《カオス・ソーサラー/Chaos Sorcerer》


効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2300/守2000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性と闇属性のモンスターを
1体ずつゲームから除外した場合に特殊召喚できる。
1ターンに1度、フィールド上に表側表示で存在する
モンスター1体を選択してゲームから除外できる。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

 混沌を制す者で登場した闇属性・魔法使い族の特殊召喚モンスター。
 カオスモンスター共通の召喚条件、フィールドの表側表示モンスターを除外する起動効果を持つ。

 自分の墓地の光属性と闇属性モンスターをそれぞれ1体ずつ除外する事で特殊召喚できる。
 光属性と闇属性の両方のモンスターを活用するデッキは多く、それらのデッキでは切り札となり得る。
 闇属性モンスターに加えて《魔導雑貨商人》やライトロードを採用する【ダークモンスター】とは特に相性が良い。
 闇属性と光属性のモンスターが主力を務める【魔法使い族】でも採用でき、自身も魔法使い族であることからシナジーがある。
 これらの属性には《サイバー・ドラゴン》など汎用性の高いカードが多いため、【スタンダード】にも採用が検討できる。
 シンクロモンスターやエクシーズモンスターの存在もあり、メインデッキに光属性・闇属性のどちらかが入っていなくとも召喚条件を満たせる場合もある。
 ただし【光属性】・【闇属性】共にサポートカードは多く、無理に違う属性のモンスターを入れてまでこのカードを採用するのは好ましくない。

 1ターンに1度、攻撃しない代わりにフィールドのモンスターをノーコストで除外することができる。
 破壊耐性持ちの《スターダスト・ドラゴン》・《マシュマロン》なども簡単に除去でき、しかも蘇生を封じることができる。
 ただし、裏側守備表示モンスターに対しては発動できず、《オベリスクの巨神兵》など対象をとる効果に耐性を持つモンスターも除去できない。
 攻撃が封じられてしまうデメリットもあり、場合によっては効果を使わず攻撃を選ぶこともあるだろう。

 通常召喚権が残ることを利用し、除外効果を発動後にリリース要員やシンクロ素材・エクシーズ素材とする手も有効である。
 《アーカナイト・マジシャン》・《ダークエンド・ドラゴン》のシンクロ素材になり、さらなる除去を狙うことができる。
 劣勢からこのカードを特殊召喚、除外効果を発動し《レアル・ジェネクス・クロキシアン》に繋ぐ、と言った事もできる。
 また、【魔法使い族】であれば《マジマジ☆マジシャンギャル》のエクシーズ召喚も狙える。

 特に《グローアップ・バルブ》とのシナジーは素晴らしく、以下のコンボで相手の場のカードを3枚除去しつつレベル8シンクロモンスターを出せる。

  1. カオス・ソーサラー》特殊召喚。
    除外効果を発動。
  2. グローアップ・バルブ》を召喚。
    アーカナイト・マジシャン》をシンクロ召喚し2枚のカードを破壊。/+《グローアップ・バルブ》を自己再生。
    レベル8シンクロモンスターをシンクロ召喚。

 蘇生制限を満たせば《ダーク・クリエイター》・《マジカル・コンダクター》などで蘇生が可能である。
 しかし、同時に《死者蘇生》などで相手に利用される危険性も孕んでいる。

  • このカードがEXPERT EDITION Volume.2でエラッタされる前は、除外効果を1ターンに何度でも発動できるとも取れるテキストだった。
    実際の裁定では1ターンに1度のみとなっていた。
  • 王宮の鉄壁》や《霊滅術師 カイクウ》は天敵。
    このカードが手札にある時は特殊召喚できず、フィールドにある時は効果を使用できないバニラ同然のカードになってしまう。
  • 初登場時は《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》の下位互換と見られ、同カードが禁止カードに指定されるまで不遇な時代を過ごすことになる。
    【開闢スタン】は採用モンスターの属性こそ偏っているものの、基本的な戦術はグッドスタッフの考えそのもので特に墓地肥やしに特化したわけでもないため、追加のカオスとして《カオス・ソーサラー》を投入するのは事故要因を増やすだけと考えられていたのが大きい。
    現在《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》は準制限カードであるが、シンクロ召喚・エクシーズ召喚のシステムの誕生や、種族サポートの充実により、用途を分けて活用できるようになっている。
  • 制限改訂での階級移動経験は遊戯王OCGで最多となる9回であり、現在の様に個として力不足になってしまうまでは環境により評価が大きく変わるカードであったことが顕著に表れている。
    禁止カードを経験したカードが無制限カードに復帰する例は《お注射天使リリー》・《魔導戦士 ブレイカー》・《団結の力》に次いで4例目にあたる。
    • カオス・ソルジャー −開闢の使者−》の禁止指定以降に利用者が急増し、2006年度選考会では多数のデッキに採用され、エンドカード級の活躍を見せた。
      06/09/01に禁止カードに指定されて以降、《天魔神 エンライズ》や《氷炎の双竜》などの「調整版」ともいえるカードが登場したことで、一時期は制限復帰が絶望視された。
      だが、その後《ダーク・アームド・ドラゴン》や《裁きの龍》といったパワーカードによる環境の変化の影響もあり、09/03/01にて2年半ぶりに制限復帰し、09/09/01には準制限カードに制限緩和される。
      その後、【ライトロード】等で確実にアドバンテージを稼ぎ、シンクロ召喚にも繋げることのできるカードとして多用されたため、10/03/01で再び制限カードに制限強化される。
      しかし、その制限改訂で【ライトロード】が大幅に弱体化したことで、10/09/01で再び準制限カードに制限緩和され、半年後の11/03/01には制限解除された。
      しかし、今度は【カオスドラゴン】のキーパーツの1つとして猛威を奮ったため、12/09/01に制限カードに指定されるが、その衰退後の13/09/01では準制限カードになり、最終的には力不足とみなされたのか14/07/01にて制限解除された。
  • 第4回カリスマデュエリスト最強決定戦にてシロノスが使用。
    特殊召喚した時、周りから「皿」という略称で呼ばれていた。
  • 強力かつ人気の高いカードでありながらも、実に8年近くもの間レアリティがノーマルのものしか存在しなかった。
    その後、GOLD SERIES 2011にてゴールドレアで再録される。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGX異世界編にて、覇王十代の側近五人衆の一人として登場。
    ヘルカイザー亮とデュエルし《究極完全態・グレート・モス》を召喚したが、そのためにかなりのカードとライフポイントを犠牲にしたらしく、他のカードが無く、残りライフ500の状態で《サイバー・エンド・ドラゴン》の攻撃によって敗れ去った。
    パワーカードを多用するヘルカイザー亮が相手でなくても、《究極完全態・グレート・モス》を召喚し、亮を感心させるに至ったことから、視聴者を驚かせた事は確かであり相当の腕の持ち主である事は想像に難くない。
    とは言えあっさりと切り返された事から、皮肉にも《究極完全態・グレート・モス》は特殊召喚できたとしても大して強くないモンスターである事を証明してしまったとも言える。
    ちなみに、《究極完全態・グレート・モス》とこのカードとの関連性は特にない。
  • アニメZEXALで一般生徒が使用していた。
  • アニメARC-Vのストロング石島のCMで、このカードが確認できる。
  • コナミのゲーム作品において―
    SPIRIT SUMMONERでは、出現率がとても低い《ブラック・マジシャン・ガール》から貰うしか入手方法がない上に入手確率もかなり低い、ゲーム中最も入手が困難なカードだった。
    更には同じ確率の《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》と違い、NIGHTMARE TROUBADOURからのコピーもできないという、ある意味究極のレアカードである。

关联卡片

  • カオス

―類似特殊召喚方法

―単体除外

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【カオス】
  • 【ライトロード】
  • 【カオスドラゴン】

收录情况

  • 混沌を制す者 306-023
  • EXPERT EDITION Volume.2 EE2-JP023
  • ストラクチャーデッキ−魔法使いの裁き− SD6-JP012
  • GOLD SERIES 2011 GS03-JP005 (Gold)
  • ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン− SD22-JP014
  • THE GOLD BOX GDB1-JP045 Gold

FAQ

Q:墓地からの特殊召喚はできますか?
A:正規の召喚手順を踏んだ後に墓地へ送られた《カオス・ソーサラー》ならば、墓地からの特殊召喚は可能です。
  手札・デッキから墓地へ送られた場合は墓地から特殊召喚できません。
  →蘇生制限


Tag: 《カオス・ソーサラー》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 魔法使い族 攻2300 守2000