EM(エンタメイト)ウィム・ウィッチ/Performapal Whim Witch》


ペンデュラム・効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻 800/守 800
【Pスケール:青4/赤4】
「EMウィム・ウィッチ」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが
相手フィールドにのみ存在する場合に発動できる。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。
【モンスター効果】
(1):Pモンスターをアドバンス召喚する場合、このカードは2体分のリリースにできる。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した闇属性・魔法使い族の下級ペンデュラムモンスター。
 特定条件でペンデュラムゾーンから特殊召喚できるペンデュラム効果、ペンデュラムモンスターをアドバンス召喚する場合、2体分のリリースになるルール効果を持つ。

 ペンデュラム効果は自身をペンデュラムゾーンから特殊召喚できるもの。
 現在は多くのデッキがエクストラデッキを使用しているので発動条件を満たすことは容易い。
 一方で、条件を満たせない場合には使いづらいスケール4のカードでしかない。
 単にレベル3モンスターを特殊召喚したいのならば他に幾らでも候補はいるため、種族・属性・ペンデュラムモンスター等の差別化や下記のモンスター効果を意識したい。

 モンスター効果はペンデュラムモンスター専用のダブルコストモンスターになるもの。
 対応するモンスター自体は多いのだが、デメリットの無いスケール8のカードが複数ある現在ではレベル7をアドバンス召喚するメリットは少ないと言える。
 基本的にはペンデュラム召喚が難しいレベル8以上のアドバンス召喚を狙いたい。
 同じEMである《EMラフメイカー》はサーチ手段を共有できるため扱いやすいだろう。
 《魔妖仙獣 大刃禍是》とは相性がよく、アドバンテージが取れる効果を持つ一方で専用構築でもペンデュラム召喚が難しいため、このカードを絡ませる意味がある。
 《アモルファージ・イリテュム》もレベル8故にペンデュラム召喚しにくく、手札から出す手段として活用できる。

  • 「ウィム(Whim)」は英語で「気まぐれ」を意味する。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vの「遊矢vsカイト」戦で遊矢が使用。
    刻剣の魔術師》と共にペンデュラムゾーンに置かれ、《刻剣の魔術師》のペンデュラム効果でペンデュラムスケールを8にしてペンデュラム召喚に繋げた。
    次の遊矢のターンにペンデュラム効果により特殊召喚され、その効果で《降竜の魔術師》のアドバンス召喚のためにリリースされた。
    そのターンのメインフェイズ2には、《刻剣の魔術師》と共にエクストラデッキからペンデュラム召喚される。
    そして、《EMレ・ベルマン》のペンデュラム効果でレベル4となり、《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》のエクシーズ素材となった。
  • アニメでは、ペンデュラム効果に回数制限と発動条件がなかった。
    これでは無条件で自身を手札から特殊召喚できる効果に近いので、OCG化の際に調整が入った。
  • アニメARC-Vで遊矢が使用した通常罠《EM大加勢》のイラストに描かれている。

关联卡片

  • EM

対応するレベル7以上のペンデュラムモンスター

收录情况

  • インベイジョン・オブ・ヴェノム INOV-JP002

Tag: 《EMウィム・ウィッチ》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星3 闇属性 魔法使い族 攻800 守800 スケール4 EM