EM(エンタメイト)リターンタンタン/Performapal Handstandaccoon》


ペンデュラム・効果モンスター
星2/地属性/獣族/攻 400/守 600
【Pスケール:青3/赤3】
「EMリターンタンタン」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「EM」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
このターン、自分はこの効果で手札に戻したカードおよびその同名カードの発動ができない。
【モンスター効果】
(1):このカードが戦闘で破壊された時、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。

 レイジング・テンペストで登場した地属性・獣族の下級ペンデュラムモンスター。
 自分フィールドのEMカード1枚を手札にバウンスするペンデュラム効果、戦闘破壊された時にフィールドのカード1枚を手札にバウンスする誘発効果を持つ。

 ペンデュラム効果は自分のEM1枚をバウンスする効果。
 基本的に召喚・特殊召喚に成功した時の効果を持つモンスターをバウンスし、次のターンの再利用を狙う形となる。
 《EMドクロバット・ジョーカー》なら除去を回避し次のターンも召喚して効果を利用可能。
 その他、フィールドに存在すると攻撃を制限してしまう《EMパートナーガ》もバウンスして強化のみを活かすこともできる。
 ペンデュラムゾーンのカードを戻して張り替えることもできる。
 その他、EM魔法・罠カードもバウンスできるが、意味があるのは《EMピンチヘルパー》位である。

 モンスター効果は戦闘破壊をトリガーとするバウンス。
 ペンデュラムモンスター故に戦闘破壊されてもエクストラデッキから再利用できる。
 《魔獣の懐柔》からリクルートでき、そこから自爆特攻すればエクストラデッキを肥やしつつバウンスを狙える。
 ただ自爆特攻のダメージが大きくなるため、戦闘ダメージを防げるようにはしておきたい。

 また、《魔獣の懐柔》で出したモンスターを手札に戻すことで疑似的にサーチを行うこともできる。
 だが、《キーマウス》ならこの方法で手札に加えられるモンスター全てをサーチできるので、あくまでできる範囲の一つである。

  • 胴体の部分が茶釜の様になっているため、モチーフの動物はタヌキであろう。
    英語名の「Handstandaccoon」は「Handstand raccoon(逆立ちした狸)」を捻ったものと思われる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vの「遊矢vsエド」(2戦目)で遊矢が使用。
    時読みの魔術師》と共にペンデュラムゾーンに置かれペンデュラム召喚を補助する。
    次の遊矢のターンにペンデュラム効果で自身を手札に戻し、直後に《EMダグ・ダガーマン》のモンスター効果のコストとして墓地へ送られた。
  • アニメでのペンデュラム効果には1ターンの発動回数制限がなく、バウンスするカードの制限やバウンスしたカードの発動制限もなかった。
    このままでは無限ループなどの悪用方法が多数考えられるためOCG化の際に調整されている。
    またモンスター効果は「場合の任意効果」であった。

关联卡片

  • EM

收录情况

  • レイジング・テンペスト RATE-JP002

Tag: 《EMリターンタンタン》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星2 地属性 獣族 攻400 守600 スケール3 EM