《プリベントマト/Interceptomato》


効果モンスター
星2/地属性/植物族/攻 800/守 800
墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。
このターン、自分が受ける効果ダメージは0になる。
この効果は相手ターンにのみ発動できる。

 JUDGMENT OF THE LIGHTで登場した地属性・植物族の下級モンスター。
 墓地で自身を除外して、効果ダメージを0にする誘発即時効果を持つ。

 効果自体は《ハネワタ》と同じだが自分のターンに発動できず、墓地は公開情報なので相手に存在が知られている。
 そのため、相手の効果ダメージをけん制するのが主な仕事となる。
 ライトロードなどの墓地へ送る効果を持つカードを併用することで、バーンに対する《ネクロ・ガードナー》のように使える。

 類似効果を持つ《ダメージ・イーター》と違いこちらはライフゲインができないため、種族や属性、発動条件で差別化したい。
 その攻撃力と種族から《ブラック・ガーデン》との相性はいい。
 《星邪の神喰》を併用すればピンポイントで墓地へ送ることができ、《ネクロ・ガードナー》につなぐこともできる。

  • カード名は英語で『妨害する』を意味する「プリベント(Prevent)」と「トマト」を繋げているようである。
    英語名は「intercept」と「tomato」を組み合わせている。
    • イラストではアメフトで使うようなヘルメットをかぶっているが、プリベントもインターセプトもアメフトで使われる用語でもある。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALII(セカンド)の「遊馬vsベクター」(2戦目)で遊馬が使用。
    Vain−裏切りの嘲笑》の効果で墓地へ送られ、ベクターのターンに《異次元の古戦場−サルガッソ》の効果が発動した時に墓地から自身を除外して効果を発動し、その効果ダメージを無効にした。
    • 効果を発動した時は、8体の《プリベントマト》が集まって《異次元の古戦場−サルガッソ》の雷をブロックする演出がされた。
      これは、各チーム8人で試合を行う「アリーナフットボール」に由来するものだと思われる。
  • アニメでは相手ターンに効果ダメージを受ける場合、代わりにこのカードを除外できる効果だった。

关联卡片

―効果ダメージを0にする効果については《デス・ウォンバット》を参照。

收录情况

  • JUDGMENT OF THE LIGHT JOTL-JP003

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:誘発即時効果です。(13/06/13)

Q:相手ターンのダメージステップ時に発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/04/26)


Tag: 《プリベントマト》 効果モンスター モンスター 星2 地属性 植物族 攻800 守800