EM(エンタメイト)ビッグバイトタートル/Performapal Bit Bite Turtle》


ペンデュラム・効果モンスター
星3/水属性/爬虫類族/攻 800/守1200
【Pスケール:青3/赤3】
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札の「EM」モンスターまたは「オッドアイズ」モンスター1体を相手に見せる。
このターン、そのモンスター及び自分の手札の同名モンスターのレベルを1つ下げる。
【モンスター効果】
(1):このカードが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを破壊したモンスターを破壊する。

 ブレイカーズ・オブ・シャドウで登場した水属性・爬虫類族の下級ペンデュラムモンスター。
 手札のEM・オッドアイズのレベルを下げるペンデュラム効果、自身を戦闘破壊したモンスターを破壊する誘発効果を持つ。

 ペンデュラム効果は手札のEMまたはオッドアイズのレベルを1下げる効果。
 主にペンデュラム召喚のレベル調整として使用できるが、《竜穴の魔術師》を用いれば【EM】の主要モンスターはほとんどペンデュラム召喚できるので、この効果が必要になる場面は少ない。
 レベル8の《EMラフメイカー》をペンデュラム召喚したい場合には役立ち、ペンデュラムスケール8を併用する必要はあるが手札から出せるようになる。
 一応、レベル5・7のEM・オッドアイズのレベルを下げ、リリースを軽減しての通常召喚を狙うこともできる。

 モンスター効果は《黄泉へ渡る船》と同様に自身を戦闘破壊した相手モンスターを破壊する効果。
 ペンデュラムモンスターなのでフィールドに複数回出しやすいため、相手の攻撃の牽制として使用できる。
 アニメ同様に、《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》のペンデュラム効果で戦闘ダメージをなくしつつ自爆特攻することも考えられる。
 だが、あちらはペンデュラム効果やペンデュラムスケールの都合から長期間ペンデュラムゾーンに置きにくいので、無理なくコンボできる時にのみ狙うと良いだろう。

 《キングレムリン》でサーチできる爬虫類族のペンデュラムモンスターという利点もあり、《EMリザードロー》、《EMパートナーガ》などとの使い分けもしやすい。

  • 名前の由来は「カミツキガメ(Chelydra serpentina)」だろう。
    爬虫綱カメ目カミツキガメ科カミツキガメ属の総称であり、その名の通り噛み付く力が強く、長くて柔軟な首を持つ。
    また相手モンスターを破壊して退場させる事から、「グッバイ」とも掛けているのかもしれない。
    英語名では、「Bite(噛み付く)」とその過去形の「Bit」を重ねている。
  • アニメでのペンデュラム効果はレベルを下げられるモンスターには制限がなかったが、代わりに同名カードには影響しなかった。
  • 「遊矢vs勝鬨」(2戦目)で遊矢が使用した通常罠《アクロバット・タワー》のイラストに描かれている。

关联卡片

  • EM
  • オッドアイズ

收录情况

  • ブレイカーズ・オブ・シャドウ BOSH-JP005

Tag: 《EMビッグバイトタートル》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星3 水属性 爬虫類族 攻800 守1200 スケール3 EM