微炎星(びえんせい)−リュウシシン/Brotherhood of the Fire Fist - Dragon》


効果モンスター
星4/炎属性/獣戦士族/攻1800/守 400
1ターンに1度、自分が「炎舞」と名のついた魔法・罠カードを発動した場合、
デッキから「炎舞」と名のついた罠カード1枚を選んで自分フィールド上にセットできる。
また、1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する
「炎舞」と名のついた魔法・罠カード2枚を墓地へ送って発動できる。
自分の墓地から「微炎星−リュウシシン」以外の
「炎星」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚する。

 COSMO BLAZERで登場した炎属性・獣戦士族の下級モンスター。
 炎舞を発動した際にデッキから炎舞をサーチする誘発効果、炎舞2枚をコストに墓地の炎星を蘇生させる起動効果を持つ。

 炎舞を発動した際に炎舞をさらにサーチできるため、炎舞を大量に使用するデッキでは有力なアドバンテージの源となる。
 炎星の下級モンスターの中でも高い攻撃力を持つため、優先的に使っていってもいいだろう。
 後半の炎星を蘇生する効果の発動コストも確保しやすい。

 しかし、サーチできるのは罠カードだけなので、発動には1ターン待つ必要がある点には注意。
 もっとも、相手ターンに罠カードの炎舞を発動すればまたサーチを行えるので、上手く維持すれば自分のターンがくる度に2枚のアドバンテージを得られる。

 炎星を蘇生させる効果は自身の効果で炎舞1枚のコストで蘇生が可能になる。
 レベル4の炎星を蘇生してエクシーズ召喚に繋げるのが基本的な動きとなる。
 それ以外ではサーチ効果を持つ《立炎星−トウケイ》や《速炎星−タイヒョウ》も候補となるだろう。

  • モデルは「水滸伝」の登場人物である、「天微星」の生まれ変わりの「史進」だろう。
    体に9匹の青竜の刺青があることから「九紋竜」と呼ばれ、イラストにも9匹の竜が描かれており、カード名もそれに由来すると思われる。
  • 原作・アニメにおいて―
    Dチーム・ゼアルの「遊馬vs激翔太」戦において翔太が使用。
    魁炎星王−ソウコ》の効果でデッキから同名カード2体を特殊召喚され、その後2体目の《魁炎星王−ソウコ》のエクシーズ素材になった。

关联卡片

  • 炎星
  • 炎舞

―《微炎星−リュウシシン》の姿が見られるカード

  • 《炎舞−「天セン」》

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【炎星】

收录情况

  • COSMO BLAZER CBLZ-JP025 Rare

FAQ

Q:効果の分類は何ですか?
A:炎舞の罠カードをデッキからセットする効果は誘発効果、炎星を蘇生する効果は起動効果になります。(12/11/17)

Q:炎舞の罠カードをデッキからセットする効果が発動するタイミングいつですか?
A:発動トリガーとなる炎舞を含むカードのチェーン処理がすべて終了してから改めて効果が発動します。なお炎舞の発動がチェーン2以降であってもタイミングは逃しません。(12/11/21)

Q:永続罠の炎舞の発動に《サイクロン》をチェーンされ炎舞を破壊された場合、このカードの効果は発動しますか?
A:炎舞の発動自体を無効にされていませんので発動します。(12/11/17)

Q:炎舞をセットする効果はダメージステップに発動できますか?
A:いいえ、できません。(12/11/18)

Q:《リビングデッドの呼び声》を発動してこのカードを選択し、それにチェーンして炎舞を発動した場合、このカードの炎舞をセットする効果は発動できますか?
A:いいえ、できません。(14/07/14)

Q:炎舞の発動にチェーンして《リビングデッドの呼び声》を発動しこのカードを蘇生した場合、このカードの炎舞をセットする効果は発動できますか?
A:いいえ、できません。(14/07/14)

Q:《微炎星−リュウシシン》が存在する時に、自分は《暗炎星−ユウシ》を召喚しました。その時、相手が《激流葬》を発動し、その《激流葬》にチェーンして自分は《暗炎星−ユウシ》を対象に《炎舞−「天権」》を発動しました。この場合、効果解決時に《微炎星−リュウシシン》は《激流葬》の効果でフィールド上から破壊されることになりますが、そのチェーン処理解決時に《微炎星−リュウシシン》の二つ目の効果である「デッキから炎舞をセットする」効果は発動できますか?
A:《微炎星−リュウシシン》の「炎舞をセットする」効果は効果解決時に表側表示で存在しなければ適用されないため、《微炎星−リュウシシン》の効果は発動できません。(13/04/29)


Tag: 《微炎星−リュウシシン》 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 獣戦士族 攻1800 守400 炎星