《パワー・ウォール/Power Wall》


通常罠
(1):相手モンスターの攻撃によって自分が戦闘ダメージを受けるダメージ計算時に発動できる。
その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージが0になるように500ダメージにつき1枚、
自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。

 20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVEで登場した通常罠。
 墓地肥やしを行いつつ戦闘ダメージを0にする効果を持つ。

 戦闘ダメージを0にすると同時に墓地を肥やすことができるが、墓地へ送る枚数は受ける戦闘ダメージに依存するため、安定しない。
 同じく通常罠で墓地を肥やすことができる《針虫の巣窟》と比較すると、2001〜2500の戦闘ダメージが発生する場合で同等、2500を超える戦闘ダメージが発生して漸く墓地肥やしで勝ることになる。
 こちらは攻撃反応型の罠カードなので、攻撃前に除去される可能性も高い。
 相手モンスターからの攻撃を自分の戦術に組み込むにしても、このカードを使うよりも《ディメンション・ウォール》でダメージを与えた方が良いだろう。

 《針虫の巣窟》はフリーチェーンであるため伏せ除去にも強く、こちらよりも使い勝手が良い。
 キャラデッキとしての【サイバー・ダーク】でないかぎり、《針虫の巣窟》を採用した方が良いだろう。

  • 効果について
    • その戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
      あくまでもプレイヤーが受けるダメージを0にするだけで、モンスターの戦闘破壊は防げない。
  • 自分の戦闘ダメージが0になるのに必要な最低限の枚数をデッキから墓地へ送る。
    例えば受ける戦闘ダメージが1300だった場合、3枚のカードを墓地へ送ることになる。
    受ける戦闘ダメージが500未満の場合でも発動は可能だが、受ける戦闘ダメージが0の場合は発動できない。
  • デッキの残り枚数×500を超える戦闘ダメージを受ける場合、発動自体ができない。
    チェーン処理の結果、効果解決時に受ける予定のダメージが増えてかつ枚数が足りない場合、1枚も送ることができず全く軽減できなくなる。
    一方で、チェーン2で発動したこのカードが適正に処理された場合、チェーン1の効果で相手モンスターの攻撃力がアップしても自分が受ける戦闘ダメージは0のままとなる。
  • マクロコスモス》がある場合でも、カードが除外される以外は通常通りの処理となる。
  • テキストが非常に分かりにくいカードである。
    実際に戦闘ダメージが0になる処理や、発生する戦闘ダメージが500未満の場合や500の倍数ではない場合の処理などがテキストからは伝わらない。
  • アニメではNormalで、墓地へ送る枚数は任意であり、送った枚数×100ポイント戦闘ダメージを減らせる効果であった。
    (ただし、作中ではデッキが残り僅かになるような場合も含め、全て戦闘ダメージが0になるように墓地へ送っている)
    このままでは最強クラスの墓地肥やしカードとなってしまうため、弱体化は仕方ないと言える。
    しかし、倍率を高くしすぎたためにOCGでは使い勝手に大きく難を抱えてしまい、アニメのようにデッキをばらまくかのような枚数を墓地へ送るのはかなり難しくなってしまった。
  • 亮がこのカードを使用する際には、墓地へ送るカードをその場でデッキから引き抜き空中にばらまくという非常にインパクトのある使い方をしている。
    この光景には対戦相手の吹雪や翔もショックを受けており、「カードをゴミクズのように扱っている」とまで言われている。
    一方、翔が使用する際には通常の墓地送り同様の扱いをしている。
  • 大量のカードを墓地へ送るため、「vs吹雪」戦や「vs翔」戦ではデッキ切れの危険について言及されており、後者では次の通常のドローでデッキが0枚になった。
    前者のケースでも、ダークネスに憑依された吹雪に「馬鹿なことをしたものだ」と嘲笑されている。
  • 使用者の亮は放送2年目の途中までは対戦相手をリスペクトすることを心掛けていたのだが、このカードを使用する頃には何よりも勝利を渇望する性格へと変貌している。
    対戦相手や観衆も以前の亮では決して行わない上述の行動を見て衝撃を受けるなど、彼の心情の変化を強調する役目を担ったカードとも言える。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE 2以降でOCGに先駆けてオリジナルカードとして登場していた。
    効果はアニメ版の効果を直接攻撃時に限定したものとなっている。
    なお、ヘルカイザーがこのカードを使用する場合、アニメ同様にデッキをばらまくムービーが流れる凝った仕様となっている。
    (この際、墓地に送った枚数によってムービーでばらまくカードの枚数も変わり、ばらまかれているカードの表側の面にはしっかり実際に墓地へ送られたカードが映っている)
    イラストはアニメ版に比べて手から出ている力壁が薄くなっている。

关联卡片

收录情况

  • 20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE 20AP-JP010 Secret-Parallel

Tag: 《パワー・ウォール》 罠 通常罠