《オッドアイズ・ファントム・ドラゴン/Odd-Eyes Phantom Dragon》


ペンデュラム・効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
【Pスケール:青4/赤4】
(1):1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンに「オッドアイズ」カードが存在する場合、
自分の表側表示モンスターが相手モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
その自分のモンスターの攻撃力はバトルフェイズ終了時まで1200アップする。
【モンスター効果】
「オッドアイズ・ファントム・ドラゴン」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):P召喚したこのカードの攻撃で相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
自分のPゾーンの「オッドアイズ」カードの数×1200ダメージを相手に与える。

 遊戯王ARC-V 第1巻 付属カードで登場した闇属性・ドラゴン族の最上級ペンデュラムモンスター。
 自分のモンスターを強化するペンデュラム効果、戦闘ダメージを与えた時にバーンを行う誘発効果を持つ。

 ペンデュラム効果による上昇値は1200ポイントと、強化の固定数値としては大きな部類に入る。
 強化できるモンスターには表側表示という以外は制限が無く、相手ターンでも発動可能なので、戦闘そのものを有利に進めることができる。
 戦闘ダメージを倍加させる《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》とは相性が良く、最大で2400ポイントの戦闘ダメージの上乗せができる。
 ただしもう片方のペンデュラムゾーンにオッドアイズを必要とする発動条件と、このカード自身の中途半端なスケールがネックになる。
 低スケールのオッドアイズを置いた場合はペンデュラム召喚できる範囲が著しく狭まるため、できる限り高スケールのオッドアイズを置きたい。

 モンスター効果が決まれば自身の戦闘ダメージに1200か2400もの効果ダメージを上乗せできるため、デュエル終盤ではフィニッシャーになりやすい。
 ただし高攻撃力が増えた現在では攻撃力2500はそれほど高い数値ではないため、確実に発動を狙うのならば自身の強化、相手の弱体化、こちらから的を作るなどの工夫をしたい。
 また、同名カードの発動も含めて1ターンに1度のため、複数体を並べたり連続攻撃を付与したりなどの方法で1ターンキルを狙うのは少々難しい。
 とは言え、ステータスの強化や弱体化は《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》のモンスター効果とも相性が良いので、デッキ構築に無理が生じにくいのはありがたいところ。

  • 自身のペンデュラム効果による強化と戦闘を必要とするモンスター効果との噛み合いは良い。
    このカードとスケール8のオッドアイズをペンデュラムゾーンに置いて2体目のこのカードをペンデュラム召喚すれば、双方の効果により最大で3600のダメージを追加できる。
  • 漫画でのモンスター効果はペンデュラム召喚されたターンのみ発動でき、ダメージ量はペンデュラムゾーンにいるペンデュラムモンスターの攻撃力の合計分だった。
    また、ペンデュラム効果の上昇値はもう片方のペンデュラムゾーンに存在するオッドアイズの元々の攻撃力分の数値であった。
  • 効果名は、恐らく「幻視」と「原子(アトミック)」を掛けているのだろう。

关联卡片

  • オッドアイズ

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【オッドアイズ】

收录情况

  • 遊戯王ARC-V 第1巻 付属カード YA01-JP001 Ultra

Tag: 《オッドアイズ・ファントム・ドラゴン》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星7 闇属性 ドラゴン族 攻2500 守2000 スケール4 オッドアイズ