EM(エンタメイト)モンキーボード/Performapal Monkeyboard》


ペンデュラム・効果モンスター(禁止カード)
星6/地属性/獣族/攻1000/守2400
【Pスケール:青1/赤1】
「EMモンキーボード」の(2)のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):もう片方の自分のPゾーンに「EM」カードが存在しない場合、
このカードのPスケールは4になる。
(2):このカードを発動したターンの自分メインフェイズに発動できる。
デッキからレベル4以下の「EM」モンスター1体を手札に加える。
【モンスター効果】
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
手札の「EM」モンスターまたは「オッドアイズ」モンスター1体を相手に見せる。
このターン、そのモンスター及び自分の手札の同名モンスターのレベルを1つ下げる。

 ブレイカーズ・オブ・シャドウで登場した地属性・獣族の上級ペンデュラムモンスター。
 発動したターンに下級EMをサーチするペンデュラム効果、EMが存在しない場合にペンデュラムスケールを4にするデメリット、自身を手札から捨てることでEM・オッドアイズのレベルを下げる起動効果を持つ。

 ペンデュラム効果はEM1枚をサーチする効果。
 ペンデュラムスケールは1であり、高いペンデュラムスケールを持つEMをサーチしてくることで、ペンデュラム召喚の準備を1枚で整える事が可能。
 EM以外がペンデュラムゾーンに置かれているとスケール4となるデメリットがあるが、自身がEMをサーチできるのでほとんどデメリットになっていない。
 現役時代には【EM】のペンデュラム召喚を安定させる核となり、環境の【EMEm】一強化に大きく貢献した。

 現役時代は無制限カードだった《EMドクロバット・ジョーカー》でサーチできるので、手札に加えるのも容易。
 更にこのカードで《EMドクロバット・ジョーカー》のサーチも可能で、高スケールのEMを直にサーチせず、間に《EMドクロバット・ジョーカー》を挟むことで1枚分のアドバンテージを得られる。
 (2)のペンデュラム効果を使った後はデメリットしかないカードになるので、《EMペンデュラム・マジシャン》をペンデュラム召喚してその効果で破壊し、2枚目のこのカードをサーチするとよい。
 相手の妨害でサーチに失敗した場合は邪魔になりやすいので、《揺れる眼差し》などのアフターケアを用意するのは有効な手段となる。
 もう片方のペンデュラムゾーンが開いているなら《竜剣士ラスターP》を置き、2枚目のこのカードをサーチしてしまうのもよい。

 一方、モンスター効果は自身を手札から捨てて手札のモンスターのレベルを1下げるというもので、使い途に乏しい。
 ペンデュラムゾーンに置き《EMオッドアイズ・ユニコーン》をサーチすればレベルを下げずとも展開できるので、このモンスター効果を使う機会はまずない。

 このカードと、このカードでサーチできる高スケールEM、《EMドクロバット・ジョーカー》の3種を出張させるだけで、ほとんどのデッキにペンデュラム召喚を組み込む事ができた。
 既存のデッキに上乗せするだけで機能したのも同種の出張候補の中で一線を画していた。
 今のところペンデュラム召喚先に制限のないEMで最も高いスケールを持つのは《EMオッドアイズ・ユニコーン》の8であり、この2枚でレベル2〜7のペンデュラム召喚が可能。
 サーチ先としてはスケール6の《EMリザードロー》がドロー効果もあるため特に使いやすかった。
 またこのカードのサーチ先を通常のドローで引いてしまうのを防ぐため、デッキ枚数を多くするのも有効な戦略であった。
 ペンデュラム召喚の用途でなくても、《EMヒックリカエル》のような攻守を変動させるEMをサーチする事で、戦闘破壊を行う事によって効果を発揮するカードを補助するのにも使える。
 他の攻守変動カードに比べてサーチが行えるというのは大きい。

  • このカードの登場以降、【EMEm】のペンデュラム召喚の安定性が大幅に向上し、環境は【EMEm】の一強状態となってしまった。
    このカード1枚でペンデュラム召喚に繋げられる上に、《EMドクロバット・ジョーカー》とお互いをサーチし合えるため、手札に加えることが非常に容易だった。
    Emダメージ・ジャグラー》や《Emヒグルミ》が禁止カードとなって【EMEm】が消滅するも、【EM竜剣士】でキーカードとして暴れまわってしまった。
    他にもこのカードと《EMドクロバット・ジョーカー》の出張が横行し、デッキの幅がなくなってしまう元凶にもなってたため、16/04/01において禁止カードに指定された。
  • 登場してから禁止カードに指定されるまでの期間は167日で、奇しくも同じく【EMEm】などで共に活躍していた《Emヒグルミ》と最速タイ記録である。
    • 余談ではあるが、このカードが規制された2016年はうるう年であった。
      もしそうでない年であったならば2月29日がない分だけ1日短くなり、このカードが禁止指定単独最速になっていたであろう。
  • 海外でも【PePe】の流行の兆しがあったためか、2016/02/08の特別制限改訂でなんと登場後24日という驚くべき早さで制限カードに指定されている。
    半年後の2016/08/29には日本に続く形で禁止カードに指定されている。
  • モチーフは見た目の通り「モンキー(猿)」と「キーボード」だろう。
  • アニメではレアリティがレアで、ペンデュラム効果には(1)のデメリットはなく、更に(2)の効果は同名カードの発動に制限がない上に毎ターン発動できた。
    カードプールの豊富なOCGに登場するにあたり大幅に弱体化されたが、それでも十二分なパワーカードであったことは上述の通り。
    なお、モンスター効果は一部が指で隠されていたので全てのテキストを見ることができない。
    ただ残りのテキストから察するに、手札ではなくフィールドで発動し、手札のモンスターのレベルをターン終了時まで1つ上げるか下げるかをどちらかを選ぶ効果のようである。
  • 「遊矢vs勝鬨」(2戦目)で遊矢が使用した通常罠《アクロバット・タワー》のイラストに描かれている。
  • ARC-V 最強デュエリスト遊矢!!の「遊矢vsSSマスク」戦でも遊矢が使用。
    EMリザードロー》と共にペンデュラムゾーンに置かれペンデュラム召喚に繋げた。
    「遊矢vs北斗」戦では手札からペンデュラム召喚され北斗に直接攻撃を決めている。
    手で相手を引っかくという攻撃方法である。
  • 上記の「遊矢&黒咲vsグロリア&グレース」戦(第108話・2016/6/5放送)で使用された時点では、既にこのカードは禁止カードである。
    シリーズ2作品目となるアニメGXの中盤あたりからは、例えキャラクターが以前に使用したカードでも禁止カードに指定された場合はデュエルに使用されなくなるのが一般的であった。
    しかし、このカードの登場以降は《Emヒグルミ》や《Emダメージ・ジャグラー》といった禁止カードが立て続けに登場しており、ある種の方針転換を示唆した登場と言える。
  • なお、これらのカードが禁止カードに指定された後の登場回ではモンスター効果やペンデュラム効果が使用されておらず、各種素材や壁の役割に留まっている。
    このカードの場合ペンデュラムゾーンに置いてペンデュラム効果を使った方が戦況的に良かったことも加味すると、恐らくは効果を使わせることを意図的に控えているものと思われる。
  • 2016年4月〜9月におけるOP・ED映像にも登場していた。

关联卡片

  • EM
  • オッドアイズ

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【EM】
  • 【EMEm】

收录情况

  • ブレイカーズ・オブ・シャドウ BOSH-JP003

Tag: 《EMモンキーボード》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星6 地属性 獣族 攻1000 守2400 スケール1 EM