太古の白石(ホワイト・オブ・エンシェント)/The White Stone of Ancients》


チューナー・効果モンスター
星1/光属性/ドラゴン族/攻 600/守 500
「太古の白石」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「ブルーアイズ」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の
「ブルーアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した光属性・ドラゴン族の下級モンスターのチューナー。
 墓地へ送られたターンのエンドフェイズにブルーアイズをリクルートする誘発効果、墓地コストでブルーアイズをサルベージする起動効果を持つ。

 (1)の効果はこのカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズにブルーアイズモンスター1体をリクルートする効果。
 特殊召喚されるのはエンドフェイズと遅いが、どんな方法で墓地へ送られた場合でもよい。
 単純にセットして相手による戦闘破壊を狙う他、シンクロ素材や手札コスト等にしても良い。
 《金華猫》で蘇生させて《フォーミュラ・シンクロン》をシンクロ召喚すれば、1ドローしつつブルーアイズを特殊召喚でき、相手ターンにレベル10のシンクロ召喚も可能。
 また、ランク1エクシーズモンスターのエクシーズ素材として抱えておくのも良い。
 相手ターンのエンドフェイズに《白き霊龍》を特殊召喚すれば疑似エンドサイクとなるため、このカードを相手ターンに墓地へ送ることができれば魔法・罠カードのセットを牽制できる。

 こちらの効果に1ターンに1度の制限はないため、《連鎖破壊》などで2枚以上墓地に送れば枚数分だけリクルートできる。
 ただし、エンドフェイズ時に発動する効果のため、1枚を2回以上墓地に送ってもその回数だけ効果を発動するといったことはできない。

 (2)の効果は墓地のこのカードを除外し、ブルーアイズモンスターをサルベージする効果。
 サルベージ候補の筆頭は実質ノーコストで手札から特殊召喚できる《青眼の亜白龍》またはその召喚条件となる《青眼の白龍》か。
 その他、ピン挿しのブルーアイズ融合モンスター・シンクロモンスターを再利用するためにも使用できる。
 ただし、(1)の効果を使用するためにはエンドフェイズ時に墓地にこのカードが存在していないければならないため、(1)の効果を使用する場合はこちらの効果の使用は控えたい。

关联卡片

  • ブルーアイズ

デッキから特殊召喚できるブルーアイズ

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【青眼の白龍】

收录情况

  • シャイニング・ビクトリーズ SHVI-JP022 Rare

Tag: 《太古の白石》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星1 光属性 ドラゴン族 攻600 守500