幻獣機(げんじゅうき)オライオン/Mecha Phantom Beast O-Lion》

チューナー(効果モンスター)
星2/風属性/機械族/攻 600/守1000
自分のメインフェイズ時に墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。
手札から「幻獣機」と名のついたモンスター1体を召喚する。
自分フィールド上にトークンが存在する限り、
このカードは戦闘及び効果では破壊されない。
また、このカードが墓地へ送られた場合、
「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)1体を特殊召喚できる。
「幻獣機オライオン」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

 PRIMAL ORIGINで登場した風属性・機械族の下級モンスターのチューナー。
 幻獣機共通の耐性、自身を墓地から除外し幻獣機を召喚できる起動効果、墓地へ送られた場合に幻獣機トークンを特殊召喚できる誘発効果を持つ。

 1つ目の効果は、自身を墓地から除外することで手札の幻獣機を召喚できる起動効果。
 【幻獣機】は手札からの展開力に難があるため、各種素材をフィールドに並べる際に役立つだろう。
 また、「召喚」なので《幻獣機テザーウルフ》の誘発効果を発動させることもできる。

 3つ目の効果は、墓地へ送られた場合に幻獣機トークンを生成できる誘発効果。
 どこから墓地へ送られた場合でも発動でき、タイミングを逃す事もないため扱いやすい。
 シンクロ素材・リンク素材や各種コストで送るのはもちろん、《おろかな埋葬》等で墓地へ送ればトークン生成と追加の召喚を一度に狙える。
 能動的に墓地へ送る事ができない時でも、フィールドに出すだけでも2回分の壁として機能し、状況を選ばず使う事ができる。
 ただし、1ターンに1度の制限がかかっている点には注意。

 デメリットのないチューナーであり、シンクロ召喚の自由度はかなり高い。
 その分、シンクロ召喚先の候補も多くなりがちなので、【幻獣機】に組み込む際にはエクストラデッキの圧迫に気をつけたい。

 トークン生成は他の幻獣機が無くても使えるので、【幻獣機】以外のデッキでも採用が検討できる。
 【クイックダンディ】では《ダンディライオン》の追加分としても扱いやすく、《クイック・シンクロン》で墓地へ送れば《ジャンク・デストロイヤー》に繋げることも可能。
 レベル2の機械族なので、《ジャンク・シンクロン》や《ロード・ウォリアー》で特殊召喚して展開する事も考えられる。

 《水晶機巧−ハリファイバー》とは相性抜群であり、あちらのリンク素材に使える上、あちらの効果でリクルートもできる。
 同じ機械族であるため《サモン・ソーサレス》にも繋げられ、幻獣機トークンをリンク先に特殊召喚すれば《サモン・ソーサレス》の効果により任意の機械族をリクルートできる。
 2枚目以降のこのカードをリクルートすれば幻獣機トークンとでレベル5シンクロ召喚も可能となる。

  • 登場当時からトークン生成能力は評価されていたが、当時はトークンを駆使するデッキがほとんど存在せず、また《ダンディライオン》の存在もあり、【幻獣機】以外で採用されることは少なかった。
    その後第10期からは、リンク召喚のためにトークンを駆使するデッキが多数現れ、そういったデッキで活躍するようになってきている。
    特に上述の《水晶機巧−ハリファイバー》の登場以降は需要が高まっている。
  • イラストから、モチーフはアメリカ航空宇宙局(NASA)が開発中の宇宙船オライオン(オリオン)だろう。
    国際宇宙ステーション(ISS)への人員と貨物の輸送と回収に用途に開発が続けられている使い捨てロケットである。
    2014年12月5日に無人機のテスト打ち上げが決行され、無事成功した。
    有人飛行は2020年代を予定している。
    • 他の幻獣機の名前も踏まえると「ライオン」とも掛けていると思われる。
  • また、オライオンは海上自衛隊でも使われるP-3C哨戒機の愛称でもある。

关联卡片

  • 幻獣
  • 幻獣機
  • 幻獣機トークン

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【幻獣機】
  • 【トークン】

收录情况

  • PRIMAL ORIGIN PRIO-JP026 Rare

FAQ

Q:ダメージステップ中にトークン生成効果を発動できますか?
A:はい、できます。(14/02/15)

Q:墓地に《幻獣機オライオン》が複数体存在する場合に、同じターンにそれぞれの《幻獣機オライオン》が召喚する効果を発動して複数回召喚できますか?
A:はい、できます。(14/02/20)


Tag: 《幻獣機オライオン》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星2 風属性 機械族 攻600 守1000 幻獣 幻獣機