(ほろ)びの呪文(じゅもん)−デス・アルテマ/Chaos Scepter Blast》


速攻魔法
(1):自分フィールドにレベル8以上の魔法使い族モンスターが存在する場合に発動できる。
フィールドのカード1枚を選んで裏側表示で除外する。
(2):魔法&罠ゾーンのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「マジシャン・オブ・ブラックカオス」または
「混沌の黒魔術師」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

 20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVEで登場した速攻魔法。
 フィールドのカードを裏側表示で除外する効果、相手の効果で破壊された場合に特定モンスターをリクルートできる効果を持つ。

 (1)は、自分フィールドにレベル8以上の魔法使い族が存在する場合に、フィールドのカード1枚を裏側表示で除外する効果。
 発動条件を満たすには、《ガガガマジシャン》や《究極封印神エクゾディオス》、通常モンスターでサポートの豊富な《コスモクイーン》等が使いやすい。
 【ブラック・マジシャン】では、《光と闇の洗礼》で《混沌の黒魔術師》を展開でき、他にもレベル8以上の《ブラック・マジシャン》の派生モンスターが存在するため、採用を検討できる。
 【魔術師】で軸となるのはレベル7以下だが、《覚醒の魔導剣士》をシンクロ召喚でき、サルベージ効果で再利用もできるため採用の余地はあるか。
 除外効果は、カードの種類を問わず、対象をとらず、裏側表示で除外するため、除去能力が高く、帰還などの再利用も困難となる。
 速攻魔法で破壊以外の除去を行えるのは貴重だが、1:1交換でしかないのでカード・アドバンテージは得にくい。
 発動条件を満たす際のディスアドバンテージはできる限り抑えたい。

 (2)は、相手によって破壊された場合に、《混沌の黒魔術師》か《マジシャン・オブ・ブラックカオス》の召喚条件を無視してリクルートする効果。
 相手によって破壊される必要があるため、狙って発動させるのは難しく、(1)の発動条件を満たしていない場合に、ブラフとしてセットしておくのが良いだろう。
 リクルート対象は、魔法カードをサルベージでき、扱いやすい《混沌の黒魔術師》が基本的には優先される。
 《マジシャン・オブ・ブラックカオス》は儀式モンスターなので蘇生制限を満たせず、専用デッキ以外では手札事故要因になりやすい。

 (2)で特殊召喚できるモンスターがそのまま(1)の条件となるため、複数枚採用しておけば、先にこちらを引いた場合も、1枚目をブラフに2枚目の発動に繋げられる。
 《混沌の黒魔術師》の場合、リクルートした後あちらの効果でこちらを回収して発動することもできる。
 しかし、相手依存で、デッキからしかリクルートできないという難点もあり、このカードと対応モンスターの枚数をどう配分するかは検討を要する。

关联卡片

  • 必殺技カード

―イラスト関連

レベル8以上の魔法使い族

―通常モンスター

―効果モンスター

―罠モンスター

―ペンデュラムモンスター

―儀式モンスター

―融合モンスター

―シンクロモンスター

―公式大会では使用できないカード

―自身の効果でレベル8以上の魔法使い族になれるモンスター

 ※以下は条件付き

收录情况

  • 20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE 20AP-JP002 Ultra-Parallel

Tag: 《滅びの呪文−デス・アルテマ》 魔法 速攻魔法