《オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン/Odd-Eyes Gravity Dragon》


儀式・効果モンスター
星7/地属性/ドラゴン族/攻2800/守2500
「オッドアイズ・アドベント」により降臨。
「オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。
相手フィールドの魔法・罠カードを全て持ち主の手札に戻す。
この効果の発動に対して相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は500LPを払わなければ、カードの効果を発動できない。

 ブレイカーズ・オブ・シャドウで登場した地属性・ドラゴン族の儀式モンスター。
 特殊召喚に成功した時に相手の魔法・罠カードを全てバウンスする誘発効果、相手の効果の発動にライフコストを課す永続効果を持つ。

 (1)の効果は、特殊召喚に成功した時に相手の魔法・罠カードを全てバウンスする効果。
 チェーン封じの能力が付いているため《奈落の落とし穴》や《強制脱出装置》などで除去される心配もなく、1ターンキルの補助として大いに役立つ。
 儀式召喚以外の特殊召喚でも発動できるので、《リビングデッドの呼び声》等で相手のエンドフェイズで特殊召喚すれば、擬似エンドサイクにもなる。
 しかし、チェーンを封じることができるのはあくまでこの効果に対してのみであることには注意。
 自分がこの効果にチェーンして何らかの効果を発動すると、相手もそれに対して効果をチェーン発動できてしまう。
 そのため、できる限りこの効果の後にチェーンを積むのは控えたい。

 (2)の効果は、相手の効果の発動にライフコストを課す効果。
 効果の発動を複数回行うデッキはほぼ全部であり、相手の展開時に大きくライフを削れる。
 似た効果を持つ《真紅眼の鋼炎竜》と異なり、ダメージではないので回避しにくく、発動時にライフコストとして払わせるのが特徴。
 その性質上、効果処理が終わる前に除去や無効化を受けるとダメージを与えられないという弱点があるあちらよりも拘束力は高い。

 しかし、儀式モンスター特有の儀式召喚時のディスアドバンテージをいかに抑えるかが課題となる。
 《オッドアイズ・アドベント》を使用する際のリリース要員もペンデュラムモンスターに限定されてしまっているのが痛い。
 この課題に関しては、儀式召喚主体のデッキなのか、オッドアイズもしくはペンデュラム召喚が主体のデッキなのかで対応が異なってくる。
 また、どちらにも当てはまる弱点として、専用の儀式魔法を発動する時点で狙いがばれてしまうため、それ自体をカウンターされるというものもある。
 《オッドアイズ・アドベント》を用いる場合は、手札コスト等で墓地へ送った後で儀式召喚するのも有効な手段である。
 いっそのこと、儀式魔法をリリース要員を指定しない《大地讃頌》で代用するのも手か。

 《高等儀式術》ならディスアドバンテージを大きく抑えられる上に、《儀式の準備》に対応しているので、《高等儀式術》を採用する【儀式召喚】なら採用の余地はあるだろう。
 中でも《竜穴の魔術師》はレベル7の通常モンスター兼ペンデュラムモンスターであり、《高等儀式術》・《オッドアイズ・アドベント》のどちらも儀式召喚に利用できる。
 特殊召喚であれば儀式召喚でなくても効果を発動できるため、《限定解除》で強引に特殊召喚するのも、【儀式召喚】ならではのプレイングである。

 一方、オッドアイズを多用する【EM】や【魔術師】は儀式召喚とはほとんど関係のないデッキなので、儀式召喚関連のサポートカードは投入しにくい。
 だが、代わりに《オッドアイズ・アドベント》にも対応したオッドアイズ関連のサポートカードがあるのが強みである。
 《オッドアイズ・アドベント》は《天空の虹彩》で、このカードはそれに加えて《EMドクロバット・ジョーカー》でもサーチできる。
 特に《天空の虹彩》は、自分のモンスターを破壊する事で、《オッドアイズ・アドベント》でエクストラデッキを利用するための条件を補助する事もできる。
 エクストラデッキの利用がなくても、元々ペンデュラムモンスターが豊富なのでリリースには困らず、フィールドからリリースすればペンデュラム召喚で再利用ができる分ディスアドバンテージも抑えられる。

  • (2)の効果について。
    • 2体いる場合、相手は1000ライフポイントを払わなくてはならなくなる。
    • ライフポイントが500未満の場合は、強制発動の誘発効果も発動自体がしなくなる。
    • クリフォート・ツール》のペンデュラム効果を使いたい場合、まずペンデュラムゾーンに置くために500、ペンデュラム効果を発動する時に500、ペンデュラム効果のライフコストとして800を支払わなければならない。
    • ヒュグロの魔導書》を発動する場合、「カードの発動」時はもちろん、「残存効果による効果の発動」時にもその都度500ポイント支払う必要がある。
    • おとり人形》《終焉の地》の効果で別のカードを発動する場合も、その分のライフコストが必要になる。
    • 「カードの効果を受けない」状態のモンスターが効果を発動する場合もライフコストが必要となる。
  • (1)のような効果の場合、一般に、特殊召喚に成功すればチェーンが組めない裏返しで、特殊召喚そのものの無効には無力という弱点がある。
    このカードの場合は儀式魔法等の他のカードの効果処理でしか特殊召喚がされない性質上、このカード自身に特殊召喚無効が打たれる心配はない。
    これにより相手は儀式魔法の発動宣言の段階でこのカードの対策をせねばならず、このカードも出せる儀式魔法への対応にブラフや駆け引きが発生する。
  • 同じタイミングで発動する誘発効果でチェーンを積み、最後にこのカードの(1)の効果を発動する事で、それ以前のチェーンにある効果も安全に通す事ができる。
    ただし、リリースされる事で効果を発動するモンスターを儀式召喚の際にリリースする、特殊召喚に成功した時の効果を持つモンスターを《ソウル・チャージ》でこのカードと一緒に展開する等、活用できる場面はそう多くない。
    チェーンの積み方に関しては誘発効果・同時に複数のカードが発動した場合を参照のこと。
  • (2)の効果によるライフポイントを払う行為はカードの効果を発動する際のコストではない。
    そのため、《解放のアリアドネ》のペンデュラム効果が適用されている際にカウンター罠を発動する場合もライフポイントを払う必要がある。
    キャッシュバック》のトリガーにもできない。
  • このカードの登場によって、儀式・融合・シンクロ・エクシーズの全てのオッドアイズモンスターが揃う事になった。
    あえて挑戦する必要は全くないが、それらのモンスターで《創星神 sophia》の特殊召喚を狙ってみるのもまた一興だろう。

关联卡片

  • オッドアイズ
  • チェーンされない効果を持つカード

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【オッドアイズ】

收录情况

  • ブレイカーズ・オブ・シャドウ BOSH-JP043 Ultra,Ultimate,Secret

FAQ

(2)の効果について

Q:《おとり人形》で罠カードを発動する場合、500のライフポイントは必要ですか?
A:はい、必要です。
  払えない場合は、効果が無効になり破壊されます。(16/06/18)

Q:相手の《終焉の地》にチェーン《リビングデッドの呼び声》で《オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン》を特殊召喚した場合、フィールド魔法の発動に500のライフポイントは必要ですか?
A:はい、必要です。(16/06/18)


Tag: 《オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン》 モンスター 儀式モンスター 特殊召喚モンスター 効果モンスター 星7 地属性 ドラゴン族 攻2800 守2500 オッドアイズ