EM(エンタメイト)ダグ・ダガーマン》


ペンデュラム・効果モンスター
星5/地属性/戦士族/攻2000/守 600
【Pスケール:青2/赤2】
「EMダグ・ダガーマン」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを発動したターンの自分メインフェイズに
自分の墓地の「EM」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
【モンスター効果】
「EMダグ・ダガーマン」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがP召喚に成功したターンの自分メインフェイズに
手札から「EM」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

 レイジング・テンペストで登場した地属性・戦士族の上級ペンデュラムモンスター。
 墓地のEMモンスター1枚をサルベージするペンデュラム効果、ペンデュラム召喚されたターンに手札のEMモンスターをコストに1枚ドローする起動効果を持つ。

 ペンデュラム効果はこのカードを発動したターンにEMモンスターをサルベージする効果。
 サルベージしたカード及びその同名カードには一切の誓約やデメリットもないが、EMにはペンデュラムモンスターが多く墓地へ送りづらい。
 《EMセカンドンキー》や2体目のこのカードのモンスター効果を使ったり、エクシーズ召喚を積極的に取り入れる場合にこの効果が活きやすい。

 モンスター効果は手札のEMモンスターをコストに1枚ドローする効果。
 墓地へ送ったEMを《EMフレンドンキー》での蘇生につなげたり、同名カードのペンデュラム効果につなげるのが主となるか。
 基本的にこちらはオマケの様なものとして扱い、発動に適した状況が来れば発動するくらいの感覚で良いだろう。

  • カード名は「Dug(掘る)」と短剣の一種である「ダガー」をかけたものだろう。
    ちなみにフランス語では「ダグ」も「ダガー」を意味する。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vの「遊矢vsエド」(2戦目)で遊矢が使用。
    後攻1ターン目にペンデュラム召喚され、《D−HERO ディシジョンガイ》を戦闘破壊するが、返しのターンに装備魔法《ディレイ・アーマー》の効果で破壊される。
    遊矢の2ターン目にエクストラデッキからペンデュラム召喚され、《EMリターンタンタン》を手札コストとしてドローした後に《ブレイブアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》の融合素材となった。
    遊矢の3ターン目には3度目のペンデュラム召喚が成され、直後に《EMラフメイカー》のアドバンス召喚のためにリリースされた。
    遊矢の4ターン目には4度目のペンデュラム召喚で呼び出され、通常魔法《エンタメ・エクスチェンジ》の効果でエドのフィールドにコントロールが移る。
    最終的には蘇生された《ブレイブアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》の効果で攻撃力が0となり、そのままの状態でデュエルが終了した。
  • 遊矢の融合召喚時の口上では「比類なき短剣使い」と称されている。
  • レベル5の上級モンスターにも関わらず、上記のデュエルでは《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》と共に4回も特殊召喚されている。
    エースやキーカードでもないモンスターが1度のデュエルでこれほどまでに特殊召喚された例は、他にはアニメ5D'sの「遊星vsボマー」戦での《スピード・ウォリアー》しかない。

关联卡片

  • EM

收录情况

  • レイジング・テンペスト RATE-JP003

Tag: 《EMダグ・ダガーマン》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星5 地属性 戦士族 攻2000 守600 スケール2 EM