EM(エンタメイト)オッドアイズ・メタル・クロウ》


融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2000
「オッドアイズ」モンスター+「EM」モンスター
このカードは融合素材にできない。
(1):「融合」の効果で融合召喚したこのカードは他のカードの効果を受けない。
(2):このカードの攻撃宣言時に発動する。
自分フィールドの全てのモンスターの攻撃力は、バトルフェイズ終了時まで300アップする。

 遊戯王ARC-V 最強デュエリスト遊矢!! 第1巻 付属カードで登場した闇属性・ドラゴン族の融合モンスター。
 融合素材にできない効果外テキスト、《融合》の効果で特殊召喚した場合に他の効果を受けない永続効果、攻撃宣言時に全体強化を行う誘発効果を持つ。

 融合素材にオッドアイズとEMの2種類のカテゴリを指定している。
 この2つのカテゴリは元々シナジーが強く、更にどちらにも属している《EMオッドアイズ・ユニコーン》と《EMオッドアイズ・ライトフェニックス》もいるため、無理なく併用できる。

 (1)の効果は《融合》で融合召喚することで他のあらゆる効果に耐性を得る効果。
 攻撃力も充分にあり、自身の効果は適用できるため、場持ちは期待できる。
 しかし条件として《融合》による融合召喚に限定されており、【EM】や【オッドアイズ】で使用される《オッドアイズ・フュージョン》や《EMトランプ・ガール》等に対応しない。
 また、自分のカードの効果も打ち消してしまうので、EMのステータス強化とも噛み合わない。
 この耐性の適用を狙わず、《オッドアイズ・フュージョン》や《EMトランプ・ガール》で出せる攻撃力の高いEM・オッドアイズ両方に属するモンスターとして使い、他のサポートカードを併用するのも手か。

 (2)の効果は攻撃時の全体強化。
 上昇値は低いが、層の厚い攻撃力3000というラインにおいて、それを一歩上回れる意義は大きい。
 また、全ての自分モンスターに適用されるため、【オッドアイズ】や【EM】の主戦術であるペンデュラム召喚による大量展開とも相性は良い。

 《融合》として扱う《置換融合》でも(1)の耐性は得られる。
 EM・オッドアイズのどちらもペンデュラムモンスターが多く、フィールドのペンデュラムモンスターを利用した融合召喚は狙いやすい。
 また、《置換融合》の効果で墓地のこのカードをエクストラデッキに戻してドローも可能。
 このカードは蘇生などで出しても(1)の効果を利用できないため、エクストラデッキに戻した方が扱いやすいという点で通常の《融合》よりも相性は良い。

  • 融合素材にできないため、このカードを融合素材に2体目の同名カードを融合召喚する等の運用ができない。
    一方で、融合素材にできない以外の制限はないため、《オッドアイズ・アドベント》でレベル8のリリースの代わりとして墓地へ送る事はできる。
  • EMとオッドアイズの両方の名前を含むモンスターなら、どちらの側の融合素材にもなる。
  • モンスター及び種族が数多く存在するEMだが、メインデッキに入らないモンスター及びドラゴン族はこのカードが初である。
  • カード名や効果からすると、《EMシルバー・クロウ》の上位種にあたるモンスターだと思われるが、獣族や獣戦士族ではなくドラゴン族である。

关联卡片

  • EM
  • オッドアイズ

收录情况

  • 遊戯王ARC-V 最強デュエリスト遊矢!! 第1巻 付属カード YS01-JP001 Ultra

Tag: 《EMオッドアイズ・メタル・クロウ》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻3000 守2000 EM オッドアイズ 融合素材にできない