《オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン/Odd-Eyes Persona Dragon》


ペンデュラム・効果モンスター
星5/闇属性/ドラゴン族/攻1200/守2400
【Pスケール:青1/赤1】
(1):自分フィールドの「オッドアイズ」Pモンスター1体を対象とした
相手の効果が発動した場合、そのターンのエンドフェイズに発動する。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚し、
自分のエクストラデッキから「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」以外の
表側表示の「オッドアイズ」Pモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。
【モンスター効果】
(1):1ターンに1度、エクストラデッキから特殊召喚された
表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 Vジャンプ(2016年5月号) 付属カードで登場した闇属性・ドラゴン族の上級ペンデュラムモンスター。
 自身をペンデュラムゾーンから特殊召喚してエクストラデッキから同名カード以外のオッドアイズをペンデュラムゾーンに置くペンデュラム効果、エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターの効果を無効にする誘発即時効果を持つ。

 ペンデュラム効果は自身を特殊召喚した上でペンデュラムゾーンを張り替える効果。
 ただし発動条件とタイムラグがある上に、このカードの存在は筒抜けなので狙い通りに発動できるかは怪しいところである。
 また、トリガーとなった効果自体やその発動を無効にするわけではないので、対象をとる効果を牽制する役目としても不安が残る。
 無理に発動を狙うよりは、デメリットのないペンデュラムスケール1のオッドアイズとして使用するのが無難だろう。
 《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》に張り替え、サーチ効果を使う手もある。

 モンスター効果はエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターの効果を1ターンのみ無効にできる効果。
 現在ではエクストラデッキを使わないデッキは極わずかであり、フリーチェーンなので汎用性も高い。
 自身のステータスは然程高くないが、モンスター効果でステータスを決めるモンスターに対しては有効であり、壁として使える守備力も持ち合わせる。
 この効果は自分モンスターにも発動できるので、《セイヴァー・スター・ドラゴン》等を維持させる事もできる。

 《天空の虹彩》でサーチ可能な低スケールとしては、同じレベルの《EMオッドアイズ・ライトフェニックス》も存在する。
 こちらはより低いスケールとモンスター効果の汎用性で勝っており、純粋な【オッドアイズ】に採用する場合はこちらを優先したい。
 一方、あちらはEMでもあるので、より多くのサポートカードに対応している。
 他に投入するカードとの相性を考慮してどちらを優先させるか、あるいは両方を併用するかをよく考えておきたい。

  • ペンデュラム効果について。
    • 特殊召喚と置く行為は同時扱い。
    • このカードがペンデュラムゾーンに置かれている状態でオッドアイズが対象となった場合に、エンドフェイズに発動する。
      なお、そのオッドアイズを対象にした効果が無効になっていても、《シフトチェンジ》でオッドアイズ以外に移されていても、《オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン》のペンデュラム効果は発動する。
    • 強制効果であり、モンスターゾーンに空きがない場合でも発動してしまう。
      この場合、《オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン》自身も失い、ペンデュラムゾーンにカードも置けないという酷い損害となる。
    • エクストラデッキに表側表示のオッドアイズがない場合、《オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン》の特殊召喚のみが処理される。
    • 永続効果などで特殊召喚が封じられている場合、《オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン》の効果は発動するが、このカードはペンデュラムゾーンに残り、ペンデュラムゾーンに置く効果は処理されない。
  • モンスター効果について。
    • 「効果を持たないモンスター」に対し発動することはできない。
    • 効果モンスターであれば、効果外テキストしか持たないモンスターであっても対象にできる。
  • 種族以外のステータスとペンデュラムスケールが《星読みの魔術師》と同じになっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    漫画ARC-Vで遊矢が使用するモンスターの1体。
    初登場は「遊矢vs沢渡」戦だが、この時はステータスとペンデュラムスケールしか明らかにならず、効果の詳細は不明だった。
    効果が明らかになったのは「遊矢vs黒咲」戦であり、自身のペンデュラム効果でモンスターゾーンの《オッドアイズ・ファントム・ドラゴン》と入れ替わる形で特殊召喚される。
    更にモンスター効果で《RR−ブレード・バーナー・ファルコン》の効果を無効にして攻撃、フィニッシャーとなった。
    攻撃名は「仮面の衝撃(バイト・ノット・インパクト)」。
  • 漫画版の効果は以下の通り。
    総合的に見てOCG化の際に弱体化されている。
  • ペンデュラム効果にはOCGに見られるような発動条件は確認されておらず、モンスターゾーンのオッドアイズを対象にして発動するフリーチェーンの様な描写である。
    また、タイムラグなしでペンデュラムゾーンから自身を特殊召喚し、代わりに対象にしたモンスターをペンデュラムゾーンに置く効果だった。
  • モンスター効果はフィールドのカード1枚を対象に発動するフリーチェーンの効果であり、そのカードの効果及びそのカードが受けている効果を無効にするものだった。

关联卡片

  • オッドアイズ

ペンデュラムモンスターのオッドアイズ

―効果モンスター

―融合モンスター

  • 《覇王紫竜オッドアイズ・ヴェノム・ドラゴン》

―シンクロモンスター

  • 《覇王白竜オッドアイズ・ウィング・ドラゴン》

―エクシーズモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【オッドアイズ】

收录情况

  • Vジャンプ(2016年5月号) 付属カード VJMP-JP114 Ultra

FAQ

Q:オッドアイズペンデュラムモンスターを対象に発動された効果が、カウンター罠で発動を無効にされた場合ペンデュラム効果を発動できますか?
A:いいえ、できません。(16/03/20)

Q:ペンデュラム効果にチェーンした相手の《おジャマトリオ》でモンスターゾーンが埋まった場合、この《オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン》はどうなりますか?
A:《オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン》は、エクストラデッキに行きます。(16/04/06)


Tag: 《オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星5 闇属性 ドラゴン族 攻1200 守2400 スケール1 オッドアイズ