《アーティファクト−アイギス/Artifact Aegis》


効果モンスター
星5/光属性/天使族/攻1200/守2500
このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠カードゾーンにセットできる。
魔法&罠カードゾーンにセットされたこのカードが
相手ターンに破壊され墓地へ送られた時、このカードを特殊召喚する。
相手ターン中にこのカードが特殊召喚に成功した場合、
ターン終了時まで、自分フィールド上の「アーティファクト」と名のついた
モンスターは相手のカードの効果の対象にならず、
相手のカードの効果では破壊されない。

 PRIMAL ORIGINで登場した光属性・天使族の上級モンスター。
 アーティファクトの共通効果と、相手ターン中の特殊召喚に成功した場合にアーティファクトへ効果対象耐性と効果破壊耐性を与える誘発効果を持つ。

 あらゆる効果破壊と対象をとる効果に対する耐性を自分フィールドのアーティファクト全体に付与できる。
 《ブラック・ホール》をはじめ、魔法カードやモンスターの起動効果による除去はあらかた防ぐ事ができる。
 しかし、この効果は特殊召喚に成功した時に発動する誘発効果であるため、この効果にチェーンして発動された効果を素通してしまう。
 アーティファクトの大量展開に対する《激流葬》を防ぐ事はできない。
 除去を魔法カードやモンスター効果に依存しているデッキには強烈に刺さるカードであるが、若干クセのある耐性ということを理解して使用したい。

 ただし耐性はターン中持続するので、最初に特殊召喚しておけば、自身が破壊されてもその後の展開を補助できる。

  • 相手の破壊効果にチェーンして《リビングデッドの呼び声》で蘇生させても、その破壊効果を回避する事はできない。
    チェーン処理の関係上、破壊効果を処理した後に耐性付与効果が発動するためである。
  • 元ネタは、ギリシャ神話の女神アテナが持つ盾(胸当てとする説もある)「アイギス(Aegis、イージスとも)」か。
    最高神ゼウスより賜った防具であり、ペルセウスより献上されたメデューサの首が設置されている。
  • このカードは守備的な効果を持ち、その名に相応しいと言える。
    ちなみにこの語は単に「守護」という意味もあり、《女神の加護》の英語名にも使用されている。

关联卡片

  • アーティファクト

―《アーティファクト−アイギス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【アーティファクト】

收录情况

  • PRIMAL ORIGIN PRIO-JP014

FAQ

Q:効果対象耐性と効果破壊耐性を与える誘発効果が適用された後に自分フィールド上に表側表示で出された「アーティファクト」と名のついたモンスターもこのカードの効果が適用されますか?
A:はい、適用されます。(14/02/27)


Tag: 《アーティファクト−アイギス》 効果モンスター モンスター 星5 光属性 天使族 攻1200 守2500 アーティファクト