EM(エンタメイト)インコーラス/Performapal Parrotrio》


ペンデュラム・効果モンスター
星3/風属性/鳥獣族/攻 500/守 500
【Pスケール:青2/赤2】
(1):1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンに「EMインコーラス」以外の
「EM」カード、「魔術師」カード、「オッドアイズ」カードの内、
いずれかが存在する場合に発動できる。
このカードのPスケールはターン終了時まで7になる。
【モンスター効果】
(1):このカードが戦闘で破壊された場合に発動できる。
デッキからPモンスター以外の「EM」モンスター1体を特殊召喚する。

 STARTER DECK(2016)で登場した風属性・鳥獣族の下級ペンデュラムモンスター。
 自身のペンデュラムスケールを変更するペンデュラム効果、戦闘破壊された場合にペンデュラムモンスター以外のEMをリクルートする誘発効果を持つ。

 ペンデュラムスケールを変更するペンデュラム効果を持ち、このカード1枚で大小のスケールを使い分けることができる。
 【EM】の主要サーチャーである《EMドクロバット・ジョーカー》、《EMペンデュラム・マジシャン》は共に制限カードであるため、ペンデュラムモンスターのスケール同士が噛み合わない事故を軽減するために採用が検討できる。
 また、積極的にペンデュラムゾーンに置きたいもののペンデュラムスケールが半端な《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》と同時に使用して、柔軟性を補うことも考えられる。

 戦闘破壊をトリガーとし、ペンデュラムモンスター以外のEMを出せるリクルーターである。
 リクルート候補としては、サーチ効果を持つ《EMヘイタイガー》か《EMセカンドンキー》、攻撃力2600を持つアタッカー役の《EMハンマーマンモ》、除去効果を持つ《EMスライハンド・マジシャン》や、永続魔法を再利用できる《EMスカイ・マジシャン》などが挙げられる。
 相手ターンに発動する場合は、一度だけだが壁になる《EMアメンボート》や《EMギッタンバッタ》も選択肢となる。
 また、自爆特攻でも発動可能であり、ペンデュラム召喚で毎ターンフィールドに呼び出せば継続的なリクルートも可能だが、このカードは攻撃力が低いのでダメージの管理には気を付けたい。

  • リクルートできるEMはこちらを参照。
  • 名前の由来は「インコ」+「コーラス」だろう。
    • 英語名はParrot(オウム)+Trio(3人組)で、こちらも韻を踏んでいる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-V第126話において、榊遊勝が赤馬零王との過去を語る際に、リアルソリッドビジョンで実体化させた。
    この時、遊勝のデュエルディスクに置かれていたカードの枠は普通の効果モンスターのものだったので、アニメのこのカードはペンデュラムモンスターではないと思われる。
    ペンデュラムモンスターは遊勝がスタンダード次元を去った後に生まれたカードであり、彼がペンデュラムモンスターを所持していないのは当然の話である。
    遊矢がペンデュラムモンスター版のこのカードを持っているかは不明。

关联卡片

  • EM
  • 魔術師
  • オッドアイズ

―《EMインコーラス》の姿が見られるカード

收录情况

  • STARTER DECK(2016) ST16-JP005 Super

Tag: 《EMインコーラス》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星3 風属性 鳥獣族 攻500 守500 スケール2 EM