(あお)()巫女(みこ)/Priestess with Eyes of Blue》


チューナー・効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻   0/守   0
「青き眼の巫女」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):フィールドの表側表示のこのカードが効果の対象になった時に発動できる。
自分フィールドの効果モンスター1体を選んで墓地へ送り、
デッキから「ブルーアイズ」モンスターを2体まで手札に加える(同名カードは1枚まで)。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドの「ブルーアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のデッキに戻し、このカードを墓地から特殊召喚する。

 Vジャンプ(2016年1月号) 付属カードで登場した光属性・魔法使い族の下級モンスターのチューナー。
 効果の対象になった時自分の効果モンスター1体を墓地へ送ってブルーアイズを2種類までサーチする誘発即時効果、自分フィールドのブルーアイズ1体をデッキに戻して自己再生する起動効果を持つ。

 (1)の効果は効果の対象となった時に効果モンスター1体と引き換えにブルーアイズ2種類までをサーチする効果。
 墓地へ送るのは自分の効果モンスターであれば良いので効果の対象となった自身を墓地へ送ることもできる。
 トリガーとして相性の良いカードに関しては類似した発動条件を持つ《聖刻龍−ドラゴンヌート》や《青き眼の乙女》を参照。
 ただし、効果の対象になった自身を墓地へ送る場合、《マスク・チェンジ・セカンド》などは不発になる。
 特に、同じブルーアイズのサポートカードである《青き眼の賢士》等との兼ね合いには十分気をつけたい。
 それらも対象のモンスターを墓地へ送るので、両方を適用するにはこちらの効果で墓地へ送る効果モンスターを別途で用意しなければならない。

 このカードでサーチできるブルーアイズは《白き霊龍》以外は《ドラゴン・目覚めの旋律》でもサーチできる上に、あちらは同名カード2枚をサーチすることも可能である。
 カード消費で比較すると、このカードを対象にするカード、墓地へ送る効果モンスターの2枚を使うことになるので《ドラゴン・目覚めの旋律》と同様の2:2交換になるケースが多い。
 このカードはモンスターカード故に《青き眼の賢士》や《光の霊堂》・《ワン・フォー・ワン》等の様々なサポートカードを《青き眼の乙女》と共有できる。
 このカードを出す手間もあるため、サーチ効果の利用には《青き眼の賢士》などとのコンボを狙うことになる。

 (2)の効果は自己再生効果だが、ブルーアイズをデッキに戻す必要がある。
 現段階でブルーアイズは最上級モンスターと特殊召喚モンスターしかいないので、このカードを蘇生させるためだけに戻すのはあまりにもったいない。
 《青眼の白龍》を墓地へ送りつつカード名をコピーできる《E・HERO プリズマー》を使えば負担の軽減にはなる。
 あるいは《伝説の白石》のサーチ対象や《青き眼の乙女》のリクルート先を確保したり、早急にシンクロ召喚の必要性があるなどの状況になるときが使いどころか。
 《光の霊堂》の(2)の効果は手札・デッキに通常モンスターが必要になるので、《青眼の白龍》を戻すことで尽きることを防げる。

  • 収録されたVジャンプによると『劇場版「遊☆戯☆王」連動企画』の1枚目であり、『「青眼」復活伝説』の始まりのカードであるとの事。
    記事では続くカードとして《青眼の亜白龍》《青眼の双爆裂龍》が紹介されている。
  • ステータスは《青き眼の乙女》と一致しており、カード名・イラスト・効果にも類似点が見られる。

关联卡片

  • 青き眼
  • ブルーアイズ

―イラスト関連

―《青き眼の巫女》の姿が見られるカード

收录情况

  • Vジャンプ(2016年1月号) 付属カード VJMP-JP110 Ultra

FAQ

(1)の効果について

Q:ダメージステップに発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(15/11/21)

Q:この効果で裏側表示の効果モンスターを墓地へ送る事ができますか?
A:いいえ、できません。(15/11/20)

(2)の効果について

Q:この効果で対象に選択した融合モンスター等がエクストラデッキに戻った場合でも特殊召喚する処理は行われますか?
A:はい、行われます。(15/11/20)


Tag: 《青き眼の巫女》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星1 光属性 魔法使い族 攻0 守0