水精鱗(マーメイル)−サラキアビス》

リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/海竜族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
魚族・海竜族・水族モンスター2体
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先のモンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
(2):相手ターンに手札を1枚墓地へ送って発動できる。
デッキから「水精鱗」モンスター1体を手札に加える。
(3):このカードが相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊された場合、
デッキから水属性モンスター1体を墓地へ送り、
自分の墓地の水属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

 LINK VRAINS PACKで登場した水属性・海竜族のリンクモンスター。
 リンク先のモンスターを強化する永続効果、相手ターンに手札を墓地へ送り水精鱗1体をサーチできる誘発即時効果、相手の攻撃・効果で破壊された場合にデッキから水属性モンスターをコストとして墓地へ送る事で水属性モンスターを蘇生する誘発効果を持つ。

 素材として指定されている魚族・海竜族・水族は大半が水属性モンスターなので、このカードをリンク召喚できるデッキは【水属性】寄りになりがち。
 ただ、【水属性】ならばこのカードの(1)の効果よりも使い勝手の良い全体強化効果を持つ《マスター・ボーイ》もリンク召喚しやすいので、デッキによって使い分けると良い。
 (2)の効果でもサポートできる【水精鱗】ならば《マスター・ボーイ》よりも優先されるだろう。
 水精鱗には水属性をサポートできるモンスターが何体かいるので、そういったモンスターを採用した【水属性】にも採用が検討できる。

 (1)の効果はリンク先の強化であり、リンクモンスターゆえにリンク先にエクストラデッキのモンスターを特殊召喚する事が多いため適用機会は多い。
 勿論、それ以外のモンスターを召喚・特殊召喚した場合でも恩恵を受けることができる。

 (2)は手札1枚をデッキの水精鱗モンスターに変換する効果と言える。
 特に種族やステータスの関係上手札に加えるのが難しかった《水精鱗−ディニクアビス》を容易にサーチ出来る様になった点は大きい。
 手札コストを海皇モンスターとする事で、さらなるアドバンテージに繋がるだろう。
 相手ターンにしか発動できないがフリーチェーンであり、《海皇の重装兵》などの発動のタイミングも取りやすい。
 しかし壊獣などで除去されては損となるので、場合によっては相手がメインフェイズに入る前に発動してサーチするのもいいだろう。

 (3)は相手依存の蘇生効果であり、事前に蘇生可能な水属性モンスターがいればコストで墓地に送った水属性も蘇生する事ができる。
 (2)の効果と同じく海皇、もしくはそのまま蘇生できる大型をコストにするといいだろう。
 なお、守備表示で特殊召喚する性質上自身を含むリンクモンスターを蘇生することができないので注意。
 《水精鱗−アビストリーテ》を経由すれば自身を蘇生することもできるが、リンク先が増えないので(2)の効果がメインとなる。
 また、この効果を発動できるかは相手次第なので、あまりあてにしすぎないようにしたい。
 破壊される場所を問わないので《神の警告》等には強いが、フリーチェーンの除外やバウンスを多用する相手には注意したい。

 効果の性質上、自分のターンに能動的に効果を発動することが難しいモンスターなので、採用枚数はよく考えるべきだろう。
 ただ、相手ターンに海皇の効果を発動できるのはメリットになりうる。

  • 素材縛りがあるモンスターで複数の種族に跨るのは極めて珍しい。
    重爆撃禽 ボム・フェネクス》の様に異なる種族が指定されているものは存在したが、同じ種族でも異なる種族でも良いというのは初となる。
  • イラストの人物は《水精鱗−アビストリーテ》によく似ており、持っている王笏は同じものである。
    また、種族と攻撃力も《水精鱗−アビストリーテ》と一致しており、細部は異なるものの被破壊時にモンスターを蘇生する効果を持つ点も共通している。
  • ほとんど人間に近い見た目ながら海竜族である点や、水精鱗エクシーズモンスターとの繋がりを思わせる点などは《海皇子 ネプトアビス》とよく似ている。
  • 名前の由来は、ローマ神話の海水の女神「サラーキア(Salacia)」だろう。
    海の神ネプチューンの妻で、ギリシャ神話に登場するアムピトリーテーと同一視された。

关联卡片

收录情况

  • LINK VRAINS PACK LVP1-JP046 Super

Tag: 《水精鱗−サラキアビス》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 水属性 海竜族 攻1600 水精鱗