BK(バーニングナックラー) ビッグバンテージ/Battlin' Boxer Big Bandage》


効果モンスター
星2/炎属性/戦士族/攻1100/守1400
このカードは1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
また、1ターンに1度、自分の墓地の「BK」と名のついたモンスター1体
または除外されている自分の「BK」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。
自分フィールド上の全ての「BK」と名のついたモンスターは
選択したモンスターと同じレベルになる。

 PRIMAL ORIGINで登場した炎属性・戦士族の下級モンスター。
 1ターンに1度、戦闘で破壊されない永続効果、BKのレベルを墓地または除外されたBKに合わせる起動効果を持つ。

 レベルを状況に応じて変更できる効果を持ち、BKのレベルを2〜4までの間で変えられる。
 フィールド全てのBKに適用されるため、ランク3の《BK チート・コミッショナー》なども出しやすくできる。
 また選択できる場所は幅広いため、効果の対象を確保できず腐る事も回避しやすい。

 しかし、基本的にレベル4に統一され、質も量も恵まれたランク4を扱える【BK】にとって、ランク3以下を出せるようにする意義が少ないのが問題となる。
 その上単体では他のBKと全くレベルが合わないため、手札に温存されていた《エフェクト・ヴェーラー》等をこのカードに使われれば、エクシーズ召喚できずに無防備な状態で相手ターンを迎えてしまうリスクがある。
 このカードのためだけにエクストラデッキの枠を割くのも効率が良いとは言えず、採用するならば他のカードとのコンボも考慮したいところ。
 《トランスターン》でレベル3のBKを出せ、効果を使えない場合でも活用はできる。

 ランク3なら《炎星皇−チョウライオ》で墓地のBKをサルベージしたり、《虚空海竜リヴァイエール》で帰還につなげられ、相性自体は悪くない。

  • 効果適用後に召喚したBKや、エクシーズモンスターのBKはレベル変動を受けない。
  • トゥルース・リインフォース》に対応し、自身の戦闘破壊耐性で相手ターン中に出して壁としたり、《BK カウンターブロー》を活用することで次のターンへの展開に繋げることができる。
    しかしその場合、他にレベル2の戦士族を入れると事故が起きやすく、リクルートするのはこのカードのみに絞るべきか。
  • バンテージとは手などに巻く細長い布のことであり、格闘技においては主に肉体の保護を目的として使用される。
    このモンスターは腕や首周り、脚など全身各所に巻いている。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALII(セカンド)の「アリトvsギラグ」戦でアリトが使用。
    先攻1ターン目に通常召喚され、経過が省略されたが次のアリトのターンには2体目がフィールドに現われていた。
    そして何らかの魔法カードの効果で獣族となり、2体とも《No.64 古狸三太夫》のエクシーズ素材となった。
  • アニメでは召喚されたのみでテキストは不明であり、経過が省略されていたためにどのように種族を変更したかも不明のままだった。
    なお、データ放送での解説によると、《マッシブ・ウォリアー》と同じ効果と、他のモンスターへの攻撃をできなくさせる効果を持っていた。

关联卡片

  • BK
  • 1ターンに1度戦闘で破壊されないカード

收录情况

  • PRIMAL ORIGIN PRIO-JP008

Tag: 《BK ビッグバンテージ》 効果モンスター モンスター 星2 炎属性 戦士族 攻1100 守1400 BK