《ディサイシブの影霊衣(ネクロス)/Nekroz of Decisive Armor》


儀式・効果モンスター
星10/水属性/ドラゴン族/攻3300/守2300
「影霊衣」儀式魔法カードにより降臨。
レベル10以外のモンスターのみを使用した儀式召喚でしか特殊召喚できない。
「ディサイシブの影霊衣」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨て、
自分フィールドの「影霊衣」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):相手フィールドにセットされたカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、除外する。

 ブースターSP−トライブ・フォース−で登場した水属性・ドラゴン族の儀式モンスター。
 手札から捨てて影霊衣を単体強化する誘発即時効果、セットされたカードを破壊し除外する起動効果を持つ。

 影霊衣特有の儀式召喚に関するリリース制限があり、同名カード同士ではリリースを確保できない。
 《影霊衣の術士 シュリット》を使わないのであれば、種族が同じ《影霊衣の戦士 エグザ》・《カタストルの影霊衣》等のレベル5影霊衣2体を《影霊衣の降魔鏡》で除外するのがいいだろう。
 他にはサーチ・サルベージで使いやすい《ブリューナクの影霊衣》と《ユニコールの影霊衣》の組み合わせでも儀式召喚可能である。
 《ドラゴン・目覚めの旋律》で2枚サーチすることも可能であり、《影霊衣の降魔鏡》のサーチを併用すれば2体出すことも不可能ではない。

 (1)の効果は影霊衣版の《BF−月影のカルート》や《オネスト》といった効果。
 ステータスの上昇値はそれらと比較すると大人しいが、影霊衣はステータスの低いモンスターは少ないため、コンバットトリックとしては十分な数値だろう。
 コンバットトリックの手札誘発としては珍しく、攻撃力・守備力両方が上昇するため、警戒して表示形式を変更された場合にも強い。
 さらに発動タイミングがダメージステップに限定されていないので、《地砕き》等のステータスを参照するカードの狙いを逸らす小技にも使えるため意外に融通が利く。

 (2)はセットされたカードであればカードの種類を問わず除外できる除去効果。
 魔法・罠カードの場合は除外することによるメリットは少ないが、再利用を許さない点であって困るものではない。
 特に最近では墓地の自身を除外して発動する魔法・罠カードが増えてきつつあるため、それらの妨害までできるのは決して小さくないメリットである。
 《トリシューラの影霊衣》のような爆発力こそないが、ノーコストで毎ターン発動できるため、あちらよりもフィールドに維持する意義は大きいと言える。
 なお破壊した後に除外するので、破壊ができなかった場合は当然除外もされない。
 また、破壊であるために《我が身を盾に》や《スターダスト・ドラゴン》に妨害される点には注意。

  • ナイト・ショット》とは違い、効果解決時に選択したカードが表側表示になっていても除去できる。
  • 水属性モンスターの中では最も高い元々の攻撃力を持つモンスターである。

关联卡片

  • 影霊衣

―イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【影霊衣】

收录情况

  • ブースターSP−トライブ・フォース− SPTR-JP019 Super

FAQ

Q:(2)の効果の対象となった裏側表示のカードが効果解決時に表側表示になっていた場合、破壊して除外できますか?
A:はい、そのカードは破壊され除外される事になります。(14/10/11)


Tag: 《ディサイシブの影霊衣》 儀式モンスター 効果モンスター モンスター 星10 水属性 ドラゴン族 攻3300 守2300 影霊衣 正規の方法以外での特殊召喚不可