EM(エンタメイト)オッドアイズ・ユニコーン/Performapal Odd-Eyes Unicorn》


ペンデュラム・効果モンスター
星1/光属性/獣族/攻 100/守 600
【Pスケール:青8/赤8】
(1):このカードがPゾーンに存在する限り1度だけ、
自分の「オッドアイズ」モンスターの攻撃宣言時、
そのモンスター以外の自分フィールドの「EM」モンスター1体を対象として発動できる。
その攻撃モンスターの攻撃力はバトルフェイズ終了時まで、
対象のモンスターの元々の攻撃力分アップする。
【モンスター効果】
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
自分の墓地の「EM」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力分だけ自分はLPを回復する。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した光属性・獣族の下級ペンデュラムモンスター。
 攻撃するオッドアイズにEM1体の攻撃力を加算するペンデュラム効果、自分の墓地のEM1体の攻撃力分だけライフを回復する誘発効果を持つ。

 デメリットのないスケール8のEMである。
 サーチ可能な《EMドクロバット・ジョーカー》も併用すれば安定したペンデュラム召喚を狙え、他のデッキでも利用できる。
 しかし、ペンデュラム効果はEMとオッドアイズ両方が必要になるので出張させるデッキによってはペンデュラム効果がないも同じになる。

 ペンデュラム効果はオッドアイズを強化する効果。
 オッドアイズ・EMを併用する事が前提の効果である。
 《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》は、エクストラデッキに置きつつこのカードをサーチできるため相性はよい。
 次のターンに、このカードで《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》をペンデュラム召喚することもでき、その際にEMを並べておけば、このカードと戦闘ダメージを倍にする効果と併せて大きなダメージを見込める。

 モンスター効果は墓地のEMの攻撃力分ライフ回復する効果。
 EMは墓地に存在しにくいペンデュラムモンスターも多いので、この効果を有効利用できる場面は限られる。
 召喚すると低い攻撃力をさらすため、可能な限り特殊召喚から狙いたい。
 《EMオッドアイズ・メタル・クロウ》は攻撃力が高く、墓地に置かれるモンスターなのでこの効果を利用しやすい。
 召喚後のこのカードを融合素材にして処理することもできる。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vで遊矢が使用するオッドアイズの1体。
    初登場は「遊矢vsデュエルチェイサー227」戦であり、《EMオッドアイズ・ライトフェニックス》と共にペンデュラムゾーンに置かれた。
    そして《オッドアイズ・ドラゴン》扱いとなった《EMボットアイズ・リザード》が攻撃する際に、ペンデュラム効果で《EMホタルクス》の攻撃力を加算した。
    最終的に、《EMオッドアイズ・ライトフェニックス》のペンデュラム効果で破壊された。
    「遊矢&権現坂vsBB」戦でも使用され、《EMシールドンドコ》と共にペンデュラムゾーンに置かれてペンデュラム召喚に繋いだが、その後《剣闘獣ベストロウリィ》の効果によって破壊された。
    「遊矢vs黒咲」戦ではペンデュラム召喚に利用された後に《オッドアイズ・ランサー・ドラゴン》の(4)の効果で手札に戻され、続いてあちらの(5)の効果の手札コストとして墓地へ送られた。
    ただし、《オッドアイズ・ランサー・ドラゴン》の(4)の効果のテキストには「オッドアイズモンスター1体を持ち主の手札に戻し」と書かれており、本来ペンデュラムゾーンのこのカードは戻せないはずである。
  • アニメでのペンデュラム効果は、攻撃するオッドアイズが対象であり、攻撃力を参照するのは表側攻撃表示のEMで、回数制限は1ターンに1度だった。
    また、モンスター効果は、自分のEMとオッドアイズの攻撃力を、自分モンスターゾーンのEMとオッドアイズの数×100アップするというものだった。

关联卡片

  • EM
  • オッドアイズ

―《EMオッドアイズ・ユニコーン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【EM】
  • 【オッドアイズ】

收录情况

  • シャイニング・ビクトリーズ SHVI-JP004 Rare

Tag: 《EMオッドアイズ・ユニコーン》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星1 光属性 獣族 攻100 守600 スケール8 EM オッドアイズ