《ティオの蟲惑魔(こわくま)/Traptrix Dionaea》


効果モンスター
星4/地属性/植物族/攻1700/守1100
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の「蟲惑魔」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した時、
自分の墓地の「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
セットしたカードは次の自分ターンのエンドフェイズに除外される。
(3):このカードは「ホール」通常罠カード及び「落とし穴」通常罠カードの効果を受けない。

 PRIMAL ORIGINで登場した地属性・植物族の下級モンスター。
 召喚に成功した時に墓地の蟲惑魔を特殊召喚できる誘発効果、特殊召喚に成功した時に墓地からホールまたは落とし穴と名のついた通常罠をセットする誘発効果、蟲惑魔共通の耐性についての永続効果を持つ。

 (1)の効果は、召喚に成功した時に蟲惑魔を蘇生できる効果。
 蘇生したモンスターの効果は無効にならないため、《トリオンの蟲惑魔》や同名カードを蘇生すれば、アドバンテージを稼ぎつつエクシーズ召喚に繋げることができる。
 《トリオンの蟲惑魔》を蘇生する場合、相手が落とし穴をセットしていても、全く引っかからずに除去して安全にエクシーズ召喚を行える。
 《カズーラの蟲惑魔》を蘇生し、落とし穴の存在を匂わせて相手の展開をけん制することもできる。

 (2)の効果は、特殊召喚に成功した時に落とし穴を墓地からセットする効果。
 デッキからは《ローンファイア・ブロッサム》や《召喚僧サモンプリースト》、墓地からは《ティオの蟲惑魔》、《増草剤》、《リビングデッドの呼び声》等により特殊召喚でき、効果を発動させるのは難しくない。
 墓地から落とし穴をセットすると、相手は除去カードが無い限りは展開しづらくなる。
 しかし、墓地からセットしなければならないので、どこにセットした落とし穴があるかは相手に筒抜けであり、狙って除去される可能性は高い。
 また、相手がモンスターを展開してこなければ、落とし穴は発動できず除外されてしまう。
 それを逆手に取り、《狡猾な落とし穴》の発動条件を整えることもできるかもしれないが、1ターンの使い切りと割り切るか《ランカの蟲惑魔》で交換してもいいだろう。

  • 第9期以降のテキストを持つ下級蟲惑魔では、このカードのみ共通効果に「モンスターゾーンに存在する限り」の一文が省かれている。
    効果分類は他と変わらず永続効果であり、効果処理に違いはない。
    • 第8期テキストの蟲惑魔では同じく上記の1文が省かれているため、理由は不明だがその名残がこのカードにのみ残ったのだと思われる。
  • モチーフは食虫植物の一種、ハエトリグサだろう。
    カスタネットのような形状の葉を持ち、ハエなどの小動物が触れると約0.5秒で閉じて捕獲し消化吸収する。
    名前はハエトリグサの学名である「Dionaea muscipula」、もしくはハエトリグサの品種の1つ「Crested Petioles」から取られたものと見られる。
    英語名は前者を採用している。

关联卡片

  • 蟲惑魔
  • ホール
  • 落とし穴
  • 召喚成功時にモンスターを蘇生する効果

―《ティオの蟲惑魔》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【蟲惑魔】

收录情况

  • PRIMAL ORIGIN PRIO-JP025 Rare
  • トーナメントパック2017 Vol.2 17TP-JP204

FAQ

Q:ダメージステップ中に特殊召喚した時に効果を発動できますか?
A:はい、できます。(14/02/15)

Q:除外はチェーンブロックを作りますか?
A:チェーンブロックを作らず除外します。(14/02/15)

Q:このカードの効果でセットしたカードを発動し《誤作動》の効果でセット状態に戻された場合、そのカードはエンドフェイズ時に除外されますか?
A:いいえ、除外されません。(14/03/03)


Tag: 《ティオの蟲惑魔》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 植物族 攻1700 守1100 蟲惑魔