《アーティファクト−フェイルノート/Artifact Failnaught》


効果モンスター
星5/光属性/天使族/攻2000/守1600
このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠カードゾーンにセットできる。
魔法&罠カードゾーンにセットされたこのカードが
相手ターンに破壊され墓地へ送られた時、このカードを特殊召喚する。
相手ターン中にこのカードが特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地から「アーティファクト」と名のついた
モンスター1体を選択して自分の魔法&罠カードゾーンにセットできる。

 PRIMAL ORIGINで登場した光属性・天使族の上級モンスター。
 アーティファクトの共通効果と、相手ターン中に特殊召喚に成功した場合に墓地のアーティファクト1体を魔法&罠カードゾーンにセットする誘発効果を持つ。

 アーティファクトのセットカードを増やす効果なのだが、セットカードを増やしただけではアドバンテージにならず、活かすためには他に破壊する手段が必要となる。
 他のアーティファクトなら同じ状況ですぐに固有の効果を活かせるところ、破壊手段があることが前提のこのカードはどうにも使い辛さが目立つ。

 このカードの評価点は墓地のアーティファクトを再利用できることである。
 【アーティファクト】は墓地からの再利用手段を殆ど持たないので、準制限カードの《アーティファクト−モラルタ》を使いまわすのが困難であったり、長期戦でデッキのアーティファクトが尽きてしまったりといった事態もありうる。
 このカードがあればそうした状況で有効なので1枚くらい挿しておいてもいい。
 【アーティファクト】以外のアーティファクトをタッチしたデッキでも、デッキのアーティファクトが尽きやすいので、余裕があればこのカードを入れてもいいだろう。

  • 元ネタは、円卓の騎士の一人トリスタンが持つ弓「フェイルノート」か。
    竪琴を改造して作成したという「無駄なしの弓」の異名とする説と、狩猟に使った仕掛け弓の罠の名とする説があり、放たれた矢は必ず狙った場所に当たるといわれている。
  • 円卓の騎士モチーフの名前であるが、X−セイバーや聖騎士にはフェイルノートがモチーフのカードは存在しない。
    「聖剣」という括りにしてしまったせいで装備魔法として出しにくくなってしまっていると思われる。

关联卡片

  • アーティファクト

―《アーティファクト−フェイルノート》の姿が見られるカード

收录情况

  • PRIMAL ORIGIN PRIO-JP013

FAQ

Q:墓地のアーティファクト1体を魔法&罠カードゾーンにセットできる効果はダメージステップ中に発動できますか?
A:はい、できます。(14/02/15)

Q:墓地の《アーティファクト−デュランダル》(魔法&罠カードゾーンにセットできる共通効果を持たない)1体を魔法&罠カードゾーンにセットできますか?
A:はい、できます。(14/02/24)


Tag: 《アーティファクト−フェイルノート》 効果モンスター モンスター 星5 光属性 天使族 攻2000 守1600 アーティファクト