《アーティファクト−モラルタ/Artifact Moralltach》


効果モンスター
星5/光属性/天使族/攻2100/守1400
このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠カードゾーンにセットできる。
魔法&罠カードゾーンにセットされたこのカードが
相手ターンに破壊され墓地へ送られた時、このカードを特殊召喚する。
相手ターン中にこのカードが特殊召喚に成功した場合、
相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選んで破壊できる。

 PRIMAL ORIGINで登場した光属性・天使族の上級モンスター。
 アーティファクト共通の効果に加えて、相手ターン中に特殊召喚に成功した場合、相手の表側表示のカード1枚を破壊する誘発効果を持つ。

 単体除去効果を持ち、アーティファクトの中でも特に汎用性が高い。
 相手の除去に対する地雷となる事はもちろん、相手ターンに《アーティファクト・ムーブメント》等で自身を破壊すれば好きなタイミングで除去効果を発動できる。
 自身の効果以外で特殊召喚に成功した場合にも発動できる上に、1ターン内の回数制限はないので、《アーティファクトの神智》や《リビングデッドの呼び声》がフリーチェーンの単体除去カードとしても使用できるようになる。
 攻撃宣言に対して《炸裂装甲》のように使ったり、相手がシンクロ素材やエクシーズ素材を揃える段階で除去して大型モンスターの出現を阻害したりと、幅広い使い方が可能である。
 対象を取る効果ではないため、対象耐性を持つモンスターも除去できる。

 ただし、このカードの特殊召喚を行うカードの発動から、実際の除去までを同一チェーン上で行えない。
 複数のアーティファクトを同時に特殊召喚しない限りは、チェーン1で相手のカードを破壊せざるを得ないため、通常のフリーチェーンと違い一部の任意効果を通すことになる。
 《E・HERO The シャイニング》、《ギアギガント X》といったカードには折角除去しても立て直される恐れがあるため、展開のタイミングには注意が必要である。

 大抵の状況で効果を使える汎用性の高さとアドバンテージを得やすいことから【アーティファクト】ではほぼ必須カードとなる。
 他にも《アーティファクト−カドケウス》が存在すればドローも可能であり、活躍の場も多い。

  • 【アーティファクト】を抑制するためか、2014/07/01に制限カードとなった。
    【アーティファクト先史遺産】等のように、《アーティファクトの神智》と共に多数のデッキに出張していたことも、要因の一つとして考えられる。
    その後、このカードより制圧力の高い《アーティファクト−デスサイズ》が登場し、環境の高速化に伴い出張要員としてもそちらの方に需要が高まったためか16/10/01に準制限カードに、17/04/01には制限解除された。
  • 「モラルタ(Mor-alltach)」は、ケルト神話の英雄ディルムッドが持つ片手剣。
    一太刀で全てを倒すと言われている。
    ディルムッドはモラルタとベガルタの片手剣、ガ・ジャルグとガ・ボウの2本の槍を所持し、状況に応じてこれらの武器を使い分けて戦ったとされている。

关联卡片

  • アーティファクト

―《アーティファクト−モラルタ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【アーティファクト】

收录情况

  • PRIMAL ORIGIN PRIO-JP011 Rare

FAQ

Q:破壊効果は対象を取りますか?
A:対象を取りません。(14/02/15)

Q:相手の《クイーンマドルチェ・ティアラミス》の効果にチェーンして《アーティファクトの神智》を発動し、《アーティファクト−モラルタ》を特殊召喚しました。
  その後特殊召喚された《アーティファクト−モラルタ》がデッキに戻された場合、《アーティファクト−モラルタ》の効果は発動できますか?
A:ご質問頂きました状況の場合、《アーティファクト−モラルタ》はデッキに戻っているため効果は発動できません。(14/03/24)

Q:《サイクロン》の対象となった《リビングデッドの呼び声》をチェーンして、このカードを特殊召喚しました。
  このカードの効果は発動できますか?
A:《サイクロン》の処理後に改めてこのカードの効果を発動できます。(14/05/07)


Tag: 《アーティファクト−モラルタ》 効果モンスター モンスター 星5 光属性 天使族 攻2100 守1400 アーティファクト