(ブイ)サラマンダー/V Salamander》


効果モンスター
星4/炎属性/魔法使い族/攻1500/守1300
このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の「希望皇ホープ」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚できる。
自分のメインフェイズ時、フィールド上のこのモンスターを
自分の「CNo.39 希望皇ホープレイV」に装備できる。
このカードが装備されている場合、1ターンに1度、
装備モンスターのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
装備モンスターの効果を無効にし、
相手フィールド上のモンスターを全て破壊し、
その数×1000ポイントダメージを相手ライフに与える。

 JUDGMENT OF THE LIGHTで登場した炎属性・魔法使い族の下級モンスター。
 召喚に成功した時に墓地の希望皇ホープを蘇生させる誘発効果、《CNo.39 希望皇ホープレイV》の装備カードとなる起動効果、装備モンスターのエクシーズ素材を取り除いて全体除去とダメージを与える効果を持つ。

 1つ目の効果は希望皇ホープを蘇生させる効果。
 蘇生した希望皇ホープにはデメリットは付与されず、そのままアタッカーとして使用することも可能ではある。
 《No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ》ならば攻撃力3000未満のモンスターを突破できる。
 エクシーズ素材を補充できるのであれば、《CNo.39 希望皇ホープレイV》を蘇生させて、すぐにこのカードを装備させることもできる。
 手札にRUMがあれば、蘇生したランク4の希望皇ホープを経由してエクシーズ素材のある《CNo.39 希望皇ホープレイV》にすることができる。

 2つ目の効果は自身を《CNo.39 希望皇ホープレイV》に装備する効果。
 ただし、ユニオン等と違って装備されているだけでは何の効果もなく、装備カード状態から解除することもできない。
 あくまで全体除去効果を発動するための条件となっている。

 3つ目の効果はエクシーズ素材を取り除いて発動し、全体除去しつつダメージを与える効果。
 バーン効果に加え、全体除去後に直接攻撃することで大きなダメージを与えることができる。
 効果が無効になるものの、全体除去後では《CNo.39 希望皇ホープレイV》の効果は活かせないので気になる程ではない。
 《おジャマトリオ》等でモンスターを増やしておけば致命的なダメージを与えることも可能である。

 どちらの効果も利用できる状況が限定的であり、「新たにエクシーズ素材を調達する」「《CNo.39 希望皇ホープレイV》をそのまま使う」「他のエクシーズモンスターを使う」といった動きでカバーできる部分が多い。
 このカードを活かすならば、《エクシーズ・チェンジ・タクティクス》を併用し、《CNo.39 希望皇ホープレイ》を重ね、1ドローの追加を狙ったりするとよい。

 また魔法使い族という点を利用してデッキを構築する事も考えられる。
 本格的な種族サポートカードを扱うとなると、エクシーズ召喚や希望皇ホープ関連のカードと噛み合わない部分も多いが、《稲荷火》を安定して特殊召喚できるようになる一点でも【希望皇ホープ】としては有意義である。
 このカード自身や《魔導戦士 ブレイカー》などの効果を無駄にすることなく利用できるのは、《ブリキンギョ》や《ゴブリンドバーグ》にはない利点。
 《フォトン・スラッシャー》・《カゲトカゲ》とは競合するが、それら以外を魔法使い族で固めれば共存する事もできる。

  • 装備モンスターの効果が無効になるのは、このカードの効果を発動した後である。
    そのため、エクシーズ素材に余裕があれば、こちらより先に《CNo.39 希望皇ホープレイV》の効果を発動する事もできる。
    一見エクシーズ素材を余分に1つ消費するだけの行動に思えるが、攻撃力が1000を超えているモンスターなら《CNo.39 希望皇ホープレイV》で破壊した方が総ダメージ量が大きくなる。
    エクシーズ素材が希望皇ホープ込みで少なくとも2つ必要になるが、攻撃力が1000を超えるモンスターは非常に多いので、覚えておくといいだろう。
  • 装備モンスターのエクシーズ素材を取り除く必要があるため、《サクリファイス》等に装備してもモンスター破壊効果は発動できない。
    甲虫装機 エクサビートル》等のエクシーズモンスターのモンスター効果で装備されている場合は全体除去を発動できる。
  • サラマンダーの由来通り爬虫類族やドラゴン族のような外見をしているが、どちらでもなく魔法使い族である。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALII(セカンド)において真月がベクターの行方を追う際に、遊馬に渡した5枚の「(ブイ)」と名のついたカードの内の1枚。
    直後の「遊馬vsベクター」(1戦目)では《No.39 希望皇ホープ》を蘇生させ、《CNo.39 希望皇ホープレイV》の装備カードとなった。
    そして、その効果で《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》とアンブラル・ミラージュ・トークン2体を全滅させ、7500ものバーンダメージで勝利した。
    「遊馬vsベクター」(2戦目)では、「V」カードがベクターの仕込んだ罠であった事が判明し、《Vain−裏切りの嘲笑》(アニメ仕様)によって他の「V」カードと共に墓地に送られ、大量のデッキ破壊の一因となった。
    装備効果名は「サラマンダー・クロス」、破壊効果名は「Vサラマンダー・インフェルノ」。
  • アニメでは、蘇生対象は《No.39 希望皇ホープ》、装備対象は「V」と名のついたモンスターであり、装備を解除して特殊召喚する事もできた。
    また、装備カードとなっている時の効果は、エクシーズ素材を取り除いて発動する効果の対象を相手フィールド上の全てのモンスターに変更するというものであった。
    CNo.39 希望皇ホープレイV》に対しこの効果を適用したため、「相手モンスターを全て破壊し、その攻撃力の合計分のダメージを与える」という凄まじい効果になった。
  • 遊馬はこのカードの他に、効果モンスター《Vノーム》・《Vウンディーネ》・《Vシルフィード》、通常魔法《Vコール》を真月から受け取っている。
    これらはデッキに投入されてはいたものの《Vain−裏切りの嘲笑》で墓地へ送られただけであり、その後も全く出番のないまま放送が終了してしまった。
    特に上記のモンスター3枚は海外の公式サイトによってカード名やステータスが判明している。

关联卡片

  • 召喚成功時にモンスターを蘇生する効果

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【希望皇ホープ】

收录情况

  • JUDGMENT OF THE LIGHT JOTL-JP002 Rare

FAQ

Q:装備カードにする効果は《CNo.39 希望皇ホープレイV》1体を対象にとりますか?
A:はい、とります。(13/04/26)

Q:《甲虫装機 エクサビートル》のモンスター効果で装備カードとなっている時に効果を発動すると、除去とダメージは適用されますか?
A:はい、適用されます。(13/04/20)

Q:破壊とダメージは同時扱いですか?
A:同時扱いになります。(13/04/20)

Q:このカードを装備しているモンスターの効果の無効化は、「ターンの終了」や「このカードの装備状態の解除」を経ても継続されますか?
A:はい、効果を無効化されたモンスターが表側表示で存在する限り継続されます。(13/04/21)

Q:このカードを装備しているモンスターが《禁じられた聖杯》の効果でモンスター効果が無効になっている状態の時に、このカードのモンスターを破壊する効果は発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/05/11)


Tag: 《Vサラマンダー》 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 魔法使い族 攻1500 守1300