EM(エンタメイト)チェーンジラフ/Performapal Changeraffe》


ペンデュラム・効果モンスター
星1/地属性/獣族/攻 100/守 500
【Pスケール:青5/赤5】
(1):自分のモンスター1体が戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを破壊し、その戦闘で破壊されたモンスターを攻撃表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン戦闘では破壊されない。
【モンスター効果】
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このモンスターが表側表示で存在する間、
対象の表側表示モンスターは攻撃できず、効果は無効化される。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した地属性・獣族の下級ペンデュラムモンスター。
 相手フィールドのモンスターの攻撃とモンスター効果を封じる誘発効果、戦闘破壊された自分のモンスターを戦闘破壊耐性付きで蘇生するペンデュラム効果を持つ。

 ペンデュラム効果は自身を破壊し、戦闘破壊されたモンスターを蘇生して破壊耐性を付与する効果。
 相手ターンで使えば壁を作れるものの、このカードを先に狙われたり、効果で除去される可能性が高い。
 一応、蘇生できるモンスターに制限はないため、効果による除去に耐性がある物を使い、そのフォローはできる。

 むしろ自爆特攻と組み合わせてコンボで使うのが良い。
 《アマゾネスの剣士》を自爆特攻させてこのペンデュラム効果で蘇生、再び自爆特攻すれば2回の反射ダメージを与えられる。
 しかも2回目は戦闘破壊されないので、次のターンの攻撃を牽制できる。

 モンスター効果は相手の攻撃とモンスター効果を封じる効果。
 ステータスが低いためすぐにフィールドを離れる可能性が高い。
 緩い発動条件で効果を無効にできるため、他のカードで処理する際の手助けと見るのが良いか。

  • モンスター効果は《ホールディング・アームズ》の(1)の効果とほとんど同じものであり、《デモンズ・チェーン》と違って効果モンスター以外も対象にできる。
    ただ、自身に耐性が発生しないため、壁にはならない。
    • 対象としたモンスターを対象に取り続けるが、あくまで誘発効果である。
      正しく適用された後で何らかのカードにより《EMチェーンジラフ》の効果が無効化されても、《EMチェーンジラフ》が存在する限り対象にされたモンスターの攻撃封印・効果無効は解除されない。
  • 名前は「チェーン(鎖)」+「ジラフ(キリン)」だろう。
    アニメでペンデュラム効果が発動した時、鎖で復活させるモンスターを吊り上げていた。
    自身と破壊されたモンスターを入れ替えているため、「チェンジ」とも掛かっているようだ。
  • アニメでのモンスター効果・ペンデュラム効果は共に「場合の任意効果」であった。
    またペンデュラム効果の破壊耐性は効果破壊にも対応していた。

关联卡片

  • EM

收录情况

  • インベイジョン・オブ・ヴェノム INOV-JP005

FAQ

ペンデュラム効果について

Q:ペンデュラムモンスターが戦闘破壊された場合でも、そのモンスターをエクストラデッキから特殊召喚できますか?
A:できます。(16/08/15)

Q:戦闘破壊されたシンクロモンスターが《グレイヴ・キーパー》の効果でエクストラデッキに戻りました。
  そのモンスターをエクストラデッキから特殊召喚できますか?
A:その場合、このカードの効果を発動できません。(16/08/15)


Tag: 《EMチェーンジラフ》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星1 地属性 獣族 攻100 守500 スケール5 EM