sophia(ソピア)影霊衣(ネクロス)/Nekroz of Sophia》


儀式・効果モンスター
星11/光属性/魔法使い族/攻3600/守3400
「影霊衣」儀式魔法カードにより降臨。
それぞれ種族の異なる自分フィールドのモンスター3体を使用した
手札からの儀式召喚でしか特殊召喚できない。
(1):自分・相手のメインフェイズ1に
手札からこのカードと「影霊衣」魔法カード1枚を捨てて発動できる。
そのフェイズの間、相手はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
(2):このカードが儀式召喚に成功した時に発動できる。
このカード以外のお互いのフィールド・墓地のカードを全て除外する。
この効果を発動するターン、自分は他のモンスターを通常召喚・特殊召喚できない。

 クロスオーバー・ソウルズで登場した光属性・魔法使い族の儀式モンスター。
 自分または相手のメインフェイズ1の間相手のエクストラデッキからの特殊召喚を封じる誘発即時効果、儀式召喚に成功した時に自身以外のフィールド・墓地のカードを除外する誘発効果を持つ。

 (1)の効果はエクストラデッキからの特殊召喚を一時的に阻害するもの。
 手札コストとして影霊衣魔法カードも必要になるが、影霊衣の儀式魔法は墓地から除外してサーチを行う効果を持ち合わせるためコスト自体は決して重くない。
 だが、メインフェイズ1の間しか効果が持続しないため、先攻1ターン目以外に効果を使用しても効力が薄い。
 また【影霊衣】は元より《ユニコールの影霊衣》や《儀式魔人リリーサー》による特殊召喚メタ能力を持ちあわせており、この効果だけのために採用するのは現実的ではない。

 (2)の効果は《創星神 sophia》の能力を受け継いだフィールド・墓地のカードを全て除外するリセット効果。
 しかし、あちらと異なり手札までは除外せず、発動時にカードをチェーンされる可能性もあり、安定しない。
 加えて儀式召喚に厄介な召喚制限がある上、この効果を発動するターンには通常召喚・特殊召喚が行えないという極めて重篤なデメリットを負っている。

 儀式召喚のためには、レベル合計が11になるように3種族のモンスターをフィールドに揃える必要があるので、難度が高い上に消耗が激しい。
 影霊衣はドラゴン族・戦士族・魔法使い族・サイキック族の4種族に分かれており、さらに儀式召喚をサポートする《マンジュ・ゴッド》・《リチュア・チェイン》・《ソニックバード》、そして儀式召喚した時に効果を付与できる儀式魔人なども採用できるため、種族面の縛りは比較的クリアしやすい。
 レベルに関しては、レベル4のモンスター2体とレベル3のモンスターを使うのが基本となる。
 しかし、(2)の効果を発動するターンには通常召喚・特殊召喚が行えないため、上記の条件を満たすモンスターをまず前のターンに用意し、《ヴァルキュルスの影霊衣》などで相手ターンをやり過ごす事が必要となる。
 だが、こうした不自然な動きをしている時点で自分がこのモンスターの儀式召喚を狙っている事は相手に筒抜けであり、このカードの効果に《エフェクト・ヴェーラー》などで妨害されてしまう可能性が高い。

 総じて、リターンは大きいものの発動までの障害や事故のリスクが高く、通常の構築の【影霊衣】では持て余す可能性が高い。
 このカードを使うならば、かなりの専用構築が必要になるだろう。
 《剣聖の影霊衣−セフィラセイバー》を投入した【セフィラ】なら、ペンデュラム召喚によってリリース要員を揃えやすく、ディスアドバンテージも軽減しやすい。
 《緊急儀式術》で相手ターンに儀式召喚するのも手であり、儀式召喚に成功した時の効果の特殊召喚制限の影響を抑えやすい。

  • 初のレベル11の儀式モンスターである。
    また、魔法使い族の中で最大の攻撃力・守備力を誇る。
  • 「そのフェイズの間」という表現が初めて用いられたカードである。

关联卡片

  • 影霊衣

―《sophiaの影霊衣》の姿が見られるカード

收录情况

  • クロスオーバー・ソウルズ CROS-JP038 Ultra,Ultimate,Secret

FAQ

Q:テキストには、『「影霊衣」儀式魔法カードにより降臨。それぞれ種族の異なる自分フィールドのモンスター3体を使用した手札からの儀式召喚でしか特殊召喚できない』と記載されていますが、どのように儀式召喚するモンスターですか?
A:テキストに記されている通り、それぞれ種族の異なる自分フィールドのモンスター3体を使用した手札からの儀式召喚でしか特殊召喚できないモンスターです。
  例えば、《影霊衣の降魔鏡》を発動し、自分フィールドの《影霊衣の大魔道士》(魔法使い族・レベル4)、《マンジュ・ゴッド》(天使族・レベル4)、《クラウソラスの影霊衣》(戦士族・レベル3)をリリースして、《sophiaの影霊衣》を儀式召喚する事になります。
  以下のような処理はいずれも行う事ができません。
  ・《クロス・ソウル》が適用された相手モンスターを儀式召喚のリリースに使用する
  ・《影霊衣の術士 シュリット》の(1)の効果を適用して1体のみで儀式召喚する
  ・《儀式魔人リリーサー》の効果や、《影霊衣の降魔鏡》の効果を使用して、墓地のモンスターを除外する
  ・《影霊衣の降魔鏡》等の効果を使用して、手札のモンスターをリリースに使用する
  ・《影霊衣の反魂術》の効果によって、墓地の《sophiaの影霊衣》を儀式召喚する
  ・《高等儀式術》の効果でデッキの通常モンスターを墓地へ送って儀式召喚する
  ・《影霊衣の万華鏡》の効果で、エクストラデッキのモンスターを墓地へ送って儀式召喚する (15/02/13)

Q:自分が既に他のモンスターを通常召喚・特殊召喚しているターンに、(2)の効果を発動する事はできますか?
A:できません。 (15/02/13)

Q:相手の《融合》の発動にチェーンして、(1)の効果が発動した場合、《融合》の処理はどうなりますか?
A:効果処理は適用されません。(15/02/13)

Q:(1)の効果が適用されている場合、相手は《聖霊獣騎 アペライオ》をテキストに記された方法によって特殊召喚する事はできなくなりますか?
A:できなくなります。(15/02/13)

Q:(1)の効果はいつまで適用される効果ですか?
A:その効果を発動したメインフェイズ1の間でのみ適用されます。(15/02/13)

Q:(2)の効果は、お互いのフィールド、墓地、全てにカードが1枚以上存在していなければ発動する事はできませんか?
A:いずれかのフィールドや墓地にカードが存在していない場合でも、(2)の効果を発動できます。(15/02/13)

Q:(1)の効果が適用されている場合、相手はシンクロ召喚やエクシーズ召喚も行えなくなりますか?
A:行えなくなります。(15/02/13)

Q:《マクロコスモス》の適用中に(1)の効果を発動する事はできますか?
A:できます。
  その場合、効果を発動するために、コストとして捨てたカードは除外されますが、効果処理は通常通り適用されます。(15/02/13)

Q:(2)の効果の発動にチェーンして《王宮の鉄壁》が発動された場合、処理はどうなりますか?
A:カードを除外する処理は適用されませんが、『この効果を発動するターン、自分は他のモンスターを通常召喚・特殊召喚できない』は適用されます。(15/02/13)

Q:(2)の効果の発動や効果が《光と闇の竜》や《スキルドレイン》の効果によって無効になった場合、自分は他のモンスターを通常召喚・特殊召喚する事はできますか?
A:効果の発動が《光と闇の竜》の効果によって無効になるような場合には、自分は他のモンスターを通常召喚・特殊召喚する事ができます。
  効果が《スキルドレイン》によって無効になるような場合には、自分は他のモンスターを通常召喚・特殊召喚する事はできません。(15/02/13)

Q:相手の《霊滅術師 カイクウ》の効果や《王家の眠る谷−ネクロバレー》の適用中、自分は(2)の効果を発動する事はできますか?
A:自分の及び相手の墓地に1枚以上がカードが存在する場合には、墓地のカードを除外する効果を含む効果となりますので、効果を発動する事自体ができません。
  自分及び相手の墓地にカードが1枚も存在しない場合には、効果を発動する事はできます。
 その場合、フィールドのカードを除外する処理は通常通り適用される事になります。 (15/02/13)


Tag: 《sophiaの影霊衣》 モンスター 星11 光属性 魔法使い族 儀式モンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター 攻3600 守3400 影霊衣 正規の方法以外での特殊召喚不可