(しろ)のヴェール/White Vell》


装備魔法
(1):装備モンスターが戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
(2):装備モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動する。
相手フィールドの表側表示の魔法・罠カードの効果はダメージステップ終了時まで無効化される。
(3):装備モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
相手フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。
(4):魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードが
フィールドから離れた時に自分は3000ダメージを受ける。

 20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVEで登場した装備魔法。
 装備モンスターの戦闘時に相手の魔法・罠カードの発動を封印する効果、装備モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に相手の魔法・罠カードの効果を無効にする効果、装備モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した時に魔法・罠カードを全体除去できる効果、自身がフィールドを離れた時に3000ダメージを受ける効果を持つ。

 (1)(2)(3)は全て戦闘に関する効果であり、魔法・罠カードを封殺・無効化した上、更に戦闘破壊に成功すれば全て破壊することができる。
 攻撃宣言に反応する罠カードは元より、《スキルドレイン》なども攻撃宣言時に無効化するため、装備モンスターはそうした状況下でも効果を発動できるようになる。
 相手から攻撃された場合にも効果は適用されるため、永続カードによる全体強化などの戦闘補助を軸としたデッキに対しては攻撃抑制の効果もある。

 しかしこれらの耐性を与える期間が限定されすぎているためフリーチェーンのカードに滅法弱く、それまでに《サイクロン》や《強制脱出装置》などでこのカードか装備モンスターが除去されては元も子もない。
 コンバットトリックもフリーチェーンのものが多いため、バトルフェイズ開始時などに撃たれると戦闘破壊が難しくなる。
 攻撃宣言が行われなければ無効化もできないため、《デモンズ・チェーン》などで攻撃宣言自体が封じられると大幅に効力を失ってしまう。
 モンスター効果に対しても無力であり、《オネスト》などで迎撃されかねない。

 このように穴の多い効果だが、その上さらに装備された状態でフィールドを離れると(4)の効果で3000ものダメージが発生する。
 効果に見合っているとは言い難く、むしろデメリットの方がかなり大きい。
 逆に大ダメージを受けることを利用して《大逆転クイズ》などに利用した方がいいだろう。
 《A・O・J サイクロン・クリエイター》ならバウンスと自爆特攻を行い1ターンで6000以上のダメージを受けられるため、コンボに利用しやすい。

  • 相手モンスターに装備した場合にも(1)(2)の効果は適用できる。
    ただし(3)の効果はこのカードのコントローラーから見た相手モンスターを破壊する必要があるため、《コンフュージョン・チャフ》等がなければ使うことができない。
  • (4)の効果は、チェーンブロックを作らない。
    効果が無効になっているときに離れればダメージは生じない。
    カードの発動にチェーン《サイクロン》で破壊された場合も同じくダメージはない。
    一方で、デッキバウンスをされてもダメージは発生する。
  • 甲化鎧骨格》ならシンクロ召喚したターンに破壊されず、効果ダメージも一切受けないため、装備モンスターに適する。
  • 旗鼓堂々》は相性が良く、攻撃時に発動して装備させれば(1)と(3)の効果を利用できる。
    既に表側表示で存在するものを除けば発動不可能なので《サイクロン》なども使われずに除去できる。
    しかしあちらの効果でエンドフェイズに破壊されるためダメージを受けることになる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおいて、斎王(破滅の光)に洗脳されたデュエリストが光の結社への忠誠の証として使用するカード。
    「明日香vs万丈目」(2戦目)では万丈目が使用。
    打ち出の小槌》で引き当てたこのカードを《アームド・ドラゴン LV10》に装備して攻撃し、明日香の《ドゥーブルパッセ》、《ピュア・ピューピル》、《エンジェル・ブラスト》を発動させず破壊した。
    明日香は万丈目が効果破壊を狙えば《エンジェル・ブラスト》で逆転勝利、攻撃してきても《ドゥーブルパッセ》で引き分けに持ち込めると考えていたが、結局どちらも発動できず敗北することとなった。
    「十代vs明日香」(2戦目)では明日香が使用。
    青氷の白夜龍》に装備し、相手ターンの罠カード発動を封じる永続魔法《白夜城−ホワイトナイツ・フォート》らと合わせて十代の伏せカードを徹底的に対策した。
    だが、返しのターンで《アーマー・ブレイカー》の効果により破壊されたため役割を果たせなかった。
  • アニメでは(2)の効果がなく、(1)と(3)の効果は自分から攻撃した場合限定であった。
    テキストには「攻撃する場合」とあるためややタイミングが曖昧だが、(3)の効果で破壊するタイミングは描写からすると攻撃宣言時のようである。
    また、(4)の効果でダメージを受ける条件は装備モンスターが破壊された時のみであり、ダメージ数値は装備モンスターの攻撃力分の数値であった。
    アニメでこのカードを装備したモンスターはいずれも攻撃力3000であったことがOCGでのダメージ数値の由来であろう。
    また、レアリティはNormalであり、イラストはOCG化の際に背景の紫色が増し、十字の光の色が赤に変更され輝きが増している。
  • 発動時には眩い光が発せられ、装備モンスターは白いオーラのようなものを纏う。
    アームド・ドラゴン LV10》の場合は更に全身が白く染め上がっており、万丈目からは「アームド・ドラゴン LV10 ホワイト」と称されている。
  • このカードが斎王の洗脳を強めていた面もあったようで、洗脳で氷のように冷淡な性格になっていた明日香は、このカードが破壊されたことで元の強気な性格を取り戻している。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCEでは2以降にオリジナルカードとして収録されていた。
    アニメ版の効果から破壊効果が削られており、ダメージの発生条件にこのカードが墓地へ送られることが加えられている。

关联卡片

  • アンティーク・ギア

收录情况

  • 20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE 20AP-JP009 Super-Parallel

Tag: 《白のヴェール》 魔法 装備魔法