真青眼の究極竜(ネオ・ブルーアイズ・アルティメットドラゴン)/Neo Blue-Eyes Ultimate Dragon》


融合・効果モンスター
星12/光属性/ドラゴン族/攻4500/守3800
「青眼の白龍」+「青眼の白龍」+「青眼の白龍」
「真青眼の究極竜」の(1)の効果は1ターンに2度まで使用できる。
(1):融合召喚したこのカードが攻撃したダメージステップ終了時、
自分フィールドの表側表示のカードがこのカードのみの場合、
エクストラデッキから「ブルーアイズ」融合モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードは続けて攻撃できる。
(2):自分フィールドの「ブルーアイズ」モンスターを対象とする
魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKで登場した光属性・ドラゴン族の融合モンスター。
 ブルーアイズ融合モンスターをエクストラデッキから墓地へ送り追加攻撃を行う誘発効果、ブルーアイズを対象とする効果の発動を無効にする誘発即時効果を持つ。

 融合召喚の方法については《青眼の究極竜》を参照。
 《デビル・フランケン》等による融合召喚扱いでない特殊召喚も可能だが、その場合は(1)の効果を利用できない。
 それならば、効果モンスターメタをすり抜けられる《青眼の究極竜》の方が良いので、こちらは融合召喚を狙いたい。
 《青眼の亜白龍》はフィールド・墓地でこのカードの融合素材となるだけでなく、融合召喚前の露払いとして有用である。

 (1)の効果は、融合召喚したこのカードの攻撃後に、エクストラデッキのブルーアイズ融合モンスターをコストとして追加攻撃を行える効果。
 4500の攻撃力で最大3回の連続攻撃となれば、1ターンキルも視野に入る。
 同名カードを墓地へ送れば後述する(2)の効果に繋ぐ事ができ、他方、《青眼の究極竜》を墓地へ送れば《龍の鏡》による《究極竜騎士》の融合召喚を狙う事もできる。
 ただし、自分フィールドにこのカード以外の表側表示のカードが存在してはならず、《神縛りの塚》や《光の霊堂》等のフィールドに残りやすいサポートカードとは相性が悪い。
 また、このカードの性質上、複数積みが推奨されるが、【青眼の白龍】はシンクロ・エクシーズ召喚も併用するため、エクストラデッキの枠が圧迫されるという難点もある。
 だが、奥の手として《龍の鏡》をピン挿しし、このカードと《青眼の双爆裂龍》の2枚を入れて2回攻撃を狙う程度ならば、デッキに無理が生じにくい。
 攻撃力4500なら、2回攻撃でも相手にとって十分な脅威になるだろう。
 なお、一度融合召喚されたものであっても、蘇生・帰還させた場合には「融合召喚した」扱いにならず、効果を発動できないので注意したい。

 (2)の効果は、墓地から除外することでブルーアイズを対象とする効果の発動を無効にする効果。
 基本的には(1)の効果で同名カードを墓地へ送って使用したいが、ダメージステップ終了時という発動タイミングの関係上、耐性を使用できるのは2回目の攻撃時以降となる。
 つまり、1回目の攻撃が終わるまでは無防備であり、その間に《激流葬》や《強制脱出装置》等で簡単に除去されてしまう上、(1)の効果も意味を成さなくなる。
 また、あくまで対象をとる効果に対してのみ機能する耐性であり、《聖なるバリア −ミラーフォース−》のように対象をとらないものには対応できない。
 そもそも、融合召喚に伴う大きな消費や(1)の連続攻撃効果を鑑みても、このカードはフィニッシャーとしての運用が望ましく、後続を守る形のこの効果は噛み合わせが悪い。
 こうした点を踏まえると、《復活の福音》や《禁じられた聖槍》、《スキル・プリズナー》等の手札・墓地から発動できる防御カードを採用しても良いだろう。
 これらは(1)の効果を阻害する事なくこのカードを補助する事ができるので、連続攻撃を通しやすくなる。

  • 高橋和希氏が映画のためにデザインしたモンスターであり、Vジャンプ2016年4月号でデザイン画が公開されている。
    青眼の究極竜》とは異なり両腕が無く、体全体の色合いや模様は《青眼の亜白龍》に近い。
  • 発売前には、よこはまコスモワールドの大観覧車「コスモクロック21」にて、一部のゴンドラにこのカードがラッピングされていた。
    遊戯王OCGカードでその様な宣伝形態は初めてである。
  • 原作における《青眼の究極竜》は3つの首が独立しており、合計3回の攻撃が可能な他、2回までの破壊に耐えられると説明されている。
    連続攻撃効果および耐性はこれを意識したものと思われる。
  • 原作・アニメにおいて―
    劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』の「海馬vs闇遊戯(シミュレーション)」戦で海馬が使用。
    先攻1ターン目に融合召喚され、返しの闇遊戯のターンに《千本ナイフ》の対象になるが通常罠《身代わりの闇》で破壊を回避する。
    次の海馬のターンに《ブラック・マジシャン》に攻撃するが、永続罠《時空鎖(タイム・チェーン)》により《ブラック・マジシャン》の戦闘破壊を無効にされた上でフィールドに存在しない扱いにされる。
    最終的には《時空鎖》が破壊されたことでフィールドに復活し、通常罠《強化反撃(エンハンスド・カウンター)》により攻撃力9000になり、《ディメンション・リフレクター》を戦闘破壊してフィニッシャーとなった。
    《強化反撃》による強化時の攻撃名は「ハイパー・アルティメット・バースト」。
  • 融合召喚時の口上は「進化した最強ドラゴンの姿、その目に焼き付けるがいい!融合召喚!今こそ現れよ、《真青眼の究極竜》!」
  • 作中では(1)の効果にコストは必要なかったが、エクストラデッキに《青眼の究極竜》が存在する必要があり、デュエル中に1度しかできず、また3回攻撃を行なった場合は自壊するデメリットがあった。
    起動効果扱いなのか永続効果扱いなのかは不明で、最初に3回攻撃をしようとしたターンは上述の妨害によって失敗したため、自壊していない。
    (2)の効果は《青眼の究極竜》のみに適用されるもので、《毒蛇神ヴェノミナーガ》と同等の耐性を与える事ができ、除外は必要なかった。
    だが《青眼の究極竜》が劇中に登場せず、こちらの効果は使用されていない。
  • デュエル以外では、新型デュエルディスクの発表会にて登場し、次世代パワービジョンのデモンストレーションとして戦闘機を撃墜する映像演出が行われた。
    しかし、このモンスターも戦闘機の爆発に巻き込まれて破壊されてしまっている。
  • 海馬が使用すると敗北してしまうジンクスのあった《青眼の究極竜》であるが、リメイク版のこのカードは海馬に勝利をもたらしている。

关联卡片

  • ブルーアイズ

―(1)のコストにできるブルーアイズ融合モンスターはブルーアイズを参照

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【青眼の白龍】

收录情况

  • 劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACK MVP1-JP001 KC-Ultra

Tag: 《真青眼の究極竜》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ 星12 光属性 ドラゴン族 攻4500 守3800 ブルーアイズ