HERO(ヒーロー)遺産(いさん)/Legacy of a HERO》


通常魔法
「HEROの遺産」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):「HERO」モンスターを融合素材とする融合モンスター2体を
自分の墓地からエクストラデッキに戻して発動できる。
自分はデッキから3枚ドローする。

 PREMIUM PACK 19で登場した通常魔法。
 HEROを融合素材とするモンスターをエクストラデッキに戻すことでドローする効果を持つ。

 墓地からHEROを融合素材とする融合モンスター2体を回収しつつ、3枚ものドローが可能となる。
 融合素材にHEROを指定してさえいればよいため、《V・HERO アドレイション》のようなHEROサポートを受けづらかったものも対応する。
 また、《Dragoon D−END》のようにHEROに属していないカードにも対応する貴重なサポートである。

 しかし、融合モンスターに限定されているため、実際には墓地を整えるための消費は2枚で済むことはまずない。
 融合召喚を複数回行うか、《轟雷帝ザボルグ》等をこのために使用するコンボが不可欠であり、相応に消耗してしまう。
 消費軽減に有効な、1体目の融合モンスターを《ミラクル・フュージョン》のために除外する方法とも噛み合わせが悪い。
 基本的には、積極的に狙えるドローブーストではなく、融合召喚を繰り返したことでの手札消耗の回復用となるだろう。

 通常魔法であることを活かし【ダイヤモンドガイ】に採用するのも良い。
 D−HERO融合モンスターは融合素材の縛りが緩いので融合召喚も難しくなく、手札に来た場合の正規発動も狙える。

 ドローとは別の観点として、エクストラデッキに融合モンスターを回収できるのも大きな魅力となる。
 HERO融合モンスターはE・HEROだけでも15種類を大きく上回っており、複数枚積みせずに選択肢を増やせる意義は大きい。
 同様のことは《貪欲な壺》等でも可能だが、こちらは発動に必要な枚数が少ないため、最小限でより早く使用できる。

  • 「「HERO」モンスターを融合素材とする融合モンスター」はHEROを参照。
    現時点で対応しないHERO融合モンスターは、《E−HERO ダーク・ガイア》と融合素材の記載が無いM・HEROのみである。
  • イラストでは《E・HERO フレイム・ウィングマン》の右腕と羽だけが描かれている。
    アニメ版E・HEROのモデルとなったアメコミにおいては、ヒーローの多くは普段から特別な能力を持っており、ヒーローとしての姿は衣装であるものが多い。
    こうしたヒーロースーツが後に適合する新しい人間に受け継がれ、同じヒーローが世代を変えて遺産として継承されるのも、アメコミの伝統となっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    漫画GXにおいて「十代vs万丈目」(2戦目)にて十代が使用。
    原作では「墓地にレベル5以上のHEROが2枚以上ある時、3枚ドローできる」効果であり、墓地のモンスターをデッキに戻す必要はなかった。
    融合モンスターの再利用にはつながらないが、墓地リソースを減らさない点でどちらが良いかは状況によって変わってくる。
    また、発動制限はなかった。

关联卡片

  • HERO

―イラスト関連

收录情况

  • PREMIUM PACK 19 PP19-JP016 (Secret)

FAQ

Q:自分の墓地の《Dragoon D−END》をエクストラデッキに戻して効果を発動できますか?
A:はい、可能です。(16/12/17)


Tag: 《HEROの遺産》 魔法 通常魔法