(しろ)霊龍(れいりゅう)/Dragon Spirit of White》


効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
このカードはルール上「ブルーアイズ」カードとしても扱う。
(1):このカードは手札・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
(3):相手フィールドにモンスターが存在する場合、
このカードをリリースして発動できる。
手札から「青眼の白龍」1体を特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した光属性・ドラゴン族の最上級モンスター。
 ブルーアイズとして扱う効果外テキスト、手札・墓地で通常モンスターとなるルール効果、召喚・特殊召喚に成功した時に相手フィールドの魔法・罠カードを除外できる誘発効果、特定の条件で《青眼の白龍》を特殊召喚する誘発即時効果を持つ。

 ルール上ブルーアイズとして扱われるため、青き眼を初めとするブルーアイズのサポートカードに対応する。
 また、(1)の効果により手札・墓地では通常モンスター扱いとなり、一部の通常モンスターサポートを《青眼の白龍》と共有できる。
 《銀龍の轟咆》や《思い出のブランコ》・《蒼眼の銀龍》等の蘇生手段を利用でき、(2)の除去効果の複数回発動も狙える。
 ただしフィールド・デッキでは効果モンスターなので、《召喚師のスキル》等には対応せず、《蒼眼の銀龍》のシンクロ素材にもできない。

 (2)は召喚・特殊召喚に成功した時に相手フィールドの魔法・罠カード1枚を除外する効果。
 墓地で発動する効果を封じられる他、ペンデュラムゾーンにあるペンデュラムモンスターの再利用も防ぐ事ができる。
 ただし「時」の任意効果なので、チェーン2以降での特殊召喚や特殊召喚後に別の処理が挟まる場合はタイミングを逃して発動できない。
 【青眼の白龍】でも採用しやすい《銀龍の轟咆》を使う際には特に注意したい。

 (3)は相手フィールドにモンスターが存在する場合に自身をリリースして手札から《青眼の白龍》を特殊召喚する効果。
 発動条件が付いてフリーチェーンになった《正義の味方 カイバーマン》といったところ。
 《青眼の白龍》の展開手段としては重いが、効果の対象になった際のサクリファイス・エスケープには有効か。
 単純にステータスアップができるため、自分のバトルフェイズで追撃する手段として使用するのもよいだろう。
 また、(2)の効果にチェーンして発動することで、《スキルドレイン》を突破することもできる。

 《巨神竜フェルグラント》・《復活の福音》などに対応するため、(2)の効果を目的にそれらと組み合わせても良い。
 (1)の効果により《竜の霊廟》とも好相性である。

  • (1)の効果は、フィールド・墓地で通常モンスター扱いになるデュアルや、手札のみで通常モンスターとして扱う《始祖神鳥シムルグ》のいずれとも異なる。
    手札では《古のルール》や《ホーリーフレーム》に、墓地では《銀龍の轟咆》や《竜の霊廟》、《闇の量産工場》などにも対応している。
    また、手札・墓地にある場合、聖刻の効果で特殊召喚することもでき、その場合ステータスは0になるが、(2)の効果を発動することができる。
  • 原作「記憶編」では、《青眼の白龍》は「白き龍」と呼ばれ、少女キサラに宿る精霊(カー)だった。
    カード名はそれに由来するのだろう。

关联卡片

  • ブルーアイズ

−特定のカテゴリカードとしても扱うカード

―《白き霊龍》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【青眼の白龍】

收录情况

  • シャイニング・ビクトリーズ SHVI-JP018 Ultra,Ultimate,Secret

Tag: 《白き霊龍》 モンスター 効果モンスター 星8 光属性 ドラゴン族 攻2500 守2000 ブルーアイズ