異形神(いぎょうしん)契約書(けいやくしょ)/Dark Contract with the Entities》


永続魔法
(1):自分フィールドに以下の種類の「DDD」モンスターが
エクストラデッキから特殊召喚された時、
それぞれの効果を1ターンに1度ずつ発動できる。
●融合:自分は1000LP回復する。
●S:特殊召喚されたそのモンスターは相手の効果の対象にならない。
●X:自分または相手の、フィールド・墓地のカード1枚を選んで除外する。
●P:自分はデッキから1枚ドローし、その後手札を1枚選んで捨てる。
(2):自分スタンバイフェイズに発動する。
自分は2000ダメージを受ける。

 DIMENSION BOX LIMITED EDITIONで登場した永続魔法。
 エクストラデッキからDDDが特殊召喚された場合に発動できる4種類の効果、自分スタンバイフェイズに2000ダメージを受ける効果を持つ。

 融合モンスターの場合は1000ポイントのライフゲイン。
 【DD】は融合召喚が展開の中核に据えられることが多く、《DDスワラル・スライム》等の扱いやすい融合召喚手段もあり、発動は容易。
 しかし、毎ターン1000しか回復できないため、このカードのダメージすら補えない。
 《DDD神託王ダルク》などを出し、ついでの回復を狙える程度。

 シンクロモンスターの場合は、そのモンスターに対象耐性を与える効果。
 基本的に、魔法・罠カードに対して大きくプレッシャーを与えられる効果を持つ《DDD呪血王サイフリート》がこの効果の筆頭候補となる。
 ただし、チェーンブロックを作る関係で、この効果にチェーン発動した効果には対応できない。

 エクシーズモンスターの場合は除外効果。
 4種類の中で唯一相手のカードに直接干渉できる効果であり、対象をとらない除外ということで、除去できるカードは幅広い。
 しかし、【DD】では毎ターンのエクシーズ召喚は難しく、《DDD怒濤王シーザー》をエクシーズ召喚し、《DDD狙撃王テル》を重ねる方法で発動を狙いたい。

 ペンデュラムモンスターの場合は手札交換。
 1枚ドローした後に1枚墓地へ送るので手札の枚数は変わらないが、DDに豊富な墓地利用に繋げることができる。
 《DDネクロ・スライム》などを墓地に置いたり、《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》の蘇生対象を用意するには都合が良い。

 ペンデュラムモンスターでありながら他の特殊召喚方法が指定されている「超死偉王」とは相性がいい。
 1体の特殊召喚で2つの効果を使う事ができ、ペンデュラム召喚に頼る事なく手札交換効果を使う事ができる。
 ただし、シンクロモンスターの《DDD超死偉王ホワイテスト・ヘル・アーマゲドン》は元から対象にならない効果を持つので、効果が無効になる状況などを除くとメリットがない。

  • このカードが登場した2016年は、【DD】が環境で成果を挙げた年でもある。
    環境における構築では、エクストラデッキのDDDは融合モンスターが最も多く採用されている。
    このカードの(1)の各種効果において融合モンスターの場合の効果がそれほどアドバンテージに繋がらないのは、この点を意識されたのだろうか。
  • イラスト・効果・英語名を考慮するに「異形神」とは旧神・古神・外神を指すものと思われる。
    また、イラスト内の契約書はクトゥルフ神話TRPGで使用されるキャラクターシートに酷似している。
  • DDバフォメット》はアニメARC-Vで「異形の神」と称されているが、イラストにも効果にも関連が無い。

关联卡片

  • 契約書
  • DDD

―イラスト関連

收录情况

  • DIMENSION BOX LIMITED EDITION DBLE-JP023 Ultra-Parallel

FAQ

Q:自分のDDDがシンクロ召喚に成功した時にこのカードの効果を発動し、チェーンして相手が《エネミーコントローラー》を発動し、コントロールが相手に移った場合、効果は適用されますか?
A:効果が適用され、このカードの効果を発動したプレイヤーから見て相手となるプレイヤーのカードの効果の対象になりません。(16/11/26)


Tag: 《異形神の契約書》 魔法 永続魔法 契約書