンスター。
 手札・墓地から特殊召喚できる召喚ルール効果と、墓地へ送られた時にドラゴン族・闇属性の上級モンスターを蘇生する任意発動の誘発効果を持つ。

 カオスと同様の方法で、手札から特殊召喚できる半上級モンスター。
 また、手札の光属性と闇属性を墓地へ送ることで、自己再生もできる。
 手札コストは、後続のカオスの特殊召喚条件を満たしたり、自身の蘇生効果を使うための墓地肥やしとして用いたりと、うまくメリットに変換したい。
 通常召喚も可能で、上級モンスターとしては高めの攻撃力なので、状況によってはアドバンス召喚をしても悪くない。

 ドラゴン族を蘇生する効果は、基本的に《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》に対して使用することになるだろう。
 このカードが除去される→《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》蘇生→このカードを蘇生…を繰り返す事が可能。
 その他には、シンクロモンスターの《えん魔竜 レッド・デーモン》等も強力だが、いずれにせよ《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》を挟んだほうがアドバンテージが大きい。
 《竜の渓谷》や《竜の霊廟》・《ダークフレア・ドラゴン》等、闇属性・ドラゴン族は墓地へ送る手段も豊富である。

 後続を呼ぶことで戦線維持や実質的な破壊耐性となるが、自分のカードで能動的に墓地へ送るのも良いだろう。
 《ブラック・ホール》等の全体除去でこのカード諸共相手モンスターを全滅させれば、ガラ空きの相手に対してゲームエンド級の攻撃を叩き込む事もできる。
 なお「時」の任意効果であるため、タイミングを逃す可能性がある点には注意したい。

 基本的にはこのカードを軸にした【カオスドラゴン】で運用すべきカードである。
 光属性ドラゴン族には聖刻や《青眼の白龍》・《エクリプス・ワイバーン》、闇属性にはレッドアイズや《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》等が存在する。
 自己再生効果を使う際には手札の《伝説の白石》や《霊廟の守護者》、腐っている上級ドラゴン族などを墓地へ送りたい。
 手札からの特殊召喚時は《エクリプス・ワイバーン》を除外して効果を発動させたり、最上級闇属性ドラゴン族を除外して《闇次元の解放》に繋げたりすることで、その後の展開のために利用できる。

  • 自己特殊召喚効果は2つとも召喚ルール効果(ルール効果)であり、チェーンブロックを作らない。
    したがって、自己再生効果にチェーンして《D.D.クロウ》等を発動され、除外されることはない。
    ただし、手札・墓地のどちらからの特殊召喚も《ライオウ》に妨害されてしまう。
  • 初出のWJやVJでは、テキストが「墓地へ送られた時」ではなく、「墓地へ送られた場合」になっていた。
    このテキストでは、何らかのコストにしてもタイミングを逃す事なく効果が発動できるので、《キャノン・ソルジャー》と《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》で簡単に1ターンキルできると問題視されていた。
    実際に流通したものは上記の通り「時」の任意効果となったため、このようなループの危険性はなくなった。
  • ストラクチャーデッキの看板モンスターとしては、ストラクチャーデッキ−帝王の降臨−の《邪帝ガイウス》以来の上級モンスターである。
  • 「パルサー(Pulsar)」とは、パルス状の可視光線、電波、X線を発生する天体の総称である。
    超新星爆発後、ブラックホールと共に残るといわれており、光と闇に関係する効果はここから来ているのだろう。
    海外公式サイトの紹介記事では、ブラックホールがドラゴンを呼ぶと説明されている。
    このカードのイラストでも、パルス状の光線を放っているのが確認できる。
  • 特殊召喚に光属性と闇属性を必要とする点、攻撃力2500な点、レベル5以上の闇属性モンスターを蘇生できる点等、《カオス・ゴッデス−混沌の女神−》と類似する点が多い。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALのADXのタッグバトルにおいて、チャンピオンとして登場。
    「かみのせんこく」でこちらの特殊コマンドを妨害しつつ、「じゅうりょくかいじょ」でこちらのモンスターを弱体化し、「とっしん」で大ダメージを与える等、攻撃と防御に優れている。
    EXしょうかん時のコマンドは、「ひかりのごふうけん」。
    また、NEXTでは、SDC MAXでデュエルに勝利するとルーレットにサポートカードとして出現した。
    召喚時と攻撃時には、胸からパルスを放出する演出が見られる。

关联卡片

  • 半上級モンスター

このモンスターの効果で蘇生可能なモンスター一覧

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【カオスドラゴン】

收录情况

  • ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン− SD22-JP001 Ultra

FAQ

Q:それぞれの効果分類は何ですか?
A:1つ目・2つ目の効果は分類のない効果(召喚ルール効果)で、3つ目の効果は誘発効果です。(11/12/10)

Q:1つ目・2つ目の効果で、除外・墓地送りはコストですか?
A:いいえ、このカードを特殊召喚するための手順であり、コストではありません。(11/12/10)
  注:同様にコストと効果の分類の効果でもない。

Q:2つ目の効果での特殊召喚に対し、《昇天の黒角笛》は発動できますか?
A:はい、発動できます。尚、その場合も消費した2枚の手札は墓地に送られたままです。(12/06/13)

Q:3つ目の効果は任意効果のようですが、コストで墓地へ送られた場合、タイミングを逃す事になりますか?
A:はい、逃します。(11/12/10)

Q:3つ目の効果は、対象をとりますか?
A:はい、取ります。(11/12/10)

Q:ダメージステップ中にこのカードがフィールドから墓地へ送られた時、3つ目の効果は発動できますか?
A:はい、できます。(11/12/10)

Q:2つ目の効果で、手札にあるこのカードと闇属性モンスター1体を墓地へ送り、このカード自身を墓地から特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(11/12/16)

Q:装備魔法扱いのこのカードを装備したモンスターが戦闘によって破壊され、このカードが墓地へ送られた時、3つ目の効果は発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/03/12)


Tag: 《ライトパルサー・ドラゴン》 効果モンスター モンスター 星6 光属性 ドラゴン族 攻2500 守1500