古代の機械巨人(アンティーク・ギアゴーレム)−アルティメット・パウンド/Ancient Gear Golem - Ultimate Pound》


効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻3000/守3000
このカードは特殊召喚できない。
(1):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(2):このカードの攻撃でモンスターを破壊した時、
手札から機械族モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードは続けて攻撃できる。
この効果は1ターンに2度まで使用できる。
(3):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「融合」1枚を手札に加え、
自分の墓地からこのカード以外の「アンティーク・ギア」モンスター1体を選んで手札に加える。

 Vジャンプ(2017年3月号) 付属カードで登場した地属性・機械族の最上級モンスター。
 貫通効果、連続攻撃効果、破壊された場合に《融合》をサーチし、アンティーク・ギア1体をサルベージする誘発効果を持つ。
 アンティーク・ギアの1体ではあるが、属するモンスターの多くが持つ攻撃時発動封印効果を持たないため、運用する時には忘れないようにしたい。

 (1)の効果は《古代の機械巨人》と同じ貫通効果。
 高い打点を持つため、(2)の効果と併せて強くプレッシャーをかけていくことができる。

 (2)の効果は機械族を手札コストに最大3回の連続攻撃を行う効果。
 戦闘破壊がトリガーであるが、増えた攻撃では直接攻撃を行うこともできる。

 (3)の効果は《融合》をサーチしつつアンティーク・ギアモンスターをサルベージする効果。
 【古代の機械】では損失の少ない《古代の機械猟犬》《オーバーロード・フュージョン》を使う事が多いため、《融合》との枚数調整は構築段階からしっかりと行っておきたいところである。

 テキストに特殊召喚はできないとあるものの、召喚条件を無視できる《古代の機械射出機》・《古代の機械魔神》ならば特殊召喚可能。
 攻撃性能自体は高いので、《古代の機械合成竜》などで攻撃を通しやすくしつつ速攻を心掛けたい。
 《古代の機械箱》とは相性がよく、1回のサーチで(2)の効果のコストを補え、(3)の効果のサルベージの対象としても優れている。

 《古代の機械射出機》で《歯車街》を破壊し、《歯車街》の効果で《古代の機械飛竜》、《古代の機械射出機》の効果でこのカードを特殊召喚して《古代の機械飛竜》で《古代の機械箱》をサーチすれば連続攻撃が可能。
 そのまま《古代の機械飛竜》と《古代の機械箱》、もしくはその効果でサーチしたレベル4のアンティーク・ギアとでランク4エクシーズモンスターを出せば1ターンキルが狙える。
 ついでに《古代の歯車機械》でモンスター効果などの発動を封じれば1ターンキルができる確率がさらに上がる。
 総ダメージ量が増える《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》や連続攻撃でモンスターを一掃した後に2回の直接攻撃を行える《ガガガザムライ》、除去が可能な《No.70 デッドリー・シン》や《鳥銃士カステル》は相性が良い。

 相手フィールドのモンスターが3体以上なら、同じ状況で出せる《古代の機械混沌巨人》を使った方がダメージ量が多い。
 《古代の機械混沌巨人》とは打点と耐性がない点で劣るが、サポートカードの効果を得られるという利点にもなり、活かせる場面がそれぞれ違うので、使い分けするといいだろう。

  • 「20thデュエルセレクション」(詳細は《破壊竜ガンドラ−ギガ・レイズ》を参照)にて、アニメGXで1位となった恩返しデュエル「十代vsクロノス」(2戦目)からのOCG化である。
    同企画からOCG化された他のモンスターと同様に、選出されたデュエルでこのカード自体が使用されたわけではなく、同デュエルで使用されたモンスターのリメイク版である。
  • 上記デュエルではクロノスは3体の《古代の機械巨人》をフィールドに並べ、十代の壁モンスター3体を戦闘破壊している。
    その後、《古代の機械巨人》1体が戦闘破壊された返しのターンで《古代の整備場》の効果で《古代の機械巨人》をサルベージしている。
    また、デュエルの流れを見る限りはそのターンの通常のドローで《融合》をドローしている。
    (2)と(3)の効果はこの一連の流れを再現したものと思われる。
  • リメイク元や他の多くのアンティーク・ギアとは違い、攻撃時に魔法・罠カード等の発動を封じる効果を持たない。
    高攻撃力+貫通+連続攻撃に加えてその効果を持たせるのは過剰と判断しての可能性がある。
    • アニメGX最初期の《古代の機械巨人》は攻撃時に魔法・罠カードの発動を封じる効果がなく、《ヒーロー・シグナル》や《魔法の筒》を発動されていた。
      ただし、このカードのモチーフとなった「十代vsクロノス」(2戦目)の時点ではすでにOCGと同じ効果になっている。

关联卡片

  • アンティーク・ギア

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【古代の機械】

收录情况

  • Vジャンプ(2017年3月号) 付属カード VJMP-JP126 Ultra

Tag: 《古代の機械巨人−アルティメット・パウンド》 モンスター 効果モンスター 星8 地属性 機械族 攻3000 守3000 アンティーク・ギア 特殊召喚不可