《ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン/Deep-Eyes White Dragon》


効果モンスター
星10/光属性/ドラゴン族/攻   0/守   0
(1):自分フィールドの表側表示の「ブルーアイズ」モンスターが
戦闘または相手の効果で破壊された時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、
自分の墓地のドラゴン族モンスターの種類×600ダメージを相手に与える。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地のドラゴン族モンスター1体を対象として発動する。
このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力と同じになる。
(3):フィールドのこのカードが効果で破壊された場合に発動する。
相手フィールドのモンスターを全て破壊する。

 劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKで登場した光属性・ドラゴン族の最上級モンスター。
 ブルーアイズが破壊された時に自身を特殊召喚し、効果ダメージを与える誘発効果、召喚・特殊召喚に成功した場合に墓地のドラゴン族の攻撃力を得る誘発効果、カードの効果で破壊された場合に全体除去を行う誘発効果を持つ。

 (1)の効果は、ブルーアイズが戦闘・効果で破壊された時に自らを特殊召喚し、さらに墓地のドラゴン族の種類数に応じて相手にバーンダメージを与える効果。
 ブルーアイズのサポートカードや《ドラゴン・目覚めの旋律》に対応しないため手札に用意し辛い点はネックだが、奇襲性が高く、相手の計算を狂わせる事ができる。
 バーンは墓地のドラゴン族が3〜4種類でも充分引導火力になり得る数値で、14種類以上墓地に存在すれば1ターンキルが可能である。
 ただし、破壊以外の方法でブルーアイズが除去された場合には対応できず、肝心な時に手札で腐る可能性もある。
 また、相手によって破壊される必要があるため、《Sin 青眼の白龍》や《ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン》の自壊効果では発動条件を満たせないので注意したい。

 (2)の効果は、召喚・特殊召喚に成功した時に墓地のドラゴン族モンスターの攻撃力をコピーする効果。
 【青眼の白龍】ならば、《青眼の白龍》や《青眼の亜白龍》を対象にして攻撃力3000を得る事は難しくない。
 専用構築を組むなどして《F・G・D》か《Sin トゥルース・ドラゴン》を墓地に用意すれば、攻撃力5000を得ることも可能である。
 発動条件は自身の効果による特殊召喚に限られていないので、《シャインエンジェル》や《仮面竜》からリクルートした場合でも発動できる。
 墓地からの特殊召喚を狙う場合は、《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》や《リビングデッドの呼び声》だけでなく、元々の攻撃力の低さを活かして《リミット・リバース》にも対応している。
 また、これらの罠カードをバウンスする事で、(3)の効果を発動させつつ、再びこのカードを特殊召喚できるようになる。

 (3)の効果は、カードの効果で破壊された場合に相手フィールドのモンスターを全て破壊する効果。
 効果破壊に対する抑止力となり、(2)で高い攻撃力を得られれば戦闘破壊もされ辛いが、バウンスや吸収、除外には注意したい。
 自分のカードの効果で破壊して能動的に発動することもできるので、サクリファイス・エスケープなどに利用しても良いだろう。
 なお、フィールドから離れた後で発動するため、《デブリ・ドラゴン》で効果を無効にされていても、破壊されれば発動する。

 《巨竜の聖騎士》・《光と闇の竜》・《ドラグニティアームズ−レヴァテイン》の3枚があれば、レベル7・8のドラゴン族を何枚でも墓地へ送ることができる。
 (ループの詳細はこちらを参照)
 中盤以降にこのカードの存在をチラつかせたり、上記のループの最後にブルーアイズモンスターを特殊召喚すれば、相手はこのカードを警戒して迂闊に動けなくなるだろう。
 またこの時、相手フィールドに攻撃力2500以上のモンスターが攻撃表示で存在すれば、そのまま自爆特攻によりこのカードの(1)の効果を発動できる。

  • (1)の効果は「時」の任意効果なので、タイミングを逃す場合がある。
    具体的には、フィールドのモンスターを破壊した後に別の処理を行うカードによってブルーアイズが破壊された際には発動出来ない。
    他2つの効果はタイミングを逃さないので、混合しないよう注意。
  • 映画のパンフレットの解説では、《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》とは対照的に女性的なイメージを持たせたと語られている。
    また、日本の古い建造物のように「輪」をモチーフにしたディテールを取り入れ、格調高いデザインを意識したとも述べられている。
  • 映画の公開を記念して、薬師寺一彦氏の手でこのモンスターの「水の彫刻」が制作され、作品は高橋和希氏により『深愛白龍』と命名された。
    この作品名の「愛」のみを日本語読みにすることで、「ディープ愛(ズ)・ホワイト・ドラゴン」と読むこともできる。
    また、この作品には《青眼の白龍》に大きく関係する女性「キサラ」も彫り入れられており、上記の「女性的なイメージ」には彼女が関係している事をうかがわせる。
  • バーン効果については、海馬は「墓地のドラゴンの怒り」と述べていた。
  • 作中では(1)の効果はレベル8以上のドラゴン族モンスターが破壊された時に特殊召喚できる効果であった。
    バーン効果は上述の効果と連動しておらず、(3)の効果として召喚・特殊召喚時にお互いの墓地のドラゴン族の合計枚数×600ダメージを与えるものであった。
    また、(2)の効果は起動効果で、(4)の道連れ効果は破壊されるこのカードにフィールドの指定がなかった。
  • ファイナル・ギアス》に除外されたシーンでは、一度はこのカードが復活する姿が描かれた後で不発となるという、「戦いの儀」における《オシリスの天空竜》を再現したような描写がなされた。
  • 特殊召喚時の口上は「無窮の時、その始原に秘められし白い力よ。鳴り交わす魂の響きに震う羽を広げ、蒼の深淵より出でよ!《ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン》!」。
    また、蘇生対象とした際には「冥界の扉を突き破り、今こそ蘇れ!」と口上を述べている。

关联卡片

  • ブルーアイズ

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【青眼の白龍】

收录情况

  • 劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACK MVP1-JP005 KC-Ultra

Tag: 《ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン》 モンスター 効果モンスター 星10 光属性 ドラゴン族 攻0 守0