アストログラフ・マジシャン


ペンデュラム・効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2000
【Pスケール:青1/赤1】
「アストログラフ・マジシャン」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを破壊し、手札・デッキから「星読みの魔術師」1体を選び、
自分のPゾーンに置くか特殊召喚する。
【モンスター効果】
(1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、このターンに破壊されたモンスター1体を選び、
その同名モンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。
(2):フィールドのこのカードを除外し、自分の手札・フィールド・墓地から、
「ペンデュラム・ドラゴン」「エクシーズ・ドラゴン」「シンクロ・ドラゴン」
「フュージョン・ドラゴン」モンスターを1体ずつ除外して発動できる。
「覇王龍ズァーク」1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキ−ペンデュラム・エボリューション−で登場した闇属性・魔法使い族の最上級ペンデュラムモンスター。
 自身を破壊し《星読みの魔術師》をペンデュラムゾーンに置くか特殊召喚するペンデュラム効果、自分フィールドのカードが破壊された場合に特殊召喚し、そのターンに破壊されたモンスターの同名カードをサーチする誘発効果、自身と特定のモンスターを除外することで《覇王龍ズァーク》を特殊召喚する起動効果を持つ。

 ペンデュラム効果は自身を破壊し、《星読みの魔術師》をリクルートする効果。
 《星読みの魔術師》はペンデュラムスケールが変動するデメリットがあり、ペンデュラムスケール1として運用するならこのカードのままでも良い。
 しかし、効果を使うとこのカードはエクストラデッキに加わるため、《星読みの魔術師》をペンデュラムゾーンに置き、もう一方にペンデュラムスケール8があればペンデュラム召喚で即座に特殊召喚できる。
 《星読みの魔術師》を特殊召喚する場合についても制限が一切かからず、シンクロ素材・エクシーズ素材として運用しやすい。

 (1)は自分フィールドのカードが破壊された場合に特殊召喚し、そのターンに破壊されたモンスターの同名カードをサーチする効果。
 破壊されたモンスターの同名カードをサーチすることで手札を減らさずに最上級モンスターを展開できる。
 自身のステータスも高く、相手ターンで除去を受けた際には壁として、自分のターンならば攻撃要員や各種素材に使える。
 タイミングを逃すこともなく、《ブラック・ホール》のような全体破壊、《奈落の落とし穴》のような除外を介する破壊でもトリガーになる。
 墓地へ送られる必要もないのでペンデュラムモンスターやトークンの破壊にも対応する他、発動条件はカードの破壊なので魔法・罠カードの破壊でも発動はできる。
 《虹彩の魔術師》などの自壊するモンスターや、《天空の虹彩》などの自分のカードを破壊するカードとコンボを組んでも良いだろう。
 また、そのターンに破壊されていれば、相手のモンスターを選び同名カードを自分のデッキからサーチすることもできる。

 汎用性が高い効果なので、この効果目当てだけでも多くのデッキに採用でき得る。
 手札誘発の中でもアドバンテージを失いにくく、同名カードの発動制限もないので手札に複数枚来ても問題なく壁にできる。
 1枚目のこのカードをペンデュラムゾーンに置き、自身の効果で破壊し2枚目のこのカードを特殊召喚しつつ3枚目のこのカードをサーチ、ということも可能。
 ただエクストラデッキに入れるモンスターのみが破壊されたターンではサーチ効果が使えないため、エクストラデッキのカードで制圧するデッキとは若干相性が悪い。
 また、制限カードをサーチするには相手のカードを選ぶ必要がある。

 (2)は自身と特定のモンスターを除外することで《覇王龍ズァーク》を特殊召喚する効果。
 墓地からも指定できるとはいえ特定のカード4枚+フィールドのこのカードとコストが重いので専用構築が必要になる。
 【魔術師】ならば、《星刻の魔術師》や《ペンデュラム・コール》などの多彩な手段で、指定されたカテゴリとして扱う魔術師を墓地へ送る、あるいはサーチする事が容易なのでコストを揃え易い。
 【魔術師】以外では《轟雷帝ザボルグ》の効果を使い自壊させれば、コストとなるモンスターを墓地へ送りつつ、その時の破壊をトリガーにこのカードを特殊召喚する事で条件は整う。
 これを応用することで1ターンで《覇王龍ズァーク》を特殊召喚し《覇王龍ズァーク》の効果で相手フィールドを一掃する事が可能となる。
 条件と手順は以下の通り。

手札:《アストログラフ・マジシャン》と《ブリリアント・フュージョン》、《轟雷帝ザボルグ
デッキ:《ジェムナイト・ラズリー》と光属性通常モンスター(具体例:《アレキサンドライドラゴン》)1体
エクストラデッキ:ペンデュラム・ドラゴン、エクシーズ・ドラゴン、シンクロ・ドラゴン、フュージョン・ドラゴン1体ずつ+《ジェムナイト・セラフィ》+《覇王龍ズァーク》+他4枚の計10枚

  1. ブリリアント・フュージョン》を発動→《ジェムナイト・ラズリー》、《アレキサンドライドラゴン》を融合素材に《ジェムナイト・セラフィ》を融合召喚。
  2. ジェムナイト・ラズリー》で《アレキサンドライドラゴン》をサルベージし、《ジェムナイト・セラフィ》の効果で《アレキサンドライドラゴン》を召喚。
  3. ジェムナイト・セラフィ》と《アレキサンドライドラゴン》で《轟雷帝ザボルグ》をアドバンス召喚。
  4. 轟雷帝ザボルグ》の効果発動→自壊後、自分のエクストラデッキからペンデュラム・ドラゴン、エクシーズ・ドラゴン、シンクロ・ドラゴン、フュージョン・ドラゴン1体ずつ+他4枚の計8枚を墓地へ送る。
  5. これにより自分フィールドのカードが破壊されたので《アストログラフ・マジシャン》を特殊召喚。
  6. アストログラフ・マジシャン》の(2)の効果で自身と墓地にある特定のモンスターを除外し《覇王龍ズァーク》を特殊召喚。

 一見、構成難易度が高く、構築の幅が狭いように見えるが実際は【ブリリアント帝】と【帝王】(轟雷帝ザボルグ軸)のギミックが折衷しているだけなので戦略・拡張の幅は意外と広い。
 また、光属性通常モンスターの代わりに《Emトリック・クラウン》や《ライトロード・ビースト ウォルフ》など自己再生が可能なモンスターにすることで召喚権を残すことができる。
 この場合、融合素材とするジェムナイトを《ジェムナイト・ラズリー》ではなく、単体でも扱いやすい《ジェムナイト・ガネット》や《ジェムナイト・サフィア》等にする方が良い。
 この場合の展開手段は以下の通りとなる。

  1. ブリリアント・フュージョン》を発動→《ジェムナイト・ガネット》(又は《ジェムナイト・サフィア》)、《Emトリック・クラウン》を融合素材に《ジェムナイト・セラフィ》を融合召喚。
  2. 墓地へ送られた《Emトリック・クラウン》の効果発動→自己再生し1000ダメージを受ける。
  3. ジェムナイト・セラフィ》と《Emトリック・クラウン》で《轟雷帝ザボルグ》をアドバンス召喚。
    (続きは上記の手順4以降と同様)
  • 魔法・罠カードが破壊された場合でも特殊召喚は可能だが、サーチできるのはモンスターのみである。
  • 「アストログラフ(Astrograph)」とは日本語では天体写真儀の事を指す。
    天体写真儀とは広域の天体写真を歪みなく撮影する工夫のなされた天体望遠鏡のことを言う。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vにおいてズァークが所持しているカード。
    かつて世界が分裂する前、その力によって町を破壊しつくした4体のドラゴン(《オッドアイズ・ドラゴン》参照)とズァーク自身を束ね、《覇王龍ズァーク》を生み出した。
    そして「遊矢vsユーリ」戦後、遊矢の意識がズァークに乗っ取られた際に再びその姿を現し、4体のドラゴンを再び束ねて《覇王龍ズァーク》を復活させた。
    デュエルでの初使用は「エド&素良vsズァーク」戦。
    エドの通常罠《D−ハイパー・ノヴァ》と素良の通常罠《デストーイ・マッド・パレード》のコンボでズァークのフィールドのカードがすべて破壊されたことで特殊召喚され、ズァークのフィールドを元に戻した。
    この時このカードをペンデュラム召喚することもできたはずだが、伏せカードを警戒したのか行わなかった。
    そして、デッキ・エクストラデッキから4体のドラゴンを除外し、《覇王龍ズァーク》を特殊召喚した。
  • アニメではペンデュラムモンスターではなく、テキストは以下の通り。
    効果モンスター
    星7/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2000
    (1):このカードが手札に存在し、自分フィールドのカードが破壊された場合、
    その破壊されたカードを対象として発動できる。
    このカードを手札から特殊召喚する。
    (2):このカードがこのカードの(1)の効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。
    このカードの(1)の効果で対象としたカードを、
    そのカードが破壊された時に存在していた元々のゾーンに表側表示で置く。
    (3):このカードをリリースして発動できる。
    自分のデッキ・エクストラデッキ・フィールド・墓地から、
    「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」「クリアウィング・シンクロ・ドラゴン」
    「ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン」「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」を1体ずつ除外し、
    エクストラデッキから「覇王龍ズァーク」1体を特殊召喚する。
    • OCG版と比べると、(2)の効果の範囲が広がり、下準備なしで《覇王龍ズァーク》を召喚できるようになっている。
      このままだと流石に強すぎるのでOCGでは弱体化されたが、代わりに自身がペンデュラムモンスターとなり《星読みの魔術師》関連の効果が追加される等、【魔術師】とのシナジーは強くなっている。
  • 第135話では、遊矢のデッキから《星読みの魔術師》と《時読みの魔術師》が飛び出して合体し、このモンスターが登場している。
    これより以前にもこの2枚が光る描写があり、イラストや口上の類似性を踏まえると、世界分裂の際にこのカードも《星読みの魔術師》と《時読みの魔術師》に分かれたのだろうか。
    公式ホームページの「超熱血デュエル塾 講義87」では、零児から「《星読みの魔術師》と《時読みの魔術師》が1つとなったモンスター」とはっきり明言されている。

关联卡片

  • ペンデュラム・ドラゴン
  • エクシーズ・ドラゴン
  • シンクロ・ドラゴン
  • フュージョン・ドラゴン
  • 機皇帝

―《アストログラフ・マジシャン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【魔術師】

收录情况

  • ストラクチャーデッキ−ペンデュラム・エボリューション− SD31-JP001 Ultra

FAQ

(1)の効果について

Q:(1)の効果に《異次元からの埋葬》をチェーンされ、このターンに破壊されたモンスターが墓地に戻されました。
  このモンスターを『このターンに破壊されたモンスター』として選べますか?
A:選べません。(17/01/21)

Q:このターンに破壊されエクストラデッキに加わったペンデュラムモンスターを、《妖精伝姫−カグヤ》の効果で墓地へ送りました。
  このモンスターを『このターンに破壊されたモンスター』として選べますか?
A:選べません。(17/01/21)

Q:このターンに破壊され、墓地に存在するペンデュラムモンスターや除外されているペンデュラムモンスターを《ペンデュラムーチョ》の効果でエクストラデッキに表側表示で加えました。
  このモンスターを『このターンに破壊されたモンスター』として選べますか?
A:選べません。(17/01/21)

(2)の効果について

Q:(2)の効果で除外するカードはペンデュラムゾーンからも除外できますか?
A:この効果で除外するカードはモンスターでなければならず、魔法カード扱いであるペンデュラムゾーンのカードは除外することができません。(17/01/14)


Tag: 《アストログラフ・マジシャン》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星7 闇属性 魔法使い族 攻2500 守2000 スケール1